【贄姫と獣の王】3巻ネタバレ内容と感想・4巻発売日予想/人間のイリヤ

     

2017-01-20_225513

おげんきですか?うめきちです(^0^)

【贄姫と獣の王】3巻が2017年1月20日に

HCコミックスから発売されました。

友藤結先生の

最新刊・『人外×少女』の3冊目です。

生贄として育てられた少女サリフィは

今は魔族の王様の未来の妃として

暮らしていました。

そこへ突如現れたのは人間の男!

彼の名はイリヤ。

サリフィの幼馴染です。

イリヤはサリフィを人間の世界へ

取り戻すためにやってきました。

今回の記事は、

◆【贄姫と獣の王】3巻のあらすじと感想

◆【贄姫と獣の王】4巻の発売日予想

◆まとめ

以上の紹介をしていきたいと思います。

(※なお、ネタバレのため、

結末を知りたくない方はご注意くださいね!)

スポンサードリンク

【贄姫と獣の王】3巻のあらすじと感想

eoisode.12

「お前らの王を出せ!

俺はそいつに用がある」

魔族の城に突然、賊が侵入して来ました。

2017-01-21_195121

賊は人間で、かなりの手練れでしたが

多勢に無勢、捕らえられて牢に

つながれています。

彼はサリフィを返せと言っています。

騒ぎを聞きつけてやって来たサリフィは

賊を見て驚きました。

「イリヤ・・・?」

2017-01-21_195139

「生きていた・・・!」

イリヤと呼ばれたその若い男はサリフィの

姿を見て涙を流しました。

イリヤはサリフィ幼馴染でした。

幼い頃から生贄になることを

受け入れて育ってきたサリフィは極力人と

関わらないように暮らしてきましたが、

ただ1人、イリヤとは強くなる修業のために

師匠と旅をしていて1~2年に1度、

サリフィの村を訪れた時に

口をきいたことがありました。

サリフィの命乞いを受け入れて王様は

イリヤのことを許しました。

特例中の特例として今後一切魔族の国に

立ち入らないという条件で

解放されることになったのですが、

牢から出されたイリヤは

サリフィを連れていこうとしたのです。

それを見た王様はサリフィを

抱き寄せて言いました。

2017-01-21_195200

「勝手に連れ出されてはこまる。

この娘は私の妃だ」

eoisode.13

王の言葉にショック受け、疲労のために

倒れてしまったイリヤは一晩、

王宮に泊まることになりました。

それはどういうわけか、

アヌビスの口添えがあったからです。

イリヤのところに食事を

運んできたサリフィに、

「ここを出てどこか人間の国で

俺と一緒に暮らそう」

イリヤは言いました。

2017-01-21_195217

その時、イリヤに強く掴まれた

手首の痛みに驚きながらも

「王様と一緒に生きようと決めたの!

