ネタバレ感想【99.9-Ⅱ】第7話 佐田が逮捕!裁判所の思惑は?第8話予想

     

2018-01-04_001252

引用元http://www.tbs.co.jp/999tbs

お元気ですか?うめきちです(^0^)

待望のTBS日曜劇場【99.9-刑事専門弁護士ーⅡ】7話目2018年3月4日に放送されました。

今回は横領ほう助で佐田が逮捕されてしまうのです。

しかも殺人事件も絡んでくるという複雑な事件です。

0.1%を深山は見つけることができるのでしょうか!?

今回の記事は、

【99.9-刑事専門弁護士ーⅡ】第7話

  • 今回のゲスト出演
  • 見どころと感想
  • あらすじ
  • 今回のダジャレ
  • 第8話の内容予想
  • まとめ

以上について紹介していきたいと思います。

(※なお、ネタバレのため、結末を知りたくない方はご注意くださいね!)

スポンサードリンク

【99.9-刑事専門弁護士ーⅡ】第7話

今回のゲスト出演

【第7話ゲスト出演】

2018-02-26_005008

2018-02-26_005059引用元http://www.tbs.co.jp/999tbs

見どころと感想

佐田の高すぎるプライドが、深山と舞子の方針をどうしても受けれることを拒否して弁護が失敗してしまうところで、あり得ないとは思っていても笑ってしまいました。

深山でなくても「役に立たないプライドだな」と呆れてしまいますよね。

複雑にこんがらがった事件を一つづつ検証しながら解き明かしていく深山たちの努力をあざ笑うかのような、事務総長・岡田孝範の姑息な手段に操られる裁判官の葛藤が法務省の闇の部分を見せつけられてイヤですね~。

裁判のあり方に疑問を持つようになった遠藤啓介(甲本雅裕)のこれからの立ち位置もきなるところです。

そして『いとこんち』では毎回プロレスラー登場と、漫画家さんも毎回どなたかが登場してくれます。

今回は『松本零士先生』とコスプレのメーテルでした。

先生の忘れ物の「戦士の銃」「切符」が羨ましいです!!

2018-03-05_020516

あらすじ

佐田(香川照之)が顧問弁護を務めるオガタテクノロジーの社長・緒方(ヒャダイン)が失踪した。検察庁に呼び出された佐田は検事から、緒方が1週間前に会社の資金3000万を引き出した後、姿をくらまして業務上横領の罪がかけられてることを聞かされる。
さらに、失踪当日に佐田の個人口座へ300万円の振り込みがあったことも分かり、佐田は業務上横領幇助の容疑で逮捕される!
弁護を請け負った深山(松本潤)と舞子(木村文乃)はオガタテクノロジーを訪れ、専務の大河原孝正(佐戸井けん太)と経理担当の中村麻美(田中美奈子)から話を聞く。さらに、従業員の笹野桜(比嘉愛未)立ち会いの元、緒方の自宅を見せてもらうことに。そこで深山はある矛盾に気付く——。

そんな中、佐田の担当裁判官に意味深な笑顔で近づく川上(笑福亭鶴瓶)。その川上の真意は!?

やがて、佐田の公判が始まる—
果たして、深山と舞子は佐田を救うことができるのか!?

引用元http://www.tbs.co.jp/999tbs

深山と舞子の方針

逮捕されてしまった佐田の所に接見に行った深山と舞子は、佐田に

「緒方社長に騙されていた」

という方針で弁護を進めていこうと提案しました。

佐田のプライド

2018-03-04_233716引用元http://www.tbs.co.jp/999tbs

けれど佐田はいったんは深山たちの弁護方針を受け入れたものの、裁判当日に高すぎるプライドが邪魔して弁護は失敗してしまうのでした。

「騙されるようなドジを私は踏まない!」

裁判官や検察官を睨みつけてそう言い放つ佐田を見て、

「役に立たないプライドだな~」

と、冷ややかに呆れる深山たちは早くも次の方策に出ていました。

緒方社長の自宅で見つけたカレンダーの描きこみから、緒方社長が特殊な心臓病にかかっていることを突きとめたのです。

担当の医師に聞いたところではこの病気は2週間ごとに渡している薬を毎日薬を飲まないと命にかかわる重いもので、緒方社長はすでに2週間以上来院していないので薬はなくなっているはずだというのです。

このことから深山たちは緒方社長はすでに亡くなっていると推理していました。

事務総長・岡田孝範

佐田が法務省、裁判所、検察などについて批判したTV放送を、裁判所の会議室で見ていた裁判官・川上憲一郎(笑福亭鶴瓶)、遠藤啓介(甲本雅裕)、小島広吉(小松利昌)たちは苦々しい思いで見ていました。

また同じく事務総長・岡田孝範(榎木孝明)も、目立つ佐田を邪魔者として何とか陥れる方策に考えをめぐらせていたのです。

そこにちょうど起こった事件の容疑者として逮捕された佐田に犯罪者の汚名を着せ、弁護士資格をはく奪し、懲役刑を課すことを思いつきました。

担当裁判官の小島を呼んで「参考になるから」と一通の封筒を渡したのです。

その中には「ある弁護士の横領罪」のすでに判決文としてできあがっている書類が入っていて、被告人名は「佐田篤弘」と書かれていました。

小島はこれの意味するところを知り、悩んだ末に結局は川上と遠藤に相談すると川上はその書類を取り上げ、「事務総長もやりすぎや」と言うのでした。

その後、この書類のファイルは川上の手でパソコンから消去されることに。

笹野桜

オガタテクノロジーの従業員の笹野桜(比嘉愛未)に話しを聞きにきた深山は、彼女が社長宅には一度だけしか来たことがないと言うわりには家の中をよく知っている事に違和感を感じました。

