【ペレ-伝説の誕生-】ネタバレ内容と感想・キャストや評価/本人コメントも!

     

2016-07-11_222324

お元気ですか?うめきちです(^0^)

国際オリンピック委員会から

「20世紀最高のアスリート」と評され、

「サッカーの神様」と呼ばれる

ペレの少年時代の実話を元にした映画、

【ペレ-伝説の誕生-】が

2016年7月8日に公開されました。

「そのプレーを見るために、戦争が停戦した」

というのはあまりにも有名な逸話です。

ブラジルのスラムに生まれた彼が

17歳でワールドカップへ出場し、

弱いと揶揄された母国を

どうやって優勝へと導くのでしょうか。

今回の記事は、

・【ペレ-伝説の誕生-】のあらすじと感想

・キャスト

・主演俳優のビックリ逸話

・評価

・ペレ本人のコメントも!

・まとめ

以上の紹介をしていきたいと思います。

(※なお、ネタバレのため、

結末を知りたくない方はご注意くださいね!)

スポンサードリンク

【ペレ-伝説の誕生-】のあらすじと感想

約束

ペレ(エドソン・アランチス・ドゥ・ナシメント)は

バウルという貧しい村に生まれ、

学校の帰りに靴磨きをして働き、

家に帰るまでのわずかな時間に友達と

大好きなサッカーをする毎日を送っていました。

2016-07-11_220612

引用元https://www.youtube.com

1950年ブラジルは

自国で開催されたW杯の決勝で敗れ、

悲しむ父親にペレは

「自分がいつかブラジルをW杯で優勝させる!」

と約束したのでした。

裸足のチーム

2016-07-12_020941

引用元https://www.youtube.com

貧しい暮らしの中では

スパイクシューズなど買う余裕などないので

ペレたちは裸足でサッカーをしていました。

ある日、サッカーをすることに反対する母親に

内緒でサントスFCの大会に出場したのです。

順調に勝ち進みますが、

決勝の相手チームから

裸足なのをからかわれたペレたちは、

盗みで得た金でスパイクシューズを買いました。

けれども慣れない靴は足に合わず

苦戦を強いられました。

結局スパイクシューズを脱ぎ捨てて

裸足のチームはストリート仕込みの

見事なテクニックで優勝を果たします。

しかし、試合の後、

チームメイトのチアゴが事故で亡くなってしまい、

その責任を強く感じたペレは

サッカーを辞めてしまいました。

父親

ペレの父親は元はプロのサッカー選手でしたが、

膝のケガで引退を余儀なくされたのです。

だから誰よりもサッカーができない

辛さを知っています。

ペレの辛く苦しい気持ちも理解していて、

何とかまたサッカーに復帰したくなるように

いろいろと仕向けてくるのでした。

サントスFC

2016-07-11_220348

引用元https://www.youtube.com

子供の頃に出たサントスFCの試合で

スカウトの目にとまっていたペレは

サントスFCに来ないかと誘われていました。

もちろん両親のところで

ストップしていた話なのですが、

15歳になったペレは母親の許しを得て

晴れてサントスFCに入団しました。

しかし、1950年の大敗以来、

ブラジルのサッカーはブラジルらしさを捨てて、

ヨーロッパ風のフォーメーションを真似して、

低迷していました。

そんな中でも自分のスタイルを貫くペレは、

ジュニアチームからユースチーム、

プロチームへと駆け上がりました。

そしてついに最年少の17歳で

ブラジル代表に選ばれたのです。

ジンガ

大昔、まだ奴隷制度が存在した頃、

森に逃げ込んだ奴隷たちによって作られた

格闘技から培われた「ジンガ」の技は、

奴隷制度が廃止された後、

ブラジルサッカーの技として

昇華していったのです。

それが今はジンガは捨てられ、

スマートに地を這うヨーロッパ風サッカーの

真似をしていました。

2016-07-11_220439

引用元https://www.youtube.com

ペレは個人技であるジンガをやめて

フォーメーションを守るように強制され、

どうしてもみんなのようにはできなくて

サッカーを辞めようとさえ考えたのです。

けれど、

「自分を信じろ!」

と両親から言われたいう言葉に助けられました。

