「響 小説家になる方法」6巻ネタバレ感想&7巻発売日予想・花代子の投稿

     

2017-04-12_212909

おげんきですか?うめきちです(^0^)

柳本光晴先生の衝撃のJK小説家マンガ

【響 小説家になる方法】6巻が

2017年4月12日にビッグコミックスから

発売されました。

【響 小説家になる方法】はつい先日、

3月28日に「マンガ大賞2017」の大賞に

選ばれて評判になったことを

ご存じの方は多いと思います。

現実でもすごいもんですね!

芥川賞・直木賞W受賞式で大暴れした響は、

会見場から勝手に帰ってしまいました。

その夜、電車の踏切で響が出会った人物は

作家としての自分に絶望していました。

今回の記事は

  • 【響 小説家になる方法】6巻の

あらすじと感想

  • 【響 小説家になる方法】7巻の

発売日予想

  • まとめ

以上の紹介をしていきたいと思います。

(※なお、ネタバレを含みますので、

結末を知りたくない方はご注意くださいね!)

スポンサードリンク

【響 小説家になる方法】6巻のあらすじと感想

あらすじ

第43話 逃走中

芥川賞・直木賞の授賞式で雑誌記者と

もめた響は、記者の頭を

蹴り飛ばしてしまいました。

突然のあり得ないできごとに騒然となり、

取り囲んでくるマスコミを突破するのは

もはや不可能でした。

2017-04-14_001005

けれどそこは人の常識の外にいる響きです。

会見場にあったイスを窓に叩きつけて

ガラスを割って逃げようとしましたが、

強化ガラスなのか手がビリビリしただけで

割れませんでした。

しかし窓のカギに気づいて、

カギを開けて窓から易々と

逃げ出すことに成功したのでした。

小説家・山本春平は今回も受賞を逃し、

すべてに絶望していました。

踏み切りの手前に立ち、

遮断機に手をかけて・・・。

電車が通過したあと、遮断機の手前には

山本と逃走中の響きが立っていました。

第44話 作者

花井ふみは公園のベンチで今日1日の

あれこれを思い出していました。

そしてその膝には求人雑誌が

広げられています。

響のやったことは編集者である自分の

責任でもあるので、出版社をクビになるのは

免れないと思われます。

再就職を探しているとケータイが鳴り、

営業部長の黒木から電話がかかって来ました。

その頃、踏み切り前に立っている山本に、

響は歩き出しながら聞きました。

「死ぬつもり?」

2017-04-14_001030

死にたくなった理由を聞かれて

「10年小説家をやってなんの結果も

出せなかったからもう終わりにする」

そう言う山本に、

「あなたの小説だって面白いと思った人は

いるわけでしょ。

人が面白いと思った小説に、

作者の分際でなにケチつけてんのよ!」

山本に怒っている響は線路の上に立ったまま、

「死ぬなら傑作を1本書いて死ね」

と言っている彼女の向こうには、

電車のライトが近づいていました。

2017-04-14_001046

!!!!!!!!!!!!!!!!

間一髪!響のすぐ真横で

電車が止まりました!

「私は死なないわよ」

そう言いながら急停止した電車の車体を

撫でている顔が怖いです。

その後、響のケータイにふみから

興奮した電話が入りました。

それは「お伽の庭」が初刷り100万部を

知らせる急報でしたが、

電話を受けている当の響は電車を止めた

現行犯で警察に連行される途中でした。

2017-04-14_001118

なんと100万部の印税は1億4千万円です!!