問い詰めると思った通り、二人は3ヶ月前からつき合っていたことがわかりました。

桜のマンションで、ゴミ捨て場から明石が回収してきたものを深山が並べています。

スーツ、メガネ、薬袋・・・。

桜が緒方社長を殺害したのではないかと言うと、桜は強く否定しました。

そして緒方社長が仕事用のスマホの他にもう1台、桜専用のスマホがあること言いました。

そこに残された留守電に社長からのメッセージがあったのです。

深山の目が光り、うれしそうにオヤジギャグが連発されました。

桜のスマホを耳に当て、留守電を聞きながら「電話をかけても誰もでんわパート2」

緒方社長の黄色いメガネを持って、「何を隠そう眼鏡には眼がねえ」

驚いている桜に、「ねねねね、今クスリとしたよね」と言いながら薬袋を見せる。

クリーニングから戻ってきた社長のスーツを出して「心がスーツとしたよね」と言いながらニヤニヤ笑う深山でした。

大河原孝正と中村麻美

専務の大河原孝正と経理の中村麻美は経営がうまくいってないオガタテクノロジーの子会社を作ることに反対でした。

しかし緒方社長が強引に計画を進めるので、このままでは定年が近い自分たちの退職金も払ってもらえないかもしれないことも懸念していました。

そして緒方社長を騙して3000万円を銀行から持ってこさせると、社長を殺して遺体を埋め、佐田の口座に300万円を振り込んで偽装工作したのです。

深山の罠に騙された二人は、遺体を別の場所に移そうとしているところに踏み込まれて逮捕されてしまいました。

無罪放免

無罪を勝ち取った佐田が釈放されると、迎えに来ていた舞子に「よくやった」と握手をします。

深山にも手を差し出すと

「ありがとうございました」を要求してきました。

仕方なく無理やり「ありがとうございました」と言うと

「どういたしまして」と嬉しそうに握手に応じる深山です。

しかし、佐田先生も家族の出迎えには涙をこぼすのでした。

「泣けちゃう、泣けちゃう、泣かない!」(笑)

[ad#co-1]

✒「99.9-Ⅱ」ノベライズの予約はこちらからどうぞ↓

✒合わせて読みたい記事↓

『99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ上』ノベライズ発売日は?価格や内容も!

➜ネタバレ感想【99.9-Ⅱ】第8話 深山敗北!?毒入り羊羹と司法の闇 第9話予想

今回のオヤジギャグ

  • 私計算ミスしないので(私ミスしないので⇐篠原涼子)➜佐田
  • ヒャダ(佐田×ヒャダインさん)➜大河原孝正
  •  うしのさん、くしのさん、あ、藤野さん➜深山
  • いただき松本零士➜深山 9点
  •  いただき漫画太郎➜深山
  • イエス高須クリーニング
  •  電話をかけても誰もでんわパート2➜深山 2点
  • 何を隠そう眼鏡には眼がねー➜深山(2回使う)
  • ねねねね今クスリとしたよね➜深山
  • 心がスーツとしたよね➜深山

☺今回もオヤジギャグ満載でした(笑)

第8話の内容予想

第8話は20分拡大での放送です!

【第8話ゲスト出演】

2018-03-04_233532 2018-03-04_233549 2018-03-04_233613引用元http://www.tbs.co.jp/999tbs

選挙を目前に控えた、元文部科学大臣・藤堂正彦(佐野史郎)議員の選挙事務所で、毒物による殺害事件が起きた。事務所に送られてきた羊羹を食べた、藤堂議員と妻の京子(森口瑤子)、後援会長の金子源助、第一秘書の上杉の4人のうち、上杉が死亡し、藤堂の妻・京子は意識不明の重体になった。事件後、羊羹の送り主である、ニシカワメッキ社長・西川五郎(おかやまはじめ)は逮捕・起訴されていた。
羊羹に混入されていた毒物は鑑定の結果、依頼人の会社が保有するものと一致していた。しかも、新規事業のために西川は、藤堂議員に陳情に行き断られていたという動機まで発覚。絶対的不利な状況の中、別人のように乗り気な佐田(香川照之)。一方、深山(松本潤)はある矛盾に気付く。そこで、斑目所長(岸部一徳)の紹介で、個人で鑑定をやっている元科捜研・沢渡清志郎(白井晃)に鑑定を依頼し、重要な証拠を見つける。

そんな中、舞子(木村文乃)は、この裁判の裁判長が川上(笑福亭鶴瓶)であることを知る…。

不気味な笑顔を見せる川上。そして、川上から深山たちに予期せぬ判決が—

引用元http://www.tbs.co.jp/999tbs

まとめ

今回の記事は、

【99.9-刑事専門弁護士ーⅡ】第7話

  • 今回のゲスト出演
  • 見どころと感想
  • あらすじ
  • 今回のダジャレ
  • 第8話の内容予想
  • まとめ

以上についての紹介でした。

次回は不気味な鶴瓶師匠が見られます。

目が笑ってないとホントに怖そうに見えるお方です。

ではでは(^0^)/

✒合わせて読みたい記事↓

『99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ上』ノベライズ発売日は?価格や内容も!

➜ネタバレ感想【99.9-Ⅱ】第8話 深山敗北!?毒入り羊羹と司法の闇 第9話予想

    f392be6e756b5d0af64d848c4db18412本カメバナー
 

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930