王様を信じてるの」

と、健気な決心を打ち明けました。

イリヤは子供の頃に魔族に家族を殺されて

心の底から魔族を憎んでいました。

だからサリフィの言葉も耳には入りません。

その夜、イリヤは

夕食を持ってきたサリフィを気絶させて

さらっていきました。

eoisode.14

魔族の馬を盗んだイリヤは

気を失ったままのサリフィを乗せて

王宮から脱出しました。

なるべく遠くへ、遠くへと馬を走らせます。

その頃、王宮ではサリフィが

いなくなったので大騒ぎしています。

イリヤが連れ去ったことは明白だったので

すぐにでも後を追わねばと

王様は慌てていました。

ところがアヌビスが言ったのです。

「このまま人間の男と暮らす方が

サリフィ様にとって幸せなことでは

ありませんか?」

王様と言っても、実は恋愛に関しては

かなり臆病なので自分とサリフィの

種族が違うことを気にしていました。

アヌビスの言うように人間同士でいる方が

幸せかも・・・

そんな不安が王様の心をよぎったのも

無理からぬことです。

ところが王様の不安を打ち消す

強い進言をしたのは、

気の弱いアミト姫でした。

怖くて震えながらもアミト姫は

王様に言いました。

2017-01-21_195255

「サリフィ様は王様と共にあることを

心から望まれたはずです。

サリフィ様が貴方をお待ちしていることを

どうかご自分でお確かめください」

「今は王宮が混乱しているので王様が

不在になっては・・」

と言うアヌビスを制して

「それではここは私にお任せ頂こう。

どうぞ、何なりとご命じください」

と、さらに王様の背を押したのは

ヨルムンガンド隊長でした。

「留守はまかせる!」

そう言うが早いか、聖獣に乗った王様は

空のかなたに飛んで行ってしまいました。

あわよくばサリフィと王様を引き離したい

アヌビスの思惑は、残念ながら

外れてしまいましたね。

「王のお背中を押してくださったこと、

感謝いたします。アミト姫」

王様が行ってしまった城の中でアミト姫は

心密かに想うヨルムガンド隊長に

その勇気をたたえられて

感謝の言葉までもらい、

感激で気絶していました♡

2017-01-21_195332

その頃、イリヤとサリフィは魔族の国でも

下層民視されている、ハイエナ族の

自治区に入り込んでいました。

人間が大好物のハイエナ族たちとイリヤは

すぐに激しい戦いを始めてしまいました。

戦いの最中、ハイエナ族の子供がでてくると、

その子までもイリヤが殺そうとしたので

思わず、サリフィは止めました。

「どうしてあんな子供まで・・・?」

イリヤが魔族を憎んでいることは

よくわかっていましたが、今のイリヤは

サリフィの知っているイリヤとは

違っていました。

「おまえが好きだからだ!サリフィ!!」

小屋の中でサリフィを押し倒したイリヤは

押し殺していた想いをぶつけてきました。

2017-01-21_195743

eoisode.15

「私はイリヤの言葉は受け止められない

・・・今のイリヤの目には、

私は映っていないもの」

サリフィはイリヤに言いました。

「あるのはただ、憎しみだけ」

怖いくらいにイリヤの心は憎しみで

いっぱいでした。

それがサリフィにはたまらなく

悲しかったのです。

王様のことを信じていると言うサリフィに、

イリヤは子供の頃に自分に起こった

恐ろしい出来事を話しました。

彼の目の前で妹のミィシャが魔族に

殺されて食べられてのです。

部屋の外では母親も食い殺されていました。

まだ子供のイリヤはどこまで逃げられるか

まるでゲームのように、賭けの対象にされて

走らされました。

逃げて逃げて逃げて、師匠に拾われて

やっと助かったのです。

そんな彼の前に現れたのが、

幼いサリフィでした。

イリヤの悲しみと憎しみはもはや、

人間の手では止められるものでは

ありませんでした。

eoisode.16

2017-01-21_195805

サリフィの居所をやっと捜しあてた王様は

二人の前に現れました。

そしてイリヤの挑戦を受けたのです。

恐ろしい死闘が繰り広げられ、ほんの一瞬

スキをついてイリヤの剣が王様の腹に

深々と食いこんで行きました。

2017-01-21_201159

イリヤの剣を避けもせず、

腹に受けた王様を見つめ

「なぜだ?」と

聞くイリヤに王様は答えました。

「お前が傷つけばサリフィは悲しむ。

