劇場版「コードブルー」涙の結婚式!ネタバレ感想・キャストや評価

     

2018-07-28_012241

引用元https://mdpr.jp

お元気ですか?うめきちです(^o^)/

TVで話題になったリアルすぎる医療ドラマ「コード・ブルー」の劇場版が2018年7月27日に公開されました。

そこで今回は劇場版「コード・ブルー」についての紹介です。

 劇場版「コード・ブルー」

  • あらすじと感想
  • キャスト
  • 評価
  • まとめ

スポンサードリンク

劇場版「コード・ブルー」

あらすじと感想

航空機事故発生

地下トンネル崩落事故から3ヶ月が過ぎ、藍沢耕作(山下智久)はトロント大への準備のために渡米しています。

緋山美帆子(戸田恵梨香)は周産期医療センターの医局長として移動することになっていましたが、名取颯馬(有岡大貴)の指導医としての教育にも力を注いでいました。

リーダーとなった白石恵(新垣結衣)は、自分なりの救急救命を目指そうと頑張っています。

そして藤川一男(浅利陽介)冴島はるか(比嘉愛未)は結婚式を1週間後に控えていました。

その日は白石とフェローの名取颯馬(有岡大貴)、灰谷俊平(成田凌)、横峯あかり(新木優子)新海広紀(安藤政信)の公開オペデモンストレーションへ、藤川とはるか、緋山は小学生のドクターヘリ見学の手伝いでした。

しかしそんな時でもドクターヘリの出動要請はあり、ドクターヘリ要員の彼らは急いで現場へ向かいます。

現場は成田空港の滑走路で航空機の緊急着陸事故でした。

末期ガンの女性

大勢の怪我人を急ピッチで診る白石たちの前で、タラップから降りて来たのはケガをした女性を富澤未知(山谷花純)抱いた藍沢だったのです。

藍澤はトロント大から今日戻って来ることになっていましたが、偶然事故に遭遇した彼はいち早くトリアージをしてそれぞれの程度を手首に書きこんでくれていました。

藍沢が助けた未知は当初、肋骨骨折などケガの治療をしていたけれどすぐに末期の胃がん患者で余命数週間あることが判明しました。

駆け付けた両親は未知の婚約者の岩田彰生(新田真剣佑)への連絡はしないでおこうと話していましたが、すぐに病院にやって来ました。

未知は彰生を最初は激しく拒みました。

病気で余命いくばくもない自分などかまうなと言う彼女は、本心では

「忘れてほしくない・・・でも私のことを引きずって悲しみに沈みこんでもほしくない」

そんな未知の気持ちを知った緋山は、はるかがかつて恋人を病気で亡くしたけれどその悲しみを乗り越えて今は幸せになろうとしていることを教えたくれました。

緋山のおかげで彰生と最後まで生きることに決めた未知は、結婚式を挙げることにしましたが式場が手配できたのは1ヶ月先でした。

「・・・それまで持つかしらね・・・」

結婚雑誌を見ながら喜ぶ二人を見ていたはるかは、1週間後の自分たちの結婚式を譲ることにしました。

アルコール依存症の母親

そこに新たな患者が来ましたが、それは頭に包丁が突き刺さった双葉の母親だったのです。

母親を連れてきた姉は、アルコール依存症の母親から逃げ出して看護師になった妹に押しつけるように去って行きました。

☆かたせ梨乃さんの熱演、すごかったですね~!

