「この世界の片隅に」第3話ネタバレ感想 色っぽすぎる二階堂ふみ・第4話も

     

2018-07-04_195515

引用元http://www.tbs.co.jp

お元気ですか?うめきちです(^o^)/

アニメ映画で大ヒットした「この世界の片隅に」が、TBS日曜劇場「この世界の片隅に」となって第3話が2018年7月29日(21:00~)に放送されました。

結婚して3ヶ月、すずは周作のことが大好きになっていました。

今回はTBS日曜劇場「この世の片隅に」の第3話を紹介していきたいと思います。

TBS日曜劇場「この世界の片隅に」

  • 第3話 あらすじと感想
  • 第4話の内容予想
  • まとめ

(※なお、ネタバレを含みますので、結末を知りたくない方はご注意くださいね!)

■2018年7月の豪雨で大きな被害を受けた呉市と西日本各地の被災者の方たちの、無事と復旧をお祈りしてお見舞いを申し上げます。

スポンサードリンク

TBS日曜劇場「この世界の片隅に」

第3話 あらすじと感想

現代・佳代の計画

佳代は古民家カフェを作るために介護の仕事を辞めてカフェセミナーにかよったりしていました。

かなり本気のようです。

この家の持ち主の許可は取ったと言っていました。

昭和19年6月のある深夜。呉に初めて空襲警報が鳴った。

北條家では すず(松本穂香)・ 周作(松坂桃李)夫婦はじめ家族全員が恐怖とともに飛び起きた。

呉の街も徐々に戦争の色が濃くなり、北條家・刈谷家と合同で防空壕を掘ることに。そんな状況ではあるが、すずは今さら周作がかっこよくて仕方がない。

結婚して3ヶ月。ことあるごとに周作に見とれてはデレデレしてしまう。

義姉・ 径子(尾野真千子)刈谷幸子(伊藤紗莉)にはそれが心地よいものではなく、キツめに当たってしまう。

そしてすずは周作に別の結婚話があったことを知らされる。
デレデレに加えてモヤモヤを抱えたすずは、径子の娘・ 晴美(稲垣来泉)と蟻を観察しているうちに誤って砂糖を水がめの中に落としてしまう。

砂糖は8月から配給停止になる高級品。

しかもその一部始終を義母の サン(伊藤蘭)に見られていた。

心の底からどんよりするすずに、サンはヤミ市で砂糖を買ってくるよう自分のへそくりを渡す。
ヤミ市で砂糖を買ったすずはその値段に驚き、改めて後悔する。

そして家に向かって歩いているつもりが、いつの間にか見知らぬ場所に迷い込んでいた。

帰り道を通りすがりの人たちに聞くが、誰もが知らんという。

途方にくれたすずは リン(二階堂ふみ)という女性に声をかけられる。

引用元http://www.tbs.co.jp

娼館の女・リン

道路にスイカの絵を描いていたすずに声を掛けてきたリンは、すずの家のある”ナガノキ”への道順を教えてくれました。

親切で優しいリンは、今にも消えてしまいそうな儚さを感じさせる色っぽい女性でした。

2018-07-29_231146

リンに道を教えてもらったお礼にスイカの絵を描いてあげるとアイスクリームの絵も描いて欲しいと言われましたが、アイスクリームを食べたことはおろか見たこともないすずは描いてあげることができませんでした。

