ドクターヘリのパイロットになる方法&ライセンス取得費用とお得な制度

     

2017-08-22_151107

引用元https://twitter.com/driftagu

お元気ですか?うめきちです(^o^)/

毎週月曜21:00からフジテレビで放送されている大人気ドラマ「コードブルー3」のドクターヘリのパイロットに憧れている青少年も少なくないと思います。

奇しくも8月28日放送の第7回はパイロットにも目が向けられた内容でした。

ドクターヘリのパイロットになるためにはどうしたいいのでしょうか!?

そこで今回の記事は

  • ドクターヘリのパイロットになる方法
  • ライセンス取得までの必要な資格や費用
  • おススメのお得な制度とは
  • まとめ

以上の紹介をしていきたいと思います。

スポンサードリンク

ドクターヘリのパイロットになる方法

ドクターヘリのパイロットになるためには、先ずはヘリコプターのパイロットにならなければいけません。

そして2000時間以上の飛行時間が必要です。

パイロットの免許取得には、専門学校や大学、航空会社での自社養成などがあります。

免許を取得したら物資輸送などの仕事に着き、飛行時間をのばしていきます。

やがて2000時間以上の飛行経験のあるベテランパイロットとなれれば、目指すドクターヘリのパイロットへと進んでいくことができます。

✒こちらもご覧ください↓

パイロットのライセンス取得までの必要な資格や費用

【ヘリのパイロットに必要な免許】

  • 「ピストン(通常ヘリ)の免許各種」
  • 「タービン(ジェットヘリ)の免許各種」
  • 「事業用免許」
  • 「航空無線資格」
  • 「2000時間の飛行時間」
  • その他
  • さらに無線交信はすべて英語なので、英語が話せることも必要です。

これらをすべて取得するまでには2年以上かかるそうです。

そしてパイロットになるために必要な費用は大変高額で、1000万円でも足りない、もしかしたら2000万円かもという金額はまるで医学部と同じですね。

それでも、どうしてもなりたいという人にとってのお助けマンな制度もあるのです。

スポンサードリンク

おススメのお得な制度とは

ドクターヘリではありませんが、自衛隊や海上保安庁に入れば国費でヘリのパイロットを目指すことができます。

  • 自衛隊➡航空学生、防衛大学
  • 海上保安庁➡海上保安大学

大変な高額の養成費用を国費で賄ってもらうのですから、生半可な気持ちでは許されません。

けれども映画『海猿』のように海上保安官として救難ヘリのパイロットを目指すことも、航空自衛隊のパイロットとして経験を積んでやがてドクターヘリのパイロットになることも十分有りな選択です。

他にも、航空会社の自社養成や専門学校という方法もあります。

  • 「朝日航洋株式会社 自社養成認定操縦訓練」
  • 「中日本航空株式会社 奨学訓練生制度」
  • その他パイロットスクール

まとめ

今回の記事は

  • ドクターヘリのパイロットになる方法
  • ライセンス取得までの必要な資格や費用
  • おススメのお得な制度とは
  • まとめ

以上の紹介でした。

ドラマを見て憧れるというのは、職業を選ぶ動悸としてはすごくありがちなことですよね!

でもだからこそドラマ見たいにカッコ良くなりたいと、目標を高く持つことができるんだと思います。

若者たち!ガンバって!!

ではでは(^0^)/

✒関連記事はこちらから↓

「コードブルー3」第7回あかりの優しさと灰谷の心・ネタバレ感想&次回予想

    f392be6e756b5d0af64d848c4db18412本カメバナー
 

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031