「PとJK」10巻 功太と平助と唯の関係とは?ネタバレ感想・11巻は特装版!

     

2017-09-13_181022

おげんきですか?うめきちです(^0^)

三次マキ先生の最新刊【PとJK】10巻が講談社コミックス別冊フレンドから2017年9月13日に発売されました。

修学旅行で仙道唯から色々言われて凹んだカコですが、本当は自分は唯に理解してほしいのだと感じていました。

ところが唯には人には言えない過去があったのです。

今回の記事は

  • 【PとJK】10巻のあらすじと感想
  • 【PとJK】11巻の発売日予想
  • 【PとJK】11巻特装版の内容は?
  • まとめ

以上の紹介をしていきたいと思います。

(※なお、ネタバレを含みますので、結末を知りたくない方はご注意くださいね!)

スポンサードリンク

【PとJK】10巻のあらすじと感想

あらすじ

CASE.35 温かい家

楽しいはずの修学旅行で仙道唯にさんざんな思いをさせられて凹んで帰って来たカコは、迎えに来てくれた功太の顔を見てつい抱きついてしまいました。

しかし世間には秘密の二人の関係、いつ何時どこから誰が見ているか分かりません。

抱きついた瞬間ベリッとはがされて、わっかってるけどさらに凹んでしまうカコでした。

家では両親がカコが帰って来るのを待っていました。

夕食後、お父さんが功太に一杯やろうと誘ってきたので、

「今日は車なんで・・」と断りました。

けれど破壊的なオンチだという弱味を握られているので、功太は否応なしに父の要請に従うはめになったのでした。

酔っぱらって寝てしまった功太が目を覚ましてアパート帰るというので、下まで送って行ったカコは今日、様子が変だったことを聞かれて、つい聞いてみました。

「わたしって嘘くさいかな・・・?」

それに対する功太の答えはアッサリしたものです。

「相手に理解してほしいなら努力が必要だけど、そうじゃねーならほっときゃいいよ」

両親や功太の愛に包まれて「わたしは大丈夫だ」としあわせを感じるカコでした。

その頃、仙道唯はアパートの一室で布団の中で寒さをしのぎながら電話をしています。

「もう・・いなくなんないでね・・・」

「わかってるよ 唯」

電話の相手は平助でした。

CASE.36 誘導尋問

カコは修学旅行中に唯に『カコの彼氏を知っている』と言われたことがどうしても気になったので、二人のことを誰が唯にしゃべったのか犯人を捜してみましたが見つかりません。

