武井咲【瀬戸内少年野球団】ネタバレの内容と感想・キャストや見どころも!

     

2016-09-18_002057

引用元http://www.tv-asahi.co.jp

お元気ですか?うめきちです(^0^)

テレビ朝日ドラマスペシャル【瀬戸内少年野球団】が、2016年9月17日(土)に放送されました。

今回の主演・中井駒子役はは武井咲さんが演じます。

小学校教諭の中井駒子は新婚間もない夫の戦死の公報が届き失意のどん底に落とされますが、やがて自ら監督となり「江坂タイガース」という野球チームを創ります。

この物語は作曲家の故阿久悠さんの原作で、阿久悠さんの自叙伝でもあるのです。

かつて早世の大女優『夏目雅子』さんが中井駒子役を演じました。

武井咲さんは、どこまで迫ることができるのか楽しみですね。

今回の記事は、

・【瀬戸内少年野球団】のあらすじと感想

・キャスト

・見どころ

・まとめ

以上の紹介をしていきたいと思います。

(※なお、ネタバレのため、結末を知りたくない方はご注意くださいね!)

スポンサードリンク

【瀬戸内少年野球団】のあらすじと感想

《昭和19年》

2016-09-18_002157

引用元http://www.tv-asahi.co.jp

淡路島の江坂町国民学校教諭の駒子は、網元の長男・中井正夫と結婚しました。

しかし新婚後間もなく、夫の正夫は出征してしまいます。

やがて正夫の戦死の公報が伝えられ、寡婦となった駒子は悲しみのどん底に落とされます。

寡婦となってしまった駒子に中井の両親は弟の鉄夫と再婚しないかと持ちかけました。

(当時は家の存続のために、長男が亡くなると長男の嫁と次男が結婚するという事がありました)

けれども駒子は自分が結婚したのは正夫だからと断ります。

弟の鉄夫は駒子に片思いしていたので、駒子に断られたことはかなり辛いことでした。

《終戦》

戦争が終わり、江坂町国民学校は江坂小学校になりました。

やがて島にも復員兵がおおぜい戦地から引きあげてきました。

ある日、神社の境内に怪しい男が現れました。

男に頼まれて、竜太と三郎が駒子先生を呼びに来ました。

三郎たちが男から預かってきたモノは野球のボールでした。

神社に駆け付けた駒子の目の前に現れたのは、片足を無くしてしまった夫の正夫でした。

2016-09-18_002217

引用元http://www.tv-asahi.co.jp

「戦争は負けたらおしまいだけど、野球はきちんとしたルールがあるから、勝っても負けてもまたやりたくなる」

正夫は甲子園に出場したことのある野球の選手でした。

正夫の提案で駒子の小学校に野球のチームを作りました。

部員は女子の波多野武女も含め、やっと9人です。

しかも野球をするための装備は何もなく、すべて自分たちで手作りしたのでした。

正夫は駒子に野球を教え、駒子に監督をやらせることにしました。

駒子は子供たちのために隣町の大宮小の野球チームに練習試合を申し込みましたが、素人チームとは試合などできるわけがないと、けんもほろろに断られてしまったのです。

一方、鉄夫は駒子への想いがあきらめきれず、荒れた生活をしていました。

その事を母親に聞いて心配した兄の正夫が「BAR」で酒を飲んでいる鉄夫の所まで探しに来てケンカになってしまったのでした。

駒子は再度、大宮小に試合を申し込みに行きました。

またもや断られそうになりましたが、なんとか試合ができることになりました。

荒れていた鉄夫も駒子への気持ちをふっきり、江坂小野球部のコーチを引き受けてくれました。鉄夫もまた野球の選手だったのです。

が、問題はまだあります。

野球をするための、グローブやバットなどのきちんとした装備はまだできていませんでした。

子供たちはそれぞれ、店の手伝いやバイトをして何とかしようとがんばりました。

そこへ救世主がやって来ました。

なんと、三郎の兄の二郎が大阪で仕事がうまくいき、たくさん儲けたので子供たちにプレゼントだと言って、野球の装備一式を贈ってくれたのです。

そのユニホームの胸には『江坂タイガース』と刺繍されていました。

いよいよ試合の当日がやってきました。

子供たちはがんばりましたが、何と言っても相手はこの辺りでは強豪で知られる大宮小です。

ピッチャーとして頑張っていた武女は指のマメが潰れてしまいました。

みんなで相談し、ピッチャーは足柄竜太が後退しましたが・・・。

大差をつけられ、江坂タイガースは0点のまま9回を迎えました。

もう後はありません!足柄竜太ががんばりました。

ついに1点を返したのです!

結局、試合には負けてしまいましたが、子供たちの心にはこの1点が大きな1点となったのです。

2016-09-18_002302

引用元http://www.tv-asahi.co.jp

その後、波多野武女は父親の仕事のため、東京へ行くことになりました。

他の子供たちも、その後それぞれの未来に向かっていくのでした。

【感想】

2016-09-18_001959

引用元http://www.tv-asahi.co.jp

【瀬戸内少年野球団】はかつて伝説の女優・夏目雅子さんが演じ、とても話題になったドラマでした。

夏目雅子さんの【瀬戸内少年野球団】を見た時、何んて美しい人だろうと思いましたが、武井咲さんもとても輝いていました。

夏目雅子さんとはまたちがう、健康的な明るさがとても目を引きました。

2016-09-18_002011

引用元http://www.tv-asahi.co.jp

子 供たちもみんなイキイキとしていて、親に止められたって野球がやりたい気持ちとか、竜太と武女の淡い初恋とか、どんな時代でも子供は自由だなあと爽やかな 感動をおぼえました。

この原作者があの故阿久悠さんで、足柄竜太が阿久悠さんだったとは知らなかったのでおどろきました(≧▽≦)

スポンサードリンク

キャスト

中井駒子・・・武井咲さん

中井正夫・・・三浦貴大さん

穴吹トメ・・・友近さん

池田新太郎・・・山内圭哉さん

波多野武女・・・本田望結さん

足柄竜太・・・坂田湧唯さん

波多野海軍提督・・・矢野浩二さん

中井鉄夫・・・栗山航さん

正木耕作・・・田中健さん

正木二郎・・・えなりかずきさん

足柄忠勇・・・平泉成さん

中井豊乃・・・高橋惠子さん

中井銀造・・・大杉漣さん

原作・・・阿久悠氏

見どころ

見どころはたくさんありますが、

本田望結ちゃんが演じた波多野武女がイイですね~!

ちょっと大人びた転校生で、彼女の抱える辛い気持ちや、野球をやりたいと言って男子に交じって頑張る様子などのすき間にチラッと見せる表情がドキッとさせてくれます。

2016-09-18_002313

引用元http://www.tv-asahi.co.jp

友近さんのBARのママも良かったです!

水谷千恵子を思いだして(笑)でした(≧▽≦)

2016-09-18_003637

引用元http://www.tv-asahi.co.jp

書籍情報

「 瀬戸内少年野球団」

まとめ

今回の記事は、

・【瀬戸内少年野球団】のあらすじと感想

・キャスト

・見どころ

以上の紹介でした。

とても爽やかなドラマでした。

ひと昔前の戦中戦後を描いたドラマはもっと暗い感じがしましたが、これも時代の流れなのでしょうね。

ではでは(^0^)/

    f392be6e756b5d0af64d848c4db18412本カメバナー
 

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930