「響 小説家になる方法」7巻プロデューサー津久井・ネタバレ感想と8巻発売日

     

2017-08-12_161818

おげんきですか?うめきちです(^0^)

柳本光晴先生の衝撃のJK小説家マンガ

【響 小説家になる方法】7巻が

2017年8月10日にビッグコミックスから

発売されました。

花代子が勝手に応募してしまった響の小説が

アニメ化の企画まで持ちあがってきたのです。

しかし、花代子のふとした一言から

名前を明かさない作者に

プロデューサーの津久井が目をつけたのです。

今回の記事は

  • 【響 小説家になる方法】7巻のあらすじと感想
  • 【響 小説家になる方法】8巻の発売日予想
  • まとめ

以上の紹介をしていきたいと思います。

(※なお、ネタバレを含みますので、

結末を知りたくない方はご注意くださいね!)

スポンサードリンク

【響 小説家になる方法】7巻のあらすじと感想

■取りあえず、簡単なあらすじと感想です。

花代子が勝手に投稿した

『漆黒のヴァンパイアと眠る月』

FN文庫新人賞を取ってしまい、

その小説に目をつけてアニメ化の話を

持ちかけてきた敏腕プロデューサーの津久井が

この小説の作者が響ではないかと

にらんだのです。

そして津久井は響本人の許可も取らずに

響の周辺を探り、ドキュメンタリー番組を

作ろうとしていました。

一方、そんなことは知らない響は文芸部の

みんなと合宿に行ったりそれなりに

楽しい夏休みを過ごしていました。

ー感想ー

7巻もパワフルな1冊でしたね!

中でも津久井の番組制作への

異常なまでの執着、

自分がやりたいと思ったことは

違法な事だって気にならない

あの眼光の鋭さには

狂気さえ感じて怖かったですね~。

現実にもいるんでしょうか・・あんな人。

そして響の小説への真摯な気持ちも

たくさん描かれていて、

ほっこりさせられる場面もたくさんあり

ニヤニヤでした!

やっぱり響はでたらめな天才じゃなくて、

自分が納得できるものが書けるまでがんばる

努力する中身の濃い天才だったんだなぁと

つくづく感じてしまいました。

でも、「嘘ついたら針を飲ませる!」

は、本当にやりそうで怖いです(;´∀`)

今後クレイジー津久井に響がどう対抗するのか

想像するとワクワクしちゃいます

スポンサードリンク

ここからは詳しいあらすじ!

第52話 正体

花代子が勝手に投稿してFN文庫新人賞を

取り(辞退しましたが・・)

