「ぎぼむす」第2話 ネタバレ感想・私の娘はべらぼうに可愛い!第3話も

     

2018-07-16_223616

引用元http://www.tbs.co.jp

お元気ですか?うめきちです(^o^)/

綾瀬はるかさん主演のTBS火曜ドラマ「義母と娘のブルース」の第2回目が2018年7月17日(22:00~)に放送されました!

キャリアウーマン・岩木亜希子(綾瀬はるか)みゆき(横溝菜帆)から採用通知をを受け取り晴れて義母となりましたが・・・。

第1話では綾瀬はるかさんの腹芸に度肝を抜かれてしまいましたね。

物事をビジネスライクにしか考えることのできない亜希子が、次に思いついたのはみゆきのママのコピーになろうということでした。

今回は「義母と娘のブルース」第2話を紹介です。

TBS火曜ドラマ「義母と娘のブルース」第2話

  • 見どころは?
  • あらすじと感想
  • キャスト
  • 相関図
  • 第3話の内容は?
  • まとめ

(※なお、ネタバレを含みますので、結末を知りたくない方はご注意くださいね!)

スポンサードリンク

TBS火曜ドラマ「義母と娘のブルース」第2話

見どころは?

なんとこのドラマは原作では、2009年からの10年間を描いた家族のお話ということで、1話目、2話目などはどっぷり2009年なのです。

なので部屋の中のちょっとしたグッズや登場人物が持っているアイテムなんかが10年前のもので、竹野内豊さんが使っているケータイ電話がガラケーだったりするんです。

そういえば、第1話で亜希子がみゆきにいじめに対処する勇気を出させる(脅す?)時にもガラケーを出していましたね。

2018-07-16_230052引用元http://www.tbs.co.jp

また部屋の中に飾られている子供の絵は、全部菜帆ちゃんが描いたものなのだそうですよ!

2018-07-16_230132引用元http://www.tbs.co.jp

ドラマを見ながらあちこち観察してみると面白いかもしれませんね。

あらすじと感想

同居生活スタート!

腹芸にドン引かれてしまった亜紀子 (綾瀬はるか)みゆき (横溝菜帆) に土下座して謝ります。

しかしこれは亜紀子の、相手を追いこむ土下座術という営業のテクのひとつでしたが、それを知らない周りにみゆきは「許してあげなさいよ~」と言われて許さずを得なくなったしまうのでした。

宮本家に引っ越してきた 亜希子と 良一 (竹野内豊) ・みゆき3人の生活はスタートしますが、亜紀子に反発するみゆきはクラスメイトの大樹(大智)の入れ知恵で家出を決心するのでした。

★前回の「虐め」から大逆転で実は、大樹はみゆきが好きだったことがわかりましたが、あれだけ意地悪していたのに仲良くなってしまったんですね~。

こういう時、子供って簡単だ!

その頃、亜希子は会社の女性社員を集めて母親業のリサーチをかけ、家事分担などの情報を得ることに成功していました。

田口の片思いと奇石の花屋

その際に女性社員たちに子持ちの男性と結婚したことを話しすと、すぐに会社中に広まってし
まったのです。

けれどその事をまったく知らない部下の 田口 (浅利陽介) は、亜希子への片思いに胸を焦がしていました。

★浅利陽介さんの胸をかきむしるほどの募る想い!見ていて気持ちいいほどの惚れっぷりでついつい(笑)でした。

そして『ヤッホー知恵袋』に恋の悩みを打ち明けると、「『奇石の花屋』で買った花をプレゼントすると恋が叶う』という返事がありました。

亜希子は手強いクライアント相手の仕事をこなしながらも母親になろうと努力をしますが、みゆきは反発するばかりでした。

亜希子、ママのコピーになる!

一方、亜希子は、良い母親になろうと奮闘し、学校の年間行事予定にあった明日の創立記念日に会社を休んでみゆきと共に過ごそうと考えました。

ところがその日は図らずもみゆきが家出(⇐大樹の家に)を決行しようとした日だったのです。

亜希子が家にいることで、みゆきは家出できなくなってしまいました。

亜希子はみゆきを昼ご飯に誘い、みゆきの好きな食べ物やみゆきのママ・愛(奥山佳恵)のことをいろいろ聞くうちにママのコピーをすることを思いついたのです。

買い物ゲーム

食事の後は今夜のご飯の買い物です。

スーパーへ入ろうとしたみゆきは、楽しそうにコロッケの具材を当てる遊びをしながら買い物をする親子連れを見て、ママと買い物をした時のことを思い出していました。

そんなみゆきを見た亜紀子はみゆきに提案しました。

「私たちもあのゲームをしましょう」

今夜のメニューはみゆきの好きなハンバーグでした。

なのでママが使った具材を当てるゲームを開始しました。

まず最初、ひき肉は合いびき肉か牛ひき肉かで反論しあい、みゆきが合いびきだと言い張ると

「ファイナルアンサー?」

「・・う・うん」

「では!」

亜希子は良一に電話をかけて、ママが使っていたのはどちらか確認したのです。

結果はみゆきの勝ち!

そしてこんな具合に次々と具材の選定をしていき、すべてみゆきの勝ちということでみゆきは大喜びするのでした。

亜希子はと言えば、レジで支払いする時にお札と間違えてレシートを出してしまうほど動揺していました。

★すごく動揺していても顔には出ない!

でも・・・わかりやすくて、亜希子ってカワイイじゃないですか~(#^^#)

みゆきの笑顔にノックダウンなんですね!

