【マダムフローレンス!夢見るふたり】ネタバレ内容と感想・感動的な音痴

     

2016-12-02_003946

引用元http://gaga.ne.jp/florence/

おげんきですか?うめきちです(^0^)

映画【マダム・フローレンス!夢見るふたり】が

2016年12月1日に公開されました。

メリル・ストリープとフュー・グラント主演の

実話を元にしたこの映画は、

今もカーネギーホールの

アーカイブス1番人気を誇る絶世のオンチな歌姫

”フローレンス・フォスター・ジェンキンス”の

奇跡のリサイタルを描いた奇跡の愛と笑いの

物語です。

絶望的なオンチであることに気づかない

フローレンスの夢はカーネギーホールで

歌うことでした。

今回の記事は、

◆【マダム・フローレンス!夢見るふたり】の

あらすじと感想

◆キャスト

◆評価

◆ロケ地&こぼれ話

◆まとめ

以上の紹介をしていきたいと思います。

(※なお、ネタバレのため、

結末を知りたくない方はご注意くださいね!)

スポンサードリンク

【マダム・フローレンス!夢見るふたり】のあらすじと感想

ヴェルディ・クラブ

ニューヨークの社交界に君臨する大富豪のマダム

、”フローレンス・フォスター・ジェンキンス”は

夫のシンクレア・ベイフィールドと共に

自身が主催する『ヴェルディ・クラブ』で

さまざまな公演を催していました。

2016-12-02_005634

引用元http://gaga.ne.jp/florence/

音楽への夢を捨て切れないフローレンスは

音楽家たちの支援をすることで、

自分の夢に重ねていました。

結婚して25年になる夫シンクレアは

彼女のサポートをするために全力を注いでいますが、

法的な事情のために結婚はできませんでした。

ふたりは夫婦でありながらも、

フローレンスはホテル住まいで、

シンクレアは愛人のキャサリンと

アパートで暮らしていました。

夢よ再び!

