映画「ビブリア古書堂の事件手帳」ネタバレ感想・キャストや評価

     

2018-10-31_230302引用元https://biblia-movie.jp/

お元気ですか?うめきちです(^o^)/

累計640万部を突破した三上延原作のベストセラーミステリー小説『ビブリア古書堂の事件手帖』が黒木華と野村周平の主演・三島有紀子監督の手によって実写映画化!

五浦大輔は祖母の遺品から夏目漱石の直筆と思われる署名が入った古本『それから』を見つけ、鑑定してもらうため北鎌倉の古書店「ビブリア古書堂」を訪れたことから過去と現在を結ぶ不思議な事件に巻きこまれていきます。

今回は映画『ビブリア古書堂の事件手帖』の紹介をしていきたいと思います。

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』

  • あらすじと感想
  • 評価
  • キャスト
  • ロケ地
  • 原作紹介
  • まとめ

(※ネタバレを含むため、結末を知りたくない方はご注意くださいね!)

スポンサードリンク

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』

あらすじと感想

祖母の遺品・太宰治の「それから」

鎌倉に住む五浦大輔(野村周平)は4才の時に、祖母の五浦絹子(夏帆)が家族にも触らせないで大切にしていた夏目漱石全集の中の1冊「それから」に触って酷く叱られたことがトラウマになって、今でも文字だけの本を読もうとすると動悸と冷や汗が出て読むことができませんでした。

ところが絹子が亡くなり、遺品の整理をしていた時に大輔は「それから」の裏表紙の内側に夏目漱石のサインを見つけ、『もしや本物のサイン?だったらその価値は!?』と色めき立ちます。

2018-11-01_163542引用元https://biblia-movie.jp/

さらに本の中には『ビブリア古書堂』と書かれた伝票と、若い頃の絹子の写真も挟まれていたので、写真は何となく仏壇の遺影の前に飾りました。

大輔は夏目漱石のサインの真偽を確かめるために、ビブリア古書堂に行ってみることにしたのです。

「ビブリア古書堂」の栞子

鎌倉の片隅にひっそりと佇む古い古書店「ビブリア古書堂」の店主・篠川栞子(黒木華)が祖父から引き継ぎ、高校生の妹・文香(桃果)が手伝っているだけの小さな古書店でした。

栞子は極端な人見知りで口下手ですが、その反面、洞察力がするどく、その推理力は驚くべきものがありました。

栞子の鑑定からこの本のサインは夏目漱石のものではなく、絹子が田中嘉雄から贈られたもので、漱石のサインは後から書き足されたモノだと判明したのです。

栞子は大輔が持ち込んだ夏目漱石全集の1冊「それから」を手に取るとすぐにそこに隠された絹子の「辛い恋」の秘密を指摘しますが、彼女のプライバシーに関わるからと言ってそれ以上は教えてはくれません。

しかし自分の祖母のことなのに知らないのはおかしいと言う大輔に、栞子は渋々自分の推理を話してくれました。

この事をきっかけに大輔はアルバイトとして働くことになったのです。

2018-11-01_163244引用元https://biblia-movie.jp/

若くて美しいけれど極度な人見知りで人付き合いは苦手・・・でも本の知識はハンパなく、ひとたび本のことを話し出したら止まらないというかなりマニアックな女性・栞子・・・黒木華さんなんかすごくはまり役ですね~!

53年前の絹子と嘉雄

53年前、食堂を営む夫・五浦政光(高橋洋)と結婚したばかりの絹子は、たまたま食堂にやって来た小説家志望の田中嘉雄(東出昌大)と知り合い、本を通して急速に親しくなっていきました。

2018-11-01_163339引用元https://biblia-movie.jp/

そして二人は隠れて逢瀬を繰り返す秘密の恋人になったのでした。

二人が伊豆で過ごした時に移した写真が「それから」に挟まれていた思いでの写真だったのです。

やがて思い詰めた嘉雄が絹子に駆け落ちを持ちかけます。

その時すでに嘉雄の子供を身ごもっていた絹子は、駆け落ちするために家出しようとした時に夫に気づかれて諦めざるをえませんでした。

夏帆さんの絹子はとっても可憐な女性で、伊豆の海辺で二人で佇むシーンなんかすごくロマンチックでした(#^^#)