結局は本人に聞いてみようと思いましたが、聞きづらいので学校帰りに後をつけてみることにしました。

すると唯はお年寄りの所で買い出しなどの手伝いをして小遣い稼ぎをしていたのです。

カコが尾行をしていることにとっくに気づいていた唯はカコの質問に

「誰だと思う?」

と逆に質問し返してきたのです。

「あたしとつながってる人間、心当りない?」

そう言われて真っ先に浮かんだのは平助でした。

「大神さんは大事な友達だよ!」

思わずそう言ったカコに唯は冷たく言いました。

「あたし平ちゃんだなんて一言もいってないけど?言わされた?一生そう思ってろ!」

一方、功太は平助に呼び出されて夜の公園にいました。

平助は唯が関わった件について教えてくれと頼みましたが、公務員の守秘義務という理由で教えてはもらえません。

そこで平助は功太に何かをたれ込みました。

「俺が今、頼ってんのは警察じゃなくておめーなんだよ!」

切羽詰った平助の表情に驚く功太でした。

CASE.37 獣化するJK

「ただいま」

平助が帰ってきた部屋では唯がお腹をすかせて待っていました。

平助が作り置きしておいたご飯を食べずに待っていたのです。

食後には勉強をしながらたわいない話でなごんでいた二人ですが、

「唯、警察行こう」

平助のその一言でまた殻に閉じこもってしまう唯でした。

その頃、警察署内で調べ物をしていた功太は上司から刑事課に移動の内示を受けていました。

何か問題でも起こさない限りは大丈夫だろうと言われていました。

その時、功太のスマホの画面には大神からのメールが表示されていました。

『やっぱり無理だ』

『あいつを殴りたい・・・』

唯の言葉と顔が頭にこびりついて離れないカコはムカついて眠れず、睡眠不足で今にも倒れそうなので家に帰ったらすぐに寝ようと思っていました。

ところが昇降口でばったり唯に出会ってしまったのです。

ムカムカのあまりプチンと切れたカコは思わず怒鳴ってしまいました

「わたし、あんたのこと大っ嫌い!!」

「あっそう、あたしも嫌い」

即答で返された返事にブチ切れてしまったカコは唯を追いかけ、いきなり立ち止まった唯の背中にぶつかりました。

「・・・ついてくるなら普通に歩いて」

急に表情の変わった唯の視線の先の校門の外には車が1台と待っているのが見えましたが、カコには何が何やらわかりませんでした。

CASE.38 唯の秘密

突然様子が変わってしまった唯に、訳がわからずくっついて歩いていたカコに

「あんたの彼氏のことなら絶対誰にも言わないって約束するよ」

だからもうこれで終わりにしてと言って唯は立ち去ろうとしていました。

ところが『わたし、この人に理解してほしいんだ・・・』そう思いながらカコは突然倒れてしまったのです。

カコが目を覚ますと、そこは家でした。

リビングルームに行くと、なぜか功太が来ていて心配そうな顔をしています。

話を聞くと、寝不足だったカコは下校途中・つまり唯といる時にぶっ倒れて眠ってしまい、唯に送ってもらったのです。

テンパったお母さんが功太を呼んだのでした。

唯から逃げないと決めたカコは翌日の下校時間に校門で唯を待ち伏せしていました。

「腹を割って話そう!!」

「カコ?え、なんでいんの?」

必死に唯に話しているカコの後ろからジローと平助が声をかけてきました。

3人はこれからどこかへ行く約束をしていたみたいです。

平助にやけになれなれしい態度で絡んでいる唯に妙な違和感を感じるカコに

「カコは帰れ」

いつも平和主義で穏やかなジローに強く言われて戸惑っていると、後ろから警察(功太と山本)が声をかけてきました。

近くで万引きして逃げた女子学生がいたと通報があったと言うのです。

それで唯が任意同行を求められたのでした。

でも何だか変です。

『もしかして功太と大神さんは組んでる?』

唯は警察に連れて行かれる時に平助に冷たく言い放ちました。

「昔と変わんないね・・・卑怯者!」

唯が連行されて行くのを見つめながらもう隠せないと感じたジローと平助でした。

パトカーに乗せらた唯もまたおかしいと思っていました。

「君のお兄さんに頼まれたんだ・・「妹を保護してほしい」と」

スポンサードリンク

感想

平助と唯がどういう関係なのか色々勘ぐってしまったけれど、兄妹だったとは驚きですね!

マジでビックリしました!

そう考えれば納得のいくことばかりですが、同棲してるのかも?なんて思ってましたよ(-_-;)

そうすると校門の外に止まっていた車のことも気になってきます。

もしかしたら恐ろしいことに関わっていそうですね。

修学旅行で東京のコインロッカーでのことも、もしかしたら・・・

とんでもない犯罪に関わってないといいのですが・・・。

ところで余談ですが、冬の北海道で外で寝たら凍死するんですよね!

普通に考えればわかることですが、改めて言われると驚きます(゚д゚)!

温暖な地域に住んでいると思いつかないことですね。

日本って縦長なんだなぁとつくづく思ってしまいました(笑)

✒詳しくはこちらもご覧ください↓

【PとJK】11巻の発売日予想

【PとJK】11巻は特装版と通常版は、10巻の巻末に2018年初頭に発売予定と記載されていました。

初頭と言うからには1月13日ということでしょうか?

また詳しい情報が入り次第更新していきたいと思います。

【PとJK】11巻は特装版と通常版は2018年2月13日に発売されました。

✒関連記事はこちらから↓

→「PとJK」9巻ネタバレ感想 修学旅行編・10巻発売日予想&功太の小説も!

【PとJK】11巻特装版の内容は?

【PとJK】11巻特装版はドラマCD付きです。

CDの内容はまだ不明ですが、キャストはアニメと同じ鳥海浩輔さん演じる功太のセクシーボイスと、めっちゃカワイイ本谷歌子役の山本希望さん、矢口三門役の榎吉麻弥さん、大神平助役に丸高大知さん、永倉二郎は加藤ルイさんでいくのでしょうか!?

楽しみですね(≧▽≦)

✒こちらは2017年1月から放送されたアニメの予告編です↓

✒関連記事はこちらから↓

まとめ

今回の記事は

  • 【PとJK】10巻のあらすじと感想
  • 【PとJK】11巻の発売日予想
  • 【PとJK】11巻特装版の内容は?
  • まとめ

以上の紹介でした。

今までほんわかラブラブのJK恋愛マンガだったのに、ここに来てシリアスな展開になってビックリです。

12巻でどういう事になるのかドキドキしますね。

ではでは(^0^)/

✒関連記事はこちらから↓

✒書籍情報↓

    f392be6e756b5d0af64d848c4db18412本カメバナー
 

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31