第45話 価値

ふみは朝から昨日の後始末のために

各所を謝罪に回っていました。

響の父親の職場でも「謎のJK小説家響」の

話題で持ち切りでした。

2017-04-14_002724

「響」がまさか自分の娘の響だとは

知らない父親は

「どこの家も大変なんだなと思って・・」

相身互いな気持ちで

少しホッとしていました。

ふみは響と出版に必要な契約を済ませてから

両親にあいさつのために、嫌がる響の家に

押しかけました。

ふみから聞いて初めて

「響」が自分の娘の響だと知った両親は

とても驚きました。

見たところ、響の両親はごく普通の

人間のようでした。

響は母親のマイペースな性格に似たのかと

思っていると、

突然父親が印税の1億4千万は

受け取れないと言い出したのです。

2017-04-14_002506

一見大人しそうに見えた父親が

異常なくらい頑固なことが判明しました。

やっぱり響の親でした。

第46話 「説」

結局、小論社と両親の話し合いで、

響のもらう印税は

本来の「本体価格×発行部数の10%」

これに対して

「本体価格×発行部数の0.001%」で、

残りは「小論社名義で慈善団体へ寄付」

と決まりました。

またW受賞で響が受け取った賞金200万円も

電車の倍賞金、ホテルの窓ガラスの弁償

などに消えました。

やがて新学期を迎え、文芸部には

新入部員が殺到していました。

みんな高校生作家の祖父江リカ目当てです。

響のことは秘密なのです。

ところで「響」についてはたくさんの

都市伝説がありました。

①「祖父江リカと同じ学校説」

②「鬼島仁の隠し子説」

③「CG説」

④「響いない説」

などがネット上に転がっているようです。

おかっぱの1年生・柊咲希は口より先に手が

出てしまうので友達ができないことが

悩みの種でした。

なのに入学式早々にヤンキーの西崎嗣郎に

からまれて思わず殴ってしまい、

後悔しながら中庭に行きました。

2017-04-14_001131

すると小柄な女子がベンチに座って

読書していたので友達になれるかなと、

気安く声をかけてみました。

第47話 文芸部

2017-04-14_001152

「上級生には敬語を使いなさい」

ベンチに座っていたのは

2年生になった響でした。

驚いて逃げ出した咲希が

ガックリしながら歩いていると、

祖父江リカ目当てで文芸部に

入部しようとしているクラスメートの

宇佐見典子・由良かなえに捕まり、

部活見学に連行されてしまったのでした。

旧校舎にある部室にはすでに入部希望者が

大勢集まって来ていました。

しかしなぜか、部室には入れません。

そこにやって来た西崎嗣郎は、

バンと叩いて扉のガラスを割り、

咲希のせいにしました。

西崎は文芸部の部室をヤンキー仲間の

たまり場にしようと目論んでいたのです。

西崎が無理やり部室に入ると、

部屋ではヤクザばりの強面・隆也が

ひとりで留守番していました。

上級生に対して突っ張った態度を

取ろうとした西崎は、いきなり後ろから

咲希の飛び蹴りを喰らってキレたところに

部室に入ってきた響に向かって

生意気な口をきき、いきなり目つぶしを

喰らってしまったのです。

第48話 秘密

「謝れば許す」

そう言いましたが、響はいつの間にか

西崎に馬乗りになって首を絞めています。

2017-04-14_001216

何が起こっているのかわからないまま

死を予感した西崎ですが、

馬乗りになっていた響を亮太郎が

持ち上げてくれて命拾いしました。

そんな騒動が起こっているところへ

やって来たのはリカでした。

「新入生ってあんたたちだけ?」

一連の騒動で恐れをなした他の

入部希望者たちは、いつの間にか

消えていました(笑)