気持ち伝えて

ウエディングドレスに身を包み嬉しそうに微笑む未知を見送ったのもつかの間、新たな救急患者が運ばれてきました。

それは白いドレスを着た未知でした。

大量喀血した未知は、救命救急にいたはるかの手を握って消え入りそうな声で言いました。

「結婚式・・・絶対にしてね。気持ち、伝えてね・・・」

☆泣けました~

海ホタルでフェリー衝突事故

そんな中、またしてもドクターヘリ要請が入り、今度は海ホタルにフェリーが衝突するという大事故が起こりました。

未知の手当てを橘に頼んで、白石以下フライトドクター達は事故現場へと向かうのでした。

海ホタルにはすでに他の病院のドクター達が来ていたので翔北救命のメンバーはフェリーの方へ向かいました。

串刺しの父親

そこでも多くの怪我人がいてごった返す中、車輌甲板へ行くと1台の車の中に崩れてきた鉄パイプに体を串刺しにされた男性がいて、傍には彼の息子・杉原剛志(平埜生成)が立っていたのです。

すぐさまパイプを切断して救助しようとすると電気ノコギリの火花が、漏れていた油に引火してあわやという所を消火器で消し止めました。

電気ノコギリが使えないと救助に時間がかかり過ぎて命が危ないと判断した藍沢は、患者の体の右側を切り開いてパイプから離そうと提案しました。

「勝算はあるの?」という白石に、

「さあ、俺も経験がないのでわからない」と答えます。

家族の同意を得るために話しかけた白石が、杉原に患者の病歴などを教えてほしいと言うと、

「俺は11歳の時に家を逃げ出して自分で児童相談所に電話したんだ。このままではコイツに殺されるって!」

その後10年間、施設で育った杉原は久しぶりに父親に会ったので父親のことは何も知らないと言っています。

「君は勇敢だ」

藍沢は子供だった杉原が、生きるために親元を逃げ出した勇気を讃えました。

杉原は父親の顔を見たとたん暴言を吐いてしまったけれど、本当に言いたかったことは

「俺はあんたなんかいなくても、今、家族をちゃんと養って幸せだ」ということを伝えたいのだと。

それを聞いた双葉は自分に重なるものを感じていたようでした。

☆藍沢と白石の手によって体を切り開いてパイプから外された杉原父の傷口には何本もの器具が刺さっていて壮絶なシーンでした。

スゴイですね、思わず目を背けてしまいましたよ。

現実でもこうなのかと思うと、救命救急の医師たちの度胸を思い知らされた気分です。

藍沢、感電する!

その後、さらに下の機関部へ入るとあちこちがショートして火花が散っています。

足元が濡れていた双葉を突き飛ばした藍沢は、その瞬間、感電して下の水たまりに落ちてしまいました。

すぐに助け出された藍沢は感電のショックで心臓が止まってしまっていたのでAEDで心拍は戻ったものの意識はないままです。

急いで翔北救命センターに運ばれる途中も気道からの出血が止まらず、肺挫傷と診断されて生死の境を彷徨うことになってしまったのでした。

臓器提供意思表示カード

その一方、灰谷は中国人乗客からの通報で、海の中に人が落ちているのを見つけたのです。

しかしその14歳の少年は脳死状態になっていて、彼の荷物の中に「臓器提供意思表示カード」がありました。

両親は彼の意志を尊重して臓器提供することにしました。

けれど大切な子供の死を悲しむ二人にどう声をかけたらいいのか悩む灰谷に、立花は「俺もわからん。毎日迷ってばかりだ」と言って肩を叩いてくのでした。

☆ここでも泣けました。私は子を持つ親として臓器提供の判断ができるのかわかりません。

藍沢、目を覚ます

その後、何日も意識が戻らないまま眠り続ける藍沢を見る仲間たちは、暗い絶望の淵へと落とされていくようでした。

藍沢が目を開けた時、ちょうど傍にいた白石はすぐにみんなにメールを送り、受け取った仲間たちは大喜びしたのは言うまでもありません。

それからも忙しい日々に追われていた藤川とはるかに、病院の庭で苦しんでいる人がいると知らせが入りました。

急いで助けに行くとそれは仮病の白石で、彼女と緋山から渡されたのはウエディングドレスとタキシードでした。

引っ張られていった先では、すでにパーティの準備がされていて医局のみんなが集まっています。

「藤川先生、結婚式をしましょう」

タキシード姿の藤川はウエディングドレスを着せられたはるかを見て、そのあまりの美しさに声が出ません。

花びらを撒かれながら進んで行った祭壇?でお互いに誓いの言葉を言った二人は、はるかが藤川にキスをして喝采を浴びたのでした。

☆結婚式の余興で白石が撮り集めたメッセージビデオが良かったですね~(≧◇≦)