帰りしなにすずの名前をが”北條すず”だと知ったリンは

「ふ~ん・・・北條・・・」

と、何か意味深な様子でした。

アイスクリーム

すずは家に帰ってからアイスクリームがどんなものなのか聞いてみると

「甘うて冷おうて西洋の煎餅がついとるんやぁ・・・なんやあんた食べたことないの?田舎もんやなぁ」

と径子にバカにされてしまいました。

その晩、すずが周作にアイスクリームに至る今日の出来事を話している楽しそうな声は、家中に聞こえていました。

逢引き

翌日、周作は仕事中に刈谷家に電話をして(北條家に電話はないようです)忘れ物をしたからすぐに届けて欲しいとすずを呼び出しました。

すずが来るのを門の外で待っていた周作は、道の向こうにいたリンに気がつきました。

周作と目が合ったリンが会釈した時、そこにすずが走ってきました。

リンはすずをじっと見つめながら去って行きました。

「わしはすずさんと逢引きしようと思ってな」

周作はそう言いながら嬉しそうにすずを町のレストランに連れて行ってくれました。

「二人で飯を食うのは初めてじゃの」

二人で雑炊を食べた後、この店の店主(周作の同級生)が内緒でアイスクリームを出してくれたのです。

すずにとって初めての「アイスクリーム」は、嫁いで来て3ヶ月、幸せな思い出として心の中にしっかりとしまっておく大切な思い出となりました。

すず憲兵に捕まる!

アイスクリームの絵は描けないけれど、ナガノキを知らないリンのためにここの景色を描いてあげようとすずは畑から見える海岸の風景を描いていました。

すると突然憲兵に捕まってしまったのです。

「キサマは海岸線を敵に売るつもりなのか!?」

☆すず役の松本穂香さん、かわいいですね~。

ボーっとしたすずが板についてきたみたいなのか、こちらがだんだん見慣れて来たのか(笑)原作のすずさんと重なって見えるような気がします。

だんだん自分のダンナ様が好きになって恋をしてしまう様子が可愛らしくてたまりませんね~。

もうメロメロじゃないですか~♡

周作もぞっこんって感じだし!

レストランで見つめ合う2人はもう別世界へトリップしちゃってます~~♡♡

幸子たちから周作の過去の縁談話のことを聞いたすずが、気になって仕方ないのも女心ですね(;´Д`)

いったい相手は誰だったんでしょうか?

娼館のリンさん役の二階堂ふみさん、とても色っぽいですね!

”西郷どん”の愛加那とはまったくタイプが違う役柄です。

周作との関係が気になりますが・・・もしかして?

ラストで憲兵に捕まってしまったすずさんは果たしてどうなるのでしょうか!?

✒合わせて読みたい記事↓

➜「この世界の片隅に」第2話ネタバレ感想・鬼の小姑 小野真知子&第3話

➜「この世界の片隅に」第4話ネタバレ感想 大山蓮斗の演技に泣けた!第5話も

スポンサードリンク

第4話の内容予想

昭和19年8月のある日、 すず(松本穂香)が段々畑から見える呉湾をスケッチしていると、通りがかった憲兵からスパイ行為だと厳しく言い寄られる。

憲兵のあまりの剣幕にすずは恐怖に包まれる。

何とかその場は納まったものの、すずはショックで寝込んでしまう。

その夜、まだ体調が悪いすずを家族は心配する。

夏バテや疲れではないかと言い合う中、 円太郎(田口トモロヲ)は子供ができたのではと口にする。

この唐突な発言に サン(伊藤蘭)と 径子(尾野真千子)は不快感を露にする。

翌日、すずは病院の帰り道に朝日遊郭を訪れる。

リン(二階堂ふみ)と再会したすずは世間話に花を咲かせる。

そんな北條家に小さなお客さんが訪ねてきた。

広島の黒村家に径子が置いてきた長男・久夫(大山蓮斗)がひとりで呉の北條家までやってきたのだ。

久夫はある決意を持って北條家を訪れていた。

径子もそれは薄々気付いていたのだが…。

引用元http://www.tbs.co.jp

まとめ

今回はTBS日曜劇場「この世界の片隅に」の第3話を紹介でした。

TBS日曜劇場「この世界の片隅に」

  • 第3話 あらすじと感想
  • 第4話の内容予想

すずさんが砂糖の壺を水がめに落としたことは内緒だったので、その水を飲んだ径子が

「アイスクリームのことを考えていたら水まで甘い!」

と言うシーンは(笑)でした。

鬼の小姑もすずさんパワーで攻略できるといいですね~。

ではでは(^0^)/

✒合わせて読みたい記事↓

➜「この世界の片隅に」第2話ネタバレ感想・鬼の小姑 小野真知子&第3話

➜「この世界の片隅に」第4話ネタバレ感想 大山蓮斗の演技に泣けた!第5話も

✒書籍情報↓Amazon

    f392be6e756b5d0af64d848c4db18412本カメバナー
 

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31