「帝国の恋嫁」23話のあらすじとネタバレ感想 社交界のお茶会・5巻発売日情報

     

アフリエイト広告を利用しています

スクリーンショット 2024-05-23 123749

お元気ですか?うめきちです(^o^)/

可歌まと先生の人気連載「帝国の恋嫁」23話がLaLa2024年7月号に掲載されました。

異世界の悪役妃に転生してしまった主人公リリエルが、処刑台に送られる運命を避けるために、現在は友情ルートからの円満離婚を目指している真っ最中です!が・・・!

  • お茶会を開こうと決意するリリエル。
  • 社交界についての話しを聞いて怖気づくが・・・。
  • お茶会当日対立していると噂の夫人たちのバトルが早くも勃発!

ということで今回はLaLa7月号「帝国の恋嫁」23話と次回の予告の紹介をしたいと思います。

「帝国の恋嫁」23話

  • あらすじと感想
  • LaLa7月号の検索はこちらから
  • 第24話はいつ読める?
  • 「帝国の恋嫁」4巻を無料試し読みする方法
  • 「帝国の恋嫁」5巻発売日のお知らせ
  • まとめ

(※なお、ネタバレを含みますので、結末を知りたくない方はご注意くださいね!)

スポンサードリンク

「帝国の恋嫁」23話

あらすじと感想

恐怖の社交界情報

原作小説のリリエルが乙女に紅茶をぶっかけているシーンなどから避けていたお茶会を、バロンド宰相の忠告で開こうと決意したリリエルはローエン夫人に相談することにしたのです。

しかし彼女の話しを聞くと今の社交界では大きな影響力をもつ夫人が二人いるのでそれなりの覚悟が必要だと言われ、シャール卿やレガスト公子のからも社交界は恐ろしいというような話しを聞いて怖気づくいてします。

早くもバトル勃発?

そんなリリエルをルディウスは自分がカケに勝つ気満々を心に秘めつつ優しく慰め、激励するのでした。

そしてついにお茶会当日となり、今回は帝都に暮らす主だった家門の夫人たちを招待した皇太子妃の顔見世主体のいわば様子見のお茶会のはずだったのですが・・・。

対立していると噂の2夫人”ドルアーツ夫人”、”フィエル夫人”たちはそれぞれの席も離して万全をきしたつもりだったのに、それなのに彼女らは早くもバトルを勃発させつつあるのでした!

スポンサードリンク

 宮廷を舞台にするお話ではどこでもあるあるネタですが、どんなドロドロバトルが展開されるの次回のお話が楽しみでなりません\(^o^)/

LaLa7月号の検索はこちらから

✒楽天での検索はこちらから

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LaLa (ララ) 2024年 7月号 [雑誌]
価格:540円(税込、送料無料) (2024/5/23時点)


楽天で購入

✒楽天での電子版の検索はこちらから

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【電子版】LaLa 7月号(2024年)【電子書籍】[ LaLa編集部 ]
価格:495円 (2024/5/23時点)


楽天で購入

第24話はいつ読める?

「帝国の恋嫁」第24話目はLaLa8月号(2024年6月24日発売)に掲載されます!

「帝国の恋嫁」4巻を無料試し読みする方法

どうなるのかとキュンキュンドキドキしますが、文章で読むより画があるほうが格段に面白いのは請け合いです!

☟詳しくはこちらをご覧くださいね☟

「帝国の恋嫁」4巻を電子書籍で無料試し読みする方法・あらすじ・5巻発売日情報
アフリエイト広告を利用しています 引用元 お元気ですか?うめきちです(^0^) 「鳩子さんは時々魔法少女」...

「帝国の恋嫁」5巻発売日のお知らせ

「帝国の恋嫁」5巻発売日は2024年6月5日です!

スクリーンショット 2024-05-23 123825

関連記事:「帝国の恋嫁」5巻あらすじとネタバレ感想 神獣の出現と恋の自覚

✒楽天での検索はこちらから↓

まとめ

今回はLaLa2024年6月号に掲載された可歌まと先生の連載まんが「帝国の恋嫁」23話のあらすじと感想、次回の予告の紹介でした。

  • お茶会を開こうと決意するリリエル。
  • 社交界についての話しを聞いて怖気づくが・・・。
  • お茶会当日対立していると噂の夫人たちのバトルが早くも勃発!

ではでは\(^o^)/

✒合わせて読みたい

✒楽天での検索はこちらから↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

帝国の恋嫁 4 (花とゆめコミックス) [ 可歌 まと ]
価格:528円(税込、送料無料) (2023/12/3時点)


楽天で購入


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加