とりあえず自己紹介していると、

花代子が入って来ました。

「廊下にある割れたガラスを危ないから

早く片付けて」と、

静かに言う花代子はいかにも弱そうに

見えました。

しかし「さっさと片付けてよ!」

と花代子に怒鳴られた西崎は

完全に毒気を抜かれてしまいました。

帰り道で、咲希は響に

「もしかして響き先輩って

「お伽の庭」の響ですか?」

と聞いてみました。

響は唇に指を当ててシーっという仕草を

して見せました。

2017-04-14_001231

その頃、先に帰ってしまった花代子は

すごく困っていました。

第49話 天使

響が書いた小説「バンパイアと眠る月」を

ふとした思いつきでNF文庫に応募したら、

新人賞を受賞してしまったのです。

翌日、響は咲希に呼び出されて

校舎の屋上に来ていました。

咲希は目の前にいる、この小柄な先輩が

あの憧れの響だということに大きな感動を

覚えていました。

おずおずと自分の小説を出して

読んでほしいと言うと、

「読みたい!」

その言葉は咲希にとっては、

空さえも飛べるような喜びを感じさせました。

と、その時急に突風が吹いてきて

咲希の持っていた原稿を

1枚飛ばしてしまったのです。

2017-04-14_001247

響は屋上の柵の外へ飛んで行った原稿を

ためらいもせず、柵を飛び越して

取りに行きました。

その行動は咲希にとんでもない衝撃を

与えたようでした。

そこへ隆也と花代子が話があると

やって来ました。

花代子が勝手に応募した響の小説は

新人賞のみならず、アニメ化の話まで

出る大事になっていました。

第50話 謝罪

響と花代子は、事がこれ以上勝手に進んで

もっと大変なことになる前に、

今すぐに謝りに行くことにしました。

NF文庫の担当の月島は花代子が来るので

すっかり舞い上がっていました。

本当のことを言おうとしても

中々言い出せずにいた花代子と

友人(響)と月島が、廊下でしゃべっている

ところを偶然通りかかった

ライトノベル作家の子安が握手しようと

言ってきましたが、その汗ばんだ掌が

気持ち悪くて響は思わず殴ってしまいました。

そんなところへ登場したのが

一ツ橋テレビのプロデューサー・

津久井でした。

第51話 駆け引き

津久井は花代子をアイドル作家に

仕立て上げようと目論んでいました。

しかも小説を書いたのは花代子ではなく、

友人の方だと知っても、

怒るどころかニコニコ顔で

名前なんかPNだけ変えればいいんだからと

大乗り気です。

ところが受賞を取り消したいと言ったら

態度が変わりました。

いきなり損害賠償の話を持ち出して

きたのです。

詐欺で警察沙汰になると聞いて

驚いている花代子を尻目に、

響は当の警察に電話して呼び出し、

さっさと帰ろうとするとやっと

津久井の顔から薄気味悪い笑いが消えました。

「電話は冗談。駆け引きよ。

菓子折りもって謝りに来てんだから、

怒っていいから受け入れなさい!」

2017-04-14_001309

その態度はさらに津久井を引きつけました。

そしてこの小説が未完である点を突いて、

「完成させるのが作品に対する礼儀だろう」

と、別の方面から攻めてきました。

響が拒否すると、今度は今まで黙っていた

花代子が自分が書くと言い出したから、

またもや話はややこしくなってしまいました。

結局、響が続きを書くことになり、

受賞も辞退しないままにして

小説が出来たら花代子経由で送るし、

アニメ化も好きにしてと言って

急いで帰ろうとしました。

津久井はなぜここまで素性を隠すのか

気になっていました。

帰ろうとする響きを追って何気なく花代子が

「あっ、待って響ちゃん」と言ったのが

引っかかりました。

2017-04-14_001329

第51.5話 再会

コンビニで元・小説家の中原に

偶然再会した響は、中原がいつか作ると

言っていたアンパンが食べたいと

言っています。

二人の近くでは立ち読みしている

サラリーマンたちが芥川賞・直木賞を

W受賞した謎のJK作家響のことを

噂しています。

「いろいろ言われて大変だね」

そう囁く中原に、サラリーマンたちが

言っている噂はほぼ真実だと頷いて、

繊細な彼女に冷や汗をかかせる響でした。

詳しくはこちらもご覧ください

感想

『あなたがここで死ねば、

明日それを知った私が嫌な気分に

なるでしょ』

すごいセリフですね、さすが響というか。

止めるつもりで言ったとは思いますが、

しかもその次のシーンでは

猛スピードの電車が急停止!

普通の人間にできることではないです。

死ぬ気も失せるというもんです(:_;)

ラストのプロデューサーの津久井に言った

セリフもすごいですね!

いちいち決め台詞がカッコイイです(≧▽≦)

そして表情はもっとカワイイです!

「天才と何とかは紙一重」のような響ですが

新入生に響2号みたいな女子が

登場してビックリです!

最初、響かと思いましたもん(笑)

こっちもこれからの動向が気になります。

7巻が楽しみですね~!

スポンサードリンク

【響 小説家になる方法】7巻の発売日予想

【響 小説家になる方法】7巻の発売日予想は

6巻の巻末に2017年8月末頃発売と

なっています。

ちょうど夏休みの終わりくらいでしょうか。

待ちどおしいですね!

また詳しことが分かり次第更新して

いきたいと思います。

【響 小説家になる方法】5巻ネタバレ感想&6巻発売日予想・リカの心
おげんきですか?うめきちです(^0^) 柳本光晴先生の衝撃のJK小説家マンガ 【響 小説家になる方法】5巻が ...

→「響 小説家になる方法」7巻プロデューサー津久井・ネタバレ感想と8巻発売日

今回の記事は

  • 【響 小説家になる方法】6巻の

あらすじと感想

  • 【響 小説家になる方法】7巻の

発売日予想

  • まとめ

以上の紹介でした。

電車を止めたり、

ライトノベルの新人賞を取ったり、

今回も話題に暇のない響きでした。

毎回、気になるところで続き・・・

切ないです~(;O;)

早く続きが出ないかな!

ではでは(^0^)/

まとめ


f392be6e756b5d0af64d848c4db18412本カメバナー  

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加