ある時、マエストロ・トスカニーニが指揮する

コンサートに出かけたフローレンスは

”リリー・ポンス”の素晴らしい歌声に感動し、

かつて自分も歌手になりたっかた夢を

思い出していました。

「3000人の観客の心を鷲づかみするって

どんな気分かしら?」

フローレンスは驚いたことに、

その場でコンサートホールを借りる”予約”を

してしまったのです。

そこでさっそくシンクレアは、

オペラ歌手を指導しているカルロス・エドワーズに

レッスンの依頼をしました。

そして翌日には伴奏者のオーディションも

行ったのです。

フローレンスが、演奏も性格も穏やかな

コズメ・マクムーンを気に入ったので

彼を採用することにしました。

2016-12-02_003544

引用元http://gaga.ne.jp/florence/

コンサートまでの1ヶ月間、みっちりとレッスンが

行われたのですが、フローレンスには

とんでもない秘密がありました。

それは、本人はまったく気づいていませんが、

絶望的にオンチだったのです。

多額のレッスン料を受け取ったエドワーズは

「すばらしい!」と、よいしょしまくります。

しかしコズメ・マクムーンは

レッスンの伴奏者はやってもいいが、

コンサートは辞退したいと言いました。

けれどもシンクレアに

うまく丸め込まれてしまうのでした。

秘策

フローレンスはクラブで何度も

コンサートを開いていましたが、

誰からもオンチだという酷評はありませんでした。

それは、シンクレアの並々ならぬ努力の結果です。

コンサートの客は、彼女のオンチを知っていて

なおかつその歌声の自由さを愛する友人たちしか

招待しませんでした。

当日に招待客に伴われて来た同伴者の中には

初めての観客もいて、笑いだす人もいましたが

シンクレアの素早い処置(賄賂など)で

いつも事なきを得ていました。

2016-12-02_003528

引用元http://gaga.ne.jp/florence/

フローレンスの秘密

フローレンスは若い頃、駆け落ち結婚した元夫から

感染された梅毒に感染して、生き延びはしたものの

病気の後遺症で50年以上苦しんでいました。

たびたび具合が悪くなって寝込むことも頻繁にあり、

またこの病気のせいでシンクレアとは

愛しあう夫婦でありながら一緒には暮らして

いませんでした。

レコーディング

ホールでのコンサートを行った翌日の新聞に載った

批評のすべてが、フローレンスの歌声を褒め称える

賛辞ばかりだったことに興奮したフローレンスは、

自分の歌をレコードにして

『ヴェルディ・クラブ』の会員に

クリスマスプレゼントととして配ると

言いだしました。

三人はすぐにスタジオに行って

レコーディングを行いました。

2016-12-02_003241

引用元http://gaga.ne.jp/florence/

さらにフローレンスは「世界で一番好きな場所」の

カーネギーホールに”予約”を入れてしまったのです。

カーネギーホール

カーネギーホールといえば、

今までの小さなコンサートとはわけが違います。

今までのような秘策は難しいと思われます。

2016-12-02_003500

引用元http://gaga.ne.jp/florence/

でもフローレンスはすでに寄付として、

帰還してきたアメリカ兵1000人分のチケットを

軍にプレゼントしてしまっていました。

シンクレアもコズメももう腹を括るしかありません。

3人は心を一つにしてカーネギーホールの

リサイタルの日に向けてまっしぐらです。

愛人のキャサリンは、

わかってはいてもシンクレアのフローレンスへの

気持ちを見せつけられることに疲れ果てて

彼の元を去って行きました。

やがて、その日がやって来ました。

大勢の観客を見て怯えてしまったフローレンスに、

シンクレアとコズメは

「君ならだいじょうぶ!」と言って勇気づけます。

そして舞台に立ち、歌いだすと、

観客たち(主に兵士たち)から

大笑いとブイーングの嵐を浴びせられたのです。

驚いて黙ってしまったフローレンスでしたが、

観客のひとりアグネス・タークが彼らに

怒鳴りました。

「黙れ!一生懸命に歌っているんだから

静かに聞きなさい!!」

静かになった会場に再び、フローレンスの美声?が

響き渡っていきました。

2016-12-02_003740

引用元http://gaga.ne.jp/florence/

悲しみと愛の夢

リサイタルは成功を収めたかにみえました。

しかし翌日の新聞の何社かは酷評の嵐です。

シンクレアとコズメは朝早く起きて、

周辺の新聞屋から買い占めてゴミ箱に捨てました。

フローレンスはリサイタルの疲れから部屋で

寝込んでいましたが、目覚めてシンクレアを探して

部屋から出たところ、

ホテルのロビーで昨夜の観客の一人から

「コメディアンの素質があるよ、

酷評は気にしないで」

そう言われても何の事かわかりませんでしたが、

捨ててあった新聞を見て意味がわかりました。

自分がオンチだと知ってしまったのです。

2016-12-02_003400

引用元http://gaga.ne.jp/florence/

ショックのあまり倒れてしまったフローレンスは、

ベッドに横たわって泣いていました。

そしてそばにいていたわってくれる

シンクレアの優しいことばや、

コズメの奏でる静かなピアノのメロディーを

聞きながら夢を見ていました。

それは素晴らしい歌声で歌い、

シンクレアに微笑みかける自分の姿でした。

感想

この映画の前宣伝を見る限りでは

すごく笑わせてくれると思っていました。

しかしふたを開けてみれば、

愛しあう二人が

夢に向かってまっしぐらの

思いこんだら何でもありで、

笑いもありますが

ちょっとしんみりさせられる

優しい愛に満ち溢れた物語でした。

役が70台の設定とは言え、

二人のシワシワ具合が

ちょっと悲しかったです(笑)

メリル・ストリープやヒュー・グラントの

素晴らしい演技は当然ですが、

コズメ・マクムーン役の

サイモン・ヘルバーグの存在感には

目が釘づけでした。

彼の笑顔とピアノの演奏はステキでした。

また、1940年代の衣装やニューヨークの

雰囲気を堪能できてとってもグーでした♡

キャスト

フローレンス・フォスター・ジェンキンス

/ メリル・ストリープ

シンクレア・ベイフィールド

/ ヒュー・グラント

コズメ・マクムーン

/ サイモン・ヘルバーグ

キャサリン / レベッカ・ファーガソン

アグネス・スターク / ニナ・アリアンダ

カルロス・エドワーズ

/ デヴィッド・ヘイグ

監督 / スティーブン・フリアーズ

評価

私の個人的な評価です。

ステキな衣装やセット、そして素晴らしい夫婦愛に

ジーンときたので(☆3.5)

差し上げたいと思います。

スポンサードリンク

ロケ地&こぼれ話

2016-12-02_005612

引用元http://gaga.ne.jp/florence/

ロケ地はイギリスのリバプールにセットを組んで

行われました。

今のニューヨークには1940年代の面影を

残すところは全然ありませんが、

リバプールには当時のニューヨークの雰囲気が

そこかしこに残っていたのだそうです。

コンサートのシーンはロンドンで、

カーネギーホールはハマースミスアポロが

使用されたということですよ!

面白い逸話として、

フローレンスが残したアルバムは

デヴィッド・ボウイの生涯愛した名鑑のひとつに

なっているんだそうです。

まとめ

今回の記事は、

◆【マダム・フローレンス!夢見るふたり】の

あらすじと感想

◆キャスト

◆評価

◆ロケ地&こぼれ話

以上の紹介でした。

何だか元気をもらえたような気がする

ステキな映画でした。

知らなということと

知らせないようにするということは、

時にすごいパワーを産むものですね。

ではでは(^0^)/

f392be6e756b5d0af64d848c4db18412本カメバナー  

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加