照れくさそうに大まじめなメッセージを言う藍沢の気真面目さに思わずクスッとなってしまいました。

緋山と緒方のイチャイチャも相変わらずですね~。

それにしても手に汗握る映画でした!!

これでもかこれでもか!と次々起こる大惨事の連続には、本当に救急救命に携わる人たちには休みは無いんだなあと頭が下がります。

特に末期がんの未知の結婚式のシーンや、脳死の少年の場面では涙が止まりませんでした。

それと児玉清さんの演出も良かったですね~。

児玉さんは今、あの絵葉書のような綺麗なところにいるんですね。

しかし一つ気になったのは、灰谷がいつの間にかヘリに乗っているじゃないですか!

シーズン3ではあれだけPTSDで苦しんでいたのに3ヶ月で治るのか?とちょっとだけ疑問が残りましたが、これは灰谷の頑張りを表現したものだ思っていいのでしょうか。

※翌日SPドラマを見てわかりましたが、灰谷の血がにじむような努力とヘリにもう一度乗りたいという一途な思いの結果でした。

🌺白石が撮り集めたメッセージビデオ🌺

✒合わせて読みたい記事↓

➜SPドラマ「コード・ブルー特別編もう一つの戦場」ネタバレ感想

スポンサードリンク

キャスト

  • 藍沢耕作・・・山下智久さん
  • 白石恵・・・・新垣結衣さん
  • 緋山美帆子・・戸田恵梨香さん
  • 冴島はるか・・比嘉愛未さん
  • 藤川一男・・・浅利陽介さん
  • 名取颯馬・・・有岡大貴さん
  • 灰谷俊平・・・成田凌さん
  • 横峯あかり・・新木優子さん
  • 雪村双葉・・・馬場ふみかさん
  • 新海広紀・・・安藤政信さん
  • 橘啓輔・・・・椎名桔平さん
  • 梶寿志・・・・寺島進さん
  • 西条章・・・・杉本哲太さん
  • 富澤未知・・・山谷花純さん
  • 岩田彰生・・・新田真剣佑さん
  • 雪村沙代・・・かたせ梨乃さん
  • 杉原剛志・・・平埜生成さん
  • 緒方博嗣・・・丸山智巳さん
  • 監督・・・西浦正記監督
  • 脚本・・・安達奈緒子氏

評価

私個人の評価です。

もう手に汗握るシーンの連続でハラハラさせられたと思いきや、比嘉愛未さんの美しいウエディングドレス姿!

緩急の付け所が憎いです(笑)

なので(☆4)を差し上げたいと思います。

✒関連記事↓

スピンオフ「コードブルー/もう一つの日常」ネタバレ感想・キャスト

「コードブルー3」第10回最終 話藤川危うし!ネタバレ感想&映画化決定!!

✒関連商品です。こちらもご覧ください↓

[Blu-ray] コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 ブルーレイボックス

まとめ

今回は劇場版「コード・ブルー」についての紹介でした。

 劇場版「コード・ブルー」

  • あらすじと感想
  • キャスト
  • 評価
  • まとめ

面白かったですね~。

アッという間の2時間でした。

第4弾は明日です!

ではでは(^0^)/

✒関連記事↓

スピンオフ「コードブルー/もう一つの日常」ネタバレ感想・キャスト

「コードブルー3」第10回最終 話藤川危うし!ネタバレ感想&映画化決定!!

➜SPドラマ「コード・ブルー特別編もう一つの戦場」ネタバレ感想

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加