映画「ルームロンダリング」ネタバレ感想・不思議ちゃん池田エライザ

     

2018-07-08_202944

引用元http://roomlaundering.com

お元気ですか?うめきちです(^o^)/

映画「ルームロンダリング」が2018年7月7日に公開されました。

「ルームロンダリング」って何のことなんでしょうね?

どうやら訳あり物件の部屋に住んでクリーンにするということらしいですが、なんだか気妙なお仕事ですね。

霊が視えてちょっと影のある不思議ちゃん・八雲御子(池田エライザ)が入居した部屋にはパンクロッカーの霊が住んでいました!

彼には心残りがあるそうなんですが・・・。

主演・八雲御子に池田エライザさん謎の不動産屋社長・雷土悟郎にはオダギリジョーさん監督は数々の大物監督の元で助監督を務め、自身初の長編映画だという片桐健慈監督です。

今回は「ルームロンダリング」についての紹介をしたいと思います。

 映画「ルームロンダリング」 

  • あらすじと感想
  • キャスト
  • 評価
  • ドラマ化決定!
  • まとめ

(※なお、ネタバレを含みますので、結末を知りたくない方はご注意くださいね!)

スポンサードリンク

 映画「ルームロンダリング」 

あらすじと感想

事故物件をクリーンにする方法

映画は、帰宅したOL千夏本悠希(光宗薫)が何者かに殺害されるというショッキングなシーンから始まります。

場面は変わり、怪し気な不動産屋(田口トモロヲ)が取引相手・猿渡にルームロンダリングについて説明し、猿渡の持っている物件にうってつけの人物がいると言いました。

☆「ルームロンダリング」とは自殺や他殺などで訳ありになってしまった賃貸住宅(事故物件)を、最初に借りる人に「事故物件」であることを告げなければならないという義務があるのですが、2番目に借りる人には言わなくてもOKなのです。

だから1番目の借り主として適当な人物にしばらく住まわせてクリーンにしてから退去させて、次に普通の借り主に貸すというずるいやり方です。

1K・4万円

八雲御子・やくもみこ(池田エライザ)は5才の時に父親を事故で亡くし、1年後に母親・美月(つみきみほ)がいなくなって、アヒルのスタンドと一緒に祖母(渡辺えり)育てられました。

祖母の葬儀の時に初めて会ったイカヅチ不動産を経営する伯父の雷土悟郎・いかづちごろう(オダギリジョー)に引き取られ、今は悟郎の仕事を手伝ってルームロンダリングをするという複雑な家庭環境に育った少女でした。

☆葬儀に怒鳴りこんできた悟郎の様子が変でしたが、霊が視える側から見れば、亡くなった母親に抗議する息子と「ごめんね、泣くな!笑え!」という母親の霊というちょっと\(◎o◎)/!なシチュエーションです。

祖母の葬儀の後から霊が視えるようになったという設定ですが、池田エライザさんのちょっと影のある演技が、不思議ちゃんをよりいっそう不思議な存在に見せてくれて早くもハマってしまいました!

桜が舞い散る春、悟郎古いアパートの一室へ案内された御子は、そこはパンクロッカーが風呂場で手首を切って自殺した部屋だと聞かされました。

部屋に入ってアヒルのスタンドを置くとピカピカっと点滅したので、風呂場を覗いてみるとバスタブの中に手首が皮一枚で繋がっているシュールな姿のパンクロッカー風の男・春日公比古(渋川清彦)がいました。

2018-07-09_005431引用元http://roomlaundering.com

☆手首ブラ~ンって、まるでハリーポッターの「ほとんど首なしニック」みたいじゃないですかー!

切り口がちょっとグロイです・・・(;_;)

御子は無視していますが、彼女が視えることに気づいた公比古はしつこく自分のことを話したがりました。

公比古は御子との交流で自殺してしまったことを心底から後悔します。

そして自分の残したデモテープをレコード会社に送ってほしいと頼むのでした。

☆公比古は幽霊らしからぬ明るい幽霊で、こんな幽霊ならいても怖くないです。OKです!

最初は無視していた御子も公比古と話をするうちに徐々に打ち解けていくのですが、何日もしないうちに悟郎から次の物件への引っ越しの連絡が入ったのです。

カニの小学生

2018-07-09_005538引用元http://roomlaundering.com

御子が公園へ行くと、そこにはカニの仮装をした小学生の男の子がいました。

彼は御子の同級生で、学芸会の朝、登校途中で車に曳かれて亡くなったのです。

シャツの胸にはタイヤ痕がくっきりと付いています。

グズグズグチグチ言う御子に冷たく言い放ちます。

「そんなだからお前はオバケの御子って言われるんだ。大人になれよ。じゃあな!」

御子は小学生の頃、いつも一人でいて目立たない少女だったので『オバケの御子』と陰口を言われていたのです。

2K・10万円

次に入った部屋はコスプレ好きのOLが刺殺された部屋です。(⇐映画の冒頭)

その部屋では床から背中に文化包丁をはやしたOL千夏本悠希(光宗薫)が出て来て殺された恨みを吐き続けるのでした。

☆床を包丁の柄がまるでサメの背びれみたいにす~っと動きまわるシーンはちょっとキました。怖!