ピンクのカーネーション

その夜、亜紀子はママのハンバーグに近いものを作ろうとパソコンんで検索に夢中になっていたところに良一が帰ってきました。

良一は帰り道で『奇石の花屋』を見かけ、カーネーションを2本買いました。

その時『奇石』は『奇跡』の間違いだと店主(佐藤健)に指摘してあげたのです。

結局、良一に作り方を教わりながら作ってみんなで食べました。

亜希子がママのコピーになろうとしていることをみゆきは

「それはそれで嫌だし・・・」

と言います。

「ママ」は一人だということに築いた亜希子は、謝ろうと土下座しようとするのですが。

「家族はクライアントじゃないから」とたしなめられて土下座禁止令をだされてしまうのでした。

★だんだんとみゆきの態度が軟化していくのがわかりますね。

ママには赤いカーネーション、亜希子にはピンクのカーネーション。

はからずも『奇跡の花』になりました。

べらぼうに可愛い私の娘!

あとかたずけをしながら、家事分担について話しをふった亜希子に良一は爆弾発言します。

「僕が主夫になります。今日、会社を辞めてきました」

しかし亜希子は今日1日みゆきと過ごしたことで、みゆきは自分にとって奇跡なのかもしれないと感じました。

「私が仕事を辞めてみゆきちゃんと過ごすことを選びます」

翌日、辞職することを上司に伝えると年俸を上げたら残ってくれるのか聞かれ、

「それでは10億で。」

「私の娘はべらぼうにかわいいのです。その笑顔には少なく見積もっても1000万円の価値があるのです」

だから1年に100回笑わせることができれば10億になるから、それを棒に振れと言うなら10億円くれということです。

その頃、何も知らない田口は『奇跡の花屋』で花を買い、亜希子に告ろうと考えていました。

しかし、会社に着いたとたん瞬殺で失恋した田口は、その花束を退職祝いに変えて渡そうとするのですが・・・。

窓の下を取引先の社長が通るのを見かけた亜紀子にその花束をサプライズで渡して来いと言われてしまうのでした。

退職した亜希子は家で家事をし、みゆきと良好な関係を築こうとがんばっています。

良一は復職して仕事をしていましたが、突然倒れてしまったのです!

★「刻一刻その時が迫っている」とラストで入ったナレーションはどういうことなんでしょうか!?

もしや良一が亜希子と結婚した理由はこれだったのでしょうか?

第1話で、良一は亜希子に対してちょっと淡泊な気がしなくもないという所が引っかかっていたのです。

そういうキャラなのかもしれませんが。

でもまだ病気だとは知らないはずだと思うのですが、次回の展開が気になりますね!!

スポンサードリンク

キャスト

  • 岩木亜希子・・・綾瀬はるかさん
  • 宮本良一・・・・竹野内豊さん
  • 宮本みゆき(小学生)・・・横溝菜帆さん
  • 宮本みゆき(高校生)・・・上白石萌歌さん
  • 田口朝正・・・・浅利陽介さん
  • 下山和子・・・・麻生祐未さん
  • 麦田章・・・・・佐藤健さん
  • 友井 智善・・・・川村陽介さん
  • 西条 乙女 … 橋本真実さん
  • 猪本 寧々 … 真凛さん
  • 前原 大輔・・・・村本大輔さん (ウーマンラッシュアワー)
  • 宮本 愛・・・・・奥山佳恵さん
  • 笠原 廣之進 ・・・ 浅野和之さん

参考元http://www.tbs.co.jp

✒電子書籍で読みたい方はこちらから検索してくださいね↓


相関図はこちら

こうして見るとそれぞれの関係が良くわかりますね!

2018-07-16_2239022018-07-16_2239482018-07-16_224000引用元http://www.tbs.co.jp

第3話の内容は?

仕事を辞め専業主婦となった 亜希子 (綾瀬はるか) は、宮本みゆき (横溝菜

帆) と夕飯の買い物をしていた。別のスーパーの方が2円安いなど、少しずつ
主婦の考え方が染み付いてきた亜希子だが、値段の高い食材を手に取ると黙っ
ていられず、その食品会社の社長に直接電話をかけ値下げ交渉をするなど、元
キャリアウーマンならではの交渉術を発揮していた。

その姿を見かけたみゆきのクラスメイトの母親が、亜希子の噂をし始めると、
その子供たちが 「新しいママすごいね」 とみゆきに話しかけてくるようにな
る。友達が出来た喜びで、みゆきはすぐに 「友達が遊びに来ても良い?」 と
亜希子に相談する。みゆきにとって、友達が家にくることは初めてで、嬉しさ
でいっぱいだった。

そんな中、亜希子は 良一 (竹野内豊) から頼まれ、母親としての最重要任務
を果たすべく、PTA の集まりに出席することに。保護者たちは、近々開催され
る運動会について話し合っていたが、いちいち疑問に思ったことを質問する正
体不明の亜希子に、保護者たちから反感をかってしまう。

その後、意気揚々と友達におうち会の招待状を送ったみゆき。当日、亜希子も
下山 (麻生祐未) と一緒におもてなしの準備をしていたが、家に帰ってきたの
はなぜかみゆきだけだった…。意気消沈するみゆき。その原因が PTA と自分
のやりとりに関係があると気づいた亜希子は、親同士の喧嘩で子供を巻き込む
ことは悪質だと、良一の反対を押し切り PTA の保護者たちに奇襲攻撃をしか
ける準備をするが… !?

引用元http://www.tbs.co.jp

まとめ

そこで今回は

TBS火曜ドラマ「義母と娘のブルース」第2話

  • 見どころは?
  • あらすじと感想
  • キャスト
  • 相関図
  • 第3話の内容は?

以上の紹介でした。

来週もドキドキの展開になるみたいですね!

ではでは(^0^)/

✒書籍情報↓Amazon

    f392be6e756b5d0af64d848c4db18412本カメバナー
 

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31