『漆黒のヴァンパイアと眠る月』は

早くも関係者間では話題に上り、

小説を読んだ作家の子安はその才能に

ショックを受けました。

一方、アニメ化の話を進めたい

敏腕プロデューサーの津久井は名前を

明かさない女子高生作家が

「響」かもしれないと疑いを持ち始めた

のです。

2017-08-12_224042

帰りの電車内で響は

「大事になってごめんね」と謝る花代子に

「この話は絶対内緒にする」

と指切りさせながら

「嘘ついたら針を飲ませる!」

そう怖い顔で言いました。

2017-08-12_224054

しかし、早くもふみにはバレてしまいました。

第3話 予感

2017-08-12_224109

ふみの電話に申し開きに行った響は、

ことの顛末を話してなんとかわかってもらい

ました。

ところが、響たちが話しをしている喫茶店の

外には津久井が張っていたのです。

どうやら津久井はメガネの女子高生が

響であると確信したようです。

第54話 NG

津久井が一ツ橋TVの制作部に

視聴率100%間違いなしと持ちこんだ企画は

『お伽の庭』の作者・響の

隠し撮り写真でした。

完全マスコミNGのはずの響の了承は取って

あると嘘をつき、響一本での特番の企画を

出してきました。

半年後には『漆黒のヴァンパイアと眠る月』

の単行本化、同時にアニメ化の発表、

来年夏にはアニメ放映の予定でその宣伝の

特番を皮切りにバンバン響を

アニメ界の広告塔にしようと目論んで

いたのです。

第55話 ハンカチ

作家の祖父江は涼太郎の店に、時々彼を

からかいにやって来るのですが、

今日は響がいたので彼女にケンカを

売ってきました。

2017-08-12_224124

「才能だけで芥川直木をとったのって

どんな気分?」

その頃、

FN文庫新人賞受賞式が行われている会場で、

売れっ子作家の子安は響が賞を

辞退したことを知って愕然としました。

そしていつの間にか自分も上から

他の作家を見下ろす

なんてイヤなヤツになっていたのだろうと、

深く反省したのでした。

第56話 壁

超売れっ子イラストレーターの”霧雨アメ”は

依頼されていたイラスト、

『漆黒のヴァンパイアと眠る月』の

ラフスケッチを担当の月島に渡しました。

2017-08-12_224140

しかしその絵に月島は妙な印象を受けました。

取りあえず作者の”ひびき”と会って

打ち合わせをする約束なので、

二人で待ち合わせ場所へと行くと”ひびき”は

不在で代理の花代子が待っていました。

本物の霧雨アメを目の前にして

興奮する花代子ですが、ラフスケッチを見て

微妙な表情をしました。

これで進めたいとしゃべっている霧雨の

後ろから覗き込んでいた”ひびき”が、

ラフスケッチを手に取り険しい表情を

しています。

月島や花代子にこのキャラでいいのかと

改めて聞き直すと、ここでやっと

「嫌です!」と言いました。

小説も読まずに当てずっぽうで描いた

イラストに納得できるわけがありません。

「描き直し!」

ラフスケッチをビリビリと破りながら

”ひびき”は宣告しました。

第57話 傷心

破られたスケッチを見た霧雨は怒って

帰ろうとしたので

”ひびき”が彼を平手打ちしました。

2017-08-12_224207

今ここですぐに小説を読めと言う”ひびき”を

無視して帰ろうする霧雨を、

”ひびき”は後ろから蹴飛ばしました。

「ケンカを売ったのはアンタが先!

人の小説をでたらめにいじって、

私が傷つかないと思ったの?」

その様子を物陰で動画にとっていたのは、

津久井の下に付いた七瀬です。

2017-08-12_224226

けれど七瀬は津久井が響本人の許可を取らずに

ドキュメンタリーを作ろうとしてることを

知ってゾッとしたのでした。

その夜、”ひびき”からの電話で

自分の思い上がりを悟った霧雨は

『漆黒のヴァンパイアと眠る月』を読んで

描きなおすと約束しました。

2017-08-12_224242

第58話 天国

文芸部のメンバーは肝試しに夜の学校へ

来ていました。

『図書室のはなこさん』が本当にいるのか

探りに来たのです。

しかし、はなこさんは男子がきらいなので、

女子だけで図書室へ行くことになりました。

図書室へ行くと、電気が点滅したり、

変な音がしたりという定番の霊現象が起こり、

最後に小さな声で「・・・ハイ」に

怖くなったみんなは悲鳴を上げて校舎の外へ

逃げ出しました。

けれども点滅や音は外にいた男子の

仕業だったのです。

最後の「・・・ハイ」を除いては。

その頃、響はまだ図書室にいて、

はなこさんと話をしていました。

はなこさんは虐められて亡くなった

女子生徒だったのです。

2017-08-12_224304

「世の中は悪い事をしたらちゃんと

返ってくるようになってるから、

あなたを虐めた人はきっと地獄の人生を

送っているわ」

花瓶の花を1本供えてあげて

「だからこれからは楽しいことしか

ないよ、じゃあね」

と手を振って帰りました。

第59話 合宿

文芸部のメンバーは今年は

祖父江家の山の別荘に合宿に来ていました。

2泊3日の合宿の課題は部誌に載せる小説を

書くことです。

とは言っても、日暮れまでの自由時間を

川や森の中などで各々好きなように

過ごしました。

ちなみに響は森の中で熊に出会い、

死んだふりをして難を逃れました。

2017-08-12_224321

そしてその夜、みんな創作活動に燃えて

いました。

サキは目の前で憧れの響が小説を

書いているのを見て感動しています。

響は今回は森で熊に出会う話を

書いていました。

第60話 継承

2日目の朝、タカヤと花代子は早朝の散歩を

楽しんでいました。

3年生のリカとタカヤ合宿が終わったら

引退して受験勉強に入ると聞きました。

わかってはいたけれど、タカヤから直接

引退と聞かされて花代子は泣いて

しまいました。

響は小説を書きながらそのままテーブルに

突っ伏して眠ってしまっていたので、

その小説をこっそり読んだ典子とかなえは

「「お伽の庭」の響の文体にそっくり!」

驚いている二人に目を覚ました響は

『絶対内緒にする』という約束で

「お伽の庭」は自分が書いたと

打ち明けました。

夜になってからみんなで花火をやりながら、

3年生の引退と新部長の任命がありました。

新しい部長には花代子が選ばれたのでした。

2017-08-12_224338

✒詳しくはこちらもご覧ください↓

【響 小説家になる方法】8巻の発売日予想

【響 小説家になる方法】8巻の発売日は

7巻の巻末に、2017年12月発売予定

記載されていました。

また詳しい情報が入り次第更新して

いきたいと思います。

(関連記事)

→「響 小説家になる方法」6巻ネタバレ感想&7巻発売日予想・花代子の投稿

✒書籍情報↓

まとめ

今回の記事は

  • 【響 小説家になる方法】7巻のあらすじと感想
  • 【響 小説家になる方法】8巻の発売日予想
  • まとめ

以上の紹介でした。

次巻は響と津久井の対決です。

「コブラ対マングース」はたまた

「ゴジラ対キングギドラ」のような

恐ろしい展開が待っていそうです。

年末が待ち遠しいですね!!

ではでは(^0^)/

✒全巻読んでみたい方はこちらもご覧ください↓

f392be6e756b5d0af64d848c4db18412本カメバナー  

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加