隣人

この部屋で起こった事件の犯人はまだ捕まっていないので、警察官(木下隆行)や、隣の部屋に住む虹川亜樹人(伊藤健太郎)が心配していました。

2018-07-09_005221引用元http://roomlaundering.com

亜樹人は御子と話せるようになると、事件の当日のことを話し始めました。

☆実は隣人との交流は御法度なので秘密の仲なのです!(*´▽`*)

あの日、部屋にいて悲鳴を聞きましたが、警察やマスコミには何も聞いていないと言ってしまったことをとても後悔していました。

ふとしたはずみで御子が自分のことを見得ることを知った悠希と、デモテープについてきた公比古に懇願されて御子は犯人の似顔絵を描きました。

御子はそれを亜樹人に渡して警察へ届けさせたのです。

☆公比古が悠希を慰めるシーンはジーンとしますが、ベランダの欄干に座っている悠希の背中に包丁の柄が出ているのはすごくシュールな光景です。

まさにオバケなのにか弱い女性という対比にゾクゾクきちゃいますね~!

犯人はあいつだ!

ところが亜樹人の部屋へ訪ねて来た警察官は、

「これは本当に君が描いたのかな?」

としつこく聞いてくるのです。

その様子を壁を通り抜けて見ていた公比古はヤバイと感じました。

悠希が覗いてみるとその警官はまさに自分を殺した犯人だったのです!

このままでは亜樹人が殺されてしまうと言われて、勇気を奮って御子は隣の部屋へ行きました。

警官が本性を剥き出して襲いかかってきた瞬間、悟郎が現れて取り押さえてくれたのでした。

☆この警官役の木下隆行さんの目が笑っていない笑顔、マジ怖かったです!

最近多い、ストーカー被害の怖さを感じさせられました!!

お母さん!

悟郎は御子に本当のことを話す時期が来たと思いました。

御子の母親の美月も幽霊の視えるたちで、もちろん悟郎も視えます。

でも元々優しい性格の美月は霊が視えるせいでついに自分を失って、施設に入ってしまったのです。

悟郎は御子に、美月からの「ごめんね。御子をお願いね」という手紙を見せて本当のことを打ち明けてくれました。

そしてお母さんのところへと連れて行ってくれたのです。

そこは元は御子の家があった場所で、今は雑草とたくさんの野花の覆われた原っぱでした。

お母さんはそこに立っていました。

微笑みながらふたりはたくさん話し、感極まった御子が抱きつこうと駈け寄ると、お母さんをすり抜けてしまいました。

その後、悟郎は御子をお墓参りに連れて行きました。

事故物件その後

パンクロッカー公比古の住んでいた部屋のドアの前には、今、とてもたくさんのパンク風なローソクやお供え物が置かれています。

あの後、御子は公比古にレコード会社にデモテープを送りました。

そして信じられない返事があり、公比古の送ったデモテープが認められてCD化されることになったのです。

ローソクやお供え物はファンからの公比古の冥福を祈るプレゼントなのでしょうね。

一方、悠希の部屋では新しい入居希望者が内覧に来ていました。

若くてイケメンなお客の悠希はべったり貼り付いています。

そして彼は何故か即答でこの部屋に決めると言いました。

新しい部屋

御子は荷物を載せたトラックで新しい部屋へ向かいました。

そこはとても見晴らしのいい部屋です。

そしてそこには亜樹人が来ていました。

ふたりは幸せそうに窓辺で寄り添っていました。

2018-07-09_005612引用元http://roomlaundering.com

☆このまま二人はこの部屋で暮らすのでしょうか?

アヒルのスタンドがピカピカっと点滅していますから違いますね。

ここで同棲できるなら亜樹人もたいした人物なのですがね~。

私なら絶対に嫌ですよ!!

キャスト

  • 八雲御子・・・・池田エライザさん
  • 雷土悟郎・・・・オダギリジョーさん
  • 春日公比古・・・渋川清彦さん
  • 虹川亜樹人・・・伊藤健太郎さん
  • 千夏本悠希・・・光宗薫さん
  • 警察官・・・・・木下隆行さん
  • 母親・・・・・・つみきみほさん
  • 祖母・・・・・・渡辺えりさん
  • 悟郎の取引相手・・田口トモロヲさん

  • 監督・・・片桐健慈監督
  • 原作・・・(マンガ)羽生生純氏・(原案)片桐健慈氏・梅本竜矢氏

スポンサードリンク

評価

私個人の評価です。

コメディというわりに切なく、なのにさっぱりきっぱりで続編が見たいと思いました。

なので(☆3.8)を差し上げたいと思います。

ドラマ化は大変うれしいお知らせです(*´▽`*)

✒電子書籍版で読んでみたい方はこちらから検索してくださいね↓

ドラマ化決定!

「ルームロンダリング」の公開初日舞台挨拶が行われ、最後に池田エライザさんから『テレビドラマ化決定!』のサプライズ発表が!

思わず『マジですか~!?』と大喜びしてしまいました。

母親の暖かい愛情と共に御子の複雑な事情を切なく思う悟郎。

怪し気な周囲の人間。

いくらでも続編が出来そうじゃないですか!

放送時期やキャストなどの詳細は、これから追って発表されるそうですから楽しみですね。

まとめ

今回は映画「ルームロンダリング」についての紹介でした。

ドラマ化も決定しているということで、放送されるのが今から楽しみですね。

早く見たいです~!

ではでは(^0^)/

✒書籍情報↓Amazon

    f392be6e756b5d0af64d848c4db18412本カメバナー
 

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930