時代的にきっとお見合い結婚だったんでしょうね。

待ち合わせ場所の「切り通し」に走ってくる彼女の姿はとても幸せそうで、初恋なんだなぁと切ない気持ちになりました。

大庭葉蔵からのメール

ところで最近、栞子のパソコンには”大庭葉蔵”という男から奇妙なメールが届くことがありました。

それは太宰治の「晩年」を譲ってくれないかという内容でしたが、日を追うにつれてしつこさを増してかなり不気味でした。

ちなみに栞子が祖父から受け継いだ「晩年」はとても希少価値が高く、売れば300万円以上するという代物で、「大庭葉蔵」というのは太宰の「人間失格」主人公の名前です。

同業者の稲垣と親しくなる

そんなある日、足をケガした栞子の手伝いでついて行った古書の市場でも「太宰治のマニアの大庭葉蔵」の噂が聞こえていました。

そこで声を掛けてきた同業者の稲垣(成田凌)は、ちょっとした油断から本を持ちこんできた客に希少本「人造人間」を盗まれたとボヤいていました。

2018-11-01_163713引用元https://biblia-movie.jp/

しかし栞子の優れた推理力で、盗んだ犯人・畑中(酒向芳)の家はすぐに見つけることができたのです。

大庭葉蔵の正体

足のケガは雨の日に大庭葉蔵に石段から突き落とされたからだと聞いた大輔は、栞子と相談して「晩年」を使って大庭葉蔵を誘い出す作戦を考えました。

希少本「晩年」が売りに出されたことは瞬く間に知れ渡り、それからほどなくした夕方、ビブリア古書堂は放火されるという事件が起きたのです。

大輔は放火犯を追いかけけましたが逃げられてしまい、稲垣と2人でが店に戻ると、無残に破られた「晩年」の紙片が散らばっていました。

2018-11-01_163141引用元https://biblia-movie.jp/

けれど破られた「晩年」はレプリカで、本物は金庫にしまわれていたことを知って安心した大輔ですが、半ば強引に保管を申し出ます。

けれど家に帰ってすぐに何者かに襲われて「晩年」を奪われてしまったのです。

平謝りする大輔は栞子からあれもレプリカだったと聞かされると、自分は信用されていなかったのだとショックを受けて店を辞めてしまいました。

ところがその後、偶然にも大輔が田中に出くわしたことから「人造人間」も「放火事件」もすべて稲垣が仕組んだことがバレ「大庭葉蔵」の正体は稲垣であることがわかったのです。

稲垣の妄執

一方、ビブリア古書堂には稲垣がその本性を現して「本物をよこせ!」と栞子に詰め寄っていました。

稲垣は子供の頃に火事で祖父を亡くしていますが、火の中で祖父が稲垣に託した本が「晩年」だったのです。

しかしその本もその時に焼失しまったので、代わりの「晩年」を探し求めるようになった稲垣は次第に心を病んで栞子の本を自分の物だと思いこむようになったようでした。

栞子の決心

店に飛びこんできた文香の機転で脱出した栞子は、本物の「晩年」を抱えて大輔と車でにげますが、稲垣はバイクで執拗に追いかけて来ます。

ついに堤防まで追い詰められた栞子に「本を渡せ!」と詰め寄る稲垣!

その稲垣を止めようとして反対に殺されそうになる大輔!!

そんな中、栞子は信じられない判断を下し、何よりも大切な本を海に投げ入れたのです!

すぐさま大輔は海に飛びこんで探しますが・・・。

スポンサードリンク

その後、絹子の写真に写った本や、稲垣の本名が「田中」であったことなどから、大輔と稲垣の祖父が同一人物だとわかるところがドラマですね!

稲垣役の成田凌さん、ちょっと病んでる役うまいですよね(#^^#)

大輔の後ろで破られた紙片を握りしめて悔しそうな顔をする稲垣が絶妙でしたね。

海中深く沈んでいく本のバックで流れるサザンオールスターズの歌う主題歌「鎌倉の思い出」が切なさを増していいですね~。

鬼気迫る重いテーマの中に静かな光を投げかけてくれるようで癒されました。

ラストシーンで大輔がビブリア古書堂の店先で「僕にはあなたが必要なんです」と言いますが、意味深ですね~!(#^.^#)

これってプロポーズなんでしょうか?

それとも次回作への導入部ととってもいいのかしら?

➜映画「ビブリア古書堂の事件手帳」続編有りを感じさせる終わり方

✒電子書籍で読みたい方はこちらから検索してくださいね!

評価

私個人の評価です。

やわらかい日差しが差し込む古い古書店・・・。

古本やが大好きなので是非行ってみたいと思いました。

なので(☆4.0 )を差し上げたいと思います。

キャスト

  • 篠川栞子・・・黒木華さん
  • 五浦大輔・・・野村周平さん
  • 稲垣・・・・・成田凌さん
  • 五浦絹子・・夏帆さん
  • 田中嘉雄・・東出昌大さん
  • 篠川文香・・・桃果さん
  • 五浦理恵・・・神野三鈴さん
  • 畑中・・・・・酒向芳さん
  • 五浦政光・・・高橋洋さん
  • 監督・・・三島由紀子監督
  • 原作・・・三上延氏

ロケ地

  • 神奈川県鎌倉市各地
  • 東伊豆町
  • 伊豆下田市

景色が綺麗でした~(≧▽≦)

2018-11-01_163631引用元https://biblia-movie.jp/

原作紹介

原作は三上延先生による大人気シリーズで、全7巻です。

就職浪人中の五浦大輔は、祖母の遺品の夏目漱石全集に書かれたサインの鑑定のために、ビブリア古書堂を訪れる。
なりゆきで、入院中の店主の元を訪ねると、そこには高校のころ偶然見かけた美しい黒髪の女性・篠川栞子がいた。
人見知りだが古書の知識は並大抵ではない栞子は、夏目漱石全集にまつわる謎を読み解き、大輔に語り始めた…。

これは、栞子と奇妙な客人達が織り成す、“古書と秘密”の物語である――。

引用元https://www.amazon.co.jp

第1巻は2011年3月に発行され、栞子と大介の出会いから始まり、様々な本にまつわる謎を解いていきます。

2013年1月には剛力彩芽主演でTVドラマ化され、同年3月にはコミカライズ(全6巻)されています。

✒コミックスでまとめ読みしたい方はこちらから検索してくださいね!

✒原作全7巻はこちらから検索してくださいね!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ビブリア古書堂の事件手帖 ライトノベル 全7巻 セット【中古】
価格:3000円(税込、送料無料) (2018/10/31時点)

まとめ

今回は映画『ビブリア古書堂の事件手帖』の紹介でした。

鎌倉や伊豆の海岸の景色が美しい映画でしたね~!

是非原作も読んでみたいと思いました。

ではでは(^0^)/

✒合わせて読みたい記事↓

➜映画「ビブリア古書堂の事件手帳」続編有りを感じさせる終わり方

✒書籍情報↓Amazon


    f392be6e756b5d0af64d848c4db18412本カメバナー
 

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031