だが、私にもサリフィは必要なのだ」

剣が王様の腹に突き刺さっているのを見た

サリフィは泣きながら駈け寄りました。

「やだよ。死んじゃやだ・・・!」

「落ち着け、魔族はこの程度では死なん」

2017-01-21_201217

サリフィの泣き顔を見て

我に帰ったイリヤは、

子供の頃に

「サリフィを泣かせる奴はやっつけてやる」

と言ったことを思いだしていました。

今、サリフィを泣かせているのは

他ならない自分です。

2017-01-21_201233

「今まで、俺は何をやっていたのだろう」

傍にきたサリフィに抱きしめられて

涙にむせぶイリヤでした。

eoisode.17

王様の腹の傷は

サリフィの聖獣”不死鳥のペンヌ”の力で

治り、大事にはいたりませんでした。

「まだ治まりががつかぬと言うなら

気の済むまで相手をしよう。

サリフィを妃に迎えようというこの私には

その責任がある」

「・・・俺もそこまでバカじゃねぇ・・・

もしもこの先、サリフィを泣かすことが

あったらその時こそ

サリフィを返してもらう!

忘れるなよ、レオンハート」

2017-01-21_201259

修行のやり直しだと言ってイリヤは

人間の国へ帰って行きました。

王宮に帰り、王様のベッドに腰かけて

サリフィはつぶやきました。

「私がもっとイリヤとちゃんと

向き合っていたら・・・」

「もうよい・・・

夜の間は他の男の名は呼ぶな」

2017-01-21_201326

『いくら考えてもいろんな気持ちが

ぐるぐるするだけだけど、

いまこの時だけは ただ眼を閉じよう』

王様の大きな胸に

そっと寄り添うサリフィでした。

ケモ姫と普通の王

王宮に怪しげな輩が侵入して来ました。

「お前らの王を出せ!

俺はそいつに用がある」

捕らえられて牢につながれている

恐ろしげな犬はイリヤという、

サリフィの幼なじみでした。

「サリフィの客ならば、私の客でもある。

出してやれアヌビス」

静かに王様が言うと、

イリヤは凶悪な表情で言いました。

「俺と勝負しろ!」

「いいだろう」

ついに王様とイリヤの

戦いの火蓋は切って落とされました!

「うおおおおおおお!」

叫ぶイリヤに王様はある物をスッと

出したのです。

するとイリヤは投げられたあるものに

バクーっと喰らいつきました。

それはフリスビー!

犬の悲しい条件反射でした(笑)

2017-01-21_201344

感想

お子様だと思っていたサリフィに

降ってわいたような三角関係の

出来事が、ふたりの気持ちを

さらに結びつけることに

なってしまいましたね。

1巻の頃は、いつ死んでもいいし

むしろ早く食べて終わらせて

なんて言ってたサリフィが、

王様のことを好きになって

こんなに生きる気力に

溢れてくるなんて、

変われば変わるものです。

最後の部分などは恋人同士の

イチャイチャであてられて

しまいました(笑)

それにつけても、

アミト姫がかわいいです!

いつかヨルムンガンド隊長と

くっつく時は来るのでしょうか?

そっちの方のお話も

読んでみたいですね(≧▽≦)

書籍情報

【贄姫と獣の王】3巻

スポンサードリンク

【贄姫と獣の王】4巻の発売日予想

【贄姫と獣の王】4巻の発売日は、

1巻が2016年5月、2巻が9月、

そして3巻が1月です。

4か月ごとの発売という単純な計算から

考えると、4巻は5月20日くらいと言うことですね。

また詳しい情報が入り次第

更新していきたいと思います。

【2017年5月19日に発売されました。(追記5月19日)】

こちらをご覧ください

【贄姫と獣の王】4巻ネタバレ内容と感想・5巻発売日予想 ガロア公爵の策略
おげんきですか?うめきちです(^0^) 【贄姫と獣の王】4巻が2017年5月19日にHCコミックスから発売されました。 ...

まとめ

今回の記事は、

◆【贄姫と獣の王】3巻のあらすじと感想

◆【贄姫と獣の王】4巻の発売日予想

以上の紹介でした。

サリフィと王様の心は一つですね~!

試練の合うとだんだん強くなるのが女

というものですが、

次は何が待っているのかドキドキします。

4巻乞うご期待デス!

ではでは(^0^)/

    f392be6e756b5d0af64d848c4db18412本カメバナー
 

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930