2016-07-11_220531

引用元https://www.youtube.com

ワールドカップ

ペレが加わったブラジル代表チームは迷走を続け、

世界中の笑いものにされていました。

チームメイトのケガも続き、

ガタガタの状態のチームを救ったのは

ペレのジンガでした。

2016-07-11_220719

引用元https://www.youtube.com

スマートなフォーメーションのサッカーを

見慣れた観客たちの度胆を抜いた

見事な足技と素晴らしいボールさばきの

ペレのサッカーは

会場中の目を釘付けにする美しさで、

アッという間に点を稼ぎ、

ブラジル代表チームを優勝へと導いて行ったのです。

それは父親との約束を果たし瞬間でもありました。

感想

 とても感動的な映画でした。

「サッカーの神様ペレ」は

こうしてできたんだーと思うと、

才能って努力なんだなぁって

つくづく実感しますね!

「好きこそものの上手なれ」

ってことでしょうか。

もっとも100%努力だけじゃなくて、

そこには何か目に見えない1%の天性の力も

あるんでしょうけどね。

それにしてもサッカーってすごいですね!

全然興味のないスポーツでしたが、

ちょっと試合を見てみようかなって

気にさせられました。

スポンサードリンク

キャスト

ペレ(エドソン・アランチス・ドゥ・ナシメント)

・・9歳 / レオナルド・リマ・カルヴァーリョ

・・15歳の少年期 / ケヴィン・デ・バウラ

ジョアン・ラモス・ドゥ・ナシメント(ペレの父親)/ セウ・ジョルジ

セレステ(ペレの母親)/ マリアナ・ヌネシュ

ジョゼ・アルタフィーニ / ディエゴ・ボネータ

フェオラ監督 / ヴィンセント・ドノフリオ

レイナー監督 / コルム・ミーニィー

ブラジル人アナウンサー / ロドリゴ・サントロ

監督・・・ジェフ・ジンバリスト&

マイケル・ジンバリスト兄弟

主演俳優のビックリ逸話

2016-07-12_021643

ペレの役を演じる役者探しは

とても大変だったそうです。

その条件として、

・ペレに似ていること

・サッカーがうまいこと

・英語が話せること

これらの条件を満たす役者は

なかなか見つかりません。

9歳の子供役はすぐに決まりましたが、

少年期の ケヴィン・デ・バウラは

なんとずぶの素人だったそうです。

あちこちでこの条件を満たす人材を探し求め、

ついに見つけたのは

セミプロのトーナメントに出場していた

普通の青年だったということです。

演技経験こそなかったケヴィン・デ・バウラですが、

そのサッカーの技術は

ペレに匹敵するほどだったようですね。

評価

私個人の評価です。

すごく美しいサッカーを見せてくれましたので

☆4)を差し上げたいと思います。

ネットのユーザー評価も3.5~3.9と

かなりの高評価のようですね。

ペレ本人のコメントも!

2016-07-12_021622

映画の公開を記念し、元プロサッカー選手で

実話映画のモデルとなったペレ選手の

インタビューが行われました。

彼はこの映画のついて、

「歴史やその時々の感情が

的確に描かれていて驚いたよ。

僕のルーツやキャリア、家族のことを正確に

描いていて、これまでの作品とは

まったく違う映画だね」

「僕のルーツを知る人は少なかったけれど、

若い世代に僕がキャリアを

スタートさせた若い頃を見せることが重要だね」

そして、彼の父親がサッカーの指導に

とても熱心だったことにも

「僕のスタイルはすべて父に

指導してもらった結果なんだ」

「この映画が伝えたいことは、

だれでもががんばればペレになれる可能性を

もっているということなんだ」

と語りました。

まとめ

・【ペレ-伝説の誕生-】のあらすじと感想

・キャスト

・主演俳優のビックリ逸話

・評価

・ペレ本人のコメントも!

以上の紹介でした。

すごく感動的で美しい映画でしたね。

サッカーをよく知らない私でも

「サッカーってこんなスポーツだったのね」と

ドキドキしてしまいました。

ではでは(^0^)/

    f392be6e756b5d0af64d848c4db18412本カメバナー
 

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930