映画【四月は君の嘘】ネタバレの内容と感想・キャスト&見どころ/評価

     

2016-09-12_013630

お元気ですか?うめきちです(^0^)

新川直司先生による大人気コミックス

【四月は君の嘘】の実写映画が

2016年9月10日に公開されました。

主演は広瀬すずさんと山崎賢人さん、

監督は新城毅彦氏ということで、

あの切ないラブストーリーをどんなふうに

演じてくれるのか楽しみです。

原作では14歳の中学生ですが、本作では17歳の

高校生の設定になっています。

大きな挫折から音が聞こえなくなった

17歳のピアニスト・有馬公生と

バイオリニストの少女・宮園かをり、

彼らを取り巻く幼なじみの澤部椿や

親友の渡亮太たちが奏でる青春の

カルテットです。

今回の記事は、

・映画【四月は君の嘘】あらすじと感想

・キャストは?

・見所は?

・評価は?

・まとめ

以上の紹介をしていきたいと思います。

(※なお、ネタバレのため、

結末を知りたくない方はご注意くださいね!)

スポンサードリンク

映画【四月は君の嘘】あらすじと感想

Wデートとバイオリンコンクール

有馬公生、澤部椿、渡亮太の3人は

いつも仲の良い幼なじみでした。

ある日、椿はクラスメートの女の子に

、渡が好きなので紹介して欲しいと頼まれて、

椿・公生・渡と女の子の4人で

会うことになりました。

椿に紹介された女の子は『宮園かをり』という

とても元気で自由奔放な少女でした。

Wデートの場所はとある音楽ホールの会場でした。

実はかをりはバイオリニストで

これからこの音楽ホールで開かれるコンクールに

出場することになっていました。

かをりのバイオリンは、

彼女そのままの自由奔放で

全然コンクール向けではないけれど、

とても魅力的な演奏でした。

ヒューマンメトロノーム

有馬公生は子供の頃は正確無比な演奏から

ヒューマンメトロノームというあだ名を

つけられるほどの天才ピアニストでしたが、

厳しかった母親が病気で亡くなった後で

出場したコンクールで突然、音が

聞こえなくなってしまったのでした。

それ以来、ピアノの音だけが聞こえなくなって

演奏することをやめてしまいました。

そんなトラウマを抱える公生にかをりは

「弾けなくても弾けばいいのに・・」

と、明るく言い放つのでした。

伴奏

先日のバイオリンのコンクールの結果は

一次予選通過でした。

二次ではピアノの伴奏が必要だったので、

かをりはためらうことなく、

公生を伴奏者に指名してきました。

いやがる公生に、

椿とふたりでタッグを組んだかをりはついに

伴奏者として会場に連れ出したのです。

2016-09-12_013836

しかし、結果は散々でした。

音が聞こえなくなった公生のピアノと、

かをりのバイオリンは徐々にずれはじめ、

とちゅうで公生は演奏を止めてしまいました。

かをりも中断してしまいましたが

、再び弾き始めたかをりを見た公生も

もう一度ピアノを弾くのでした。

コンクールでは弾き直しは認められませんので、

二人のコンクールはこれでおわりでした。

けれどなぜか入賞者しか出場できないはずの

ガラコンサートへの招待状が来たのです。

かをりはガラコンも公生と演奏することに

決めました。

ガラコンサート

ガラコンでは公生の母親が大好きだった

「愛の悲しみ」を演奏することに決めました。

公生が再びピアノを弾き出したことを知った

瀬戸紘子(公生の母親の親友でピアニスト)は、

母親との確執でピアノに対して

臆病になっている公生の後押しを

してくれました。

2016-09-12_013721

待ちに待ったガラコンの当日、

いくら待ってもかをりは会場に

来ませんでした。

どうしても出場を断念することができない公生は、

自分ひとりで演奏することにしました。

かつて天才ピアニストと言われた

有馬公生のソロ演奏でした。

入院

かをりがガラコンに来れなかったのは、

当日の朝、突然倒れて

入院してしまったからでした。

お見舞いに来た椿たちにかをりは

「貧血だったんだ~」

と、言いましたが、実はもっと重い病気でした。

デート

ある日の放課後、

長い間学校を休んでいたかをりが

学校のすぐ外で公生をまっていました。

制服姿で、「今日から登校したんだ!」と

言いました。

かをりの彼氏の渡を呼んで来ようとする

公生を引き留めて、二人でカフェや買い物に

でかけたのでした。

「まるでデートみたいだね」

と、かをりははしゃいでいます。

2016-09-12_013647

夕方になってもう帰ろうかという時に、

かをりが学校にカバンを忘れてきたと

言い出しました。

夜の学校を探検気分で歩くかをりは

教室の中で、本当はまだ入院していて

今日は外出許可をもらって出てきたのだと

言いました。

実は自分の病気は

けっこう重いということも・・・。

公生に話しながら泣き出したかをりは

教室を飛び出して行き、

廊下で倒れてしまいました。

告白

かをりの病気を知ってしまった公生は

自分の無力さを痛感し、

お見舞いに行けなくなってしまったのです。

そんな公生に渡は

「わかんないことは女の子が教えてくれるよ」と、

言って励ましてくれます。

再びかをりの病室を訪れた公生は、

かをりの要請でかをりを負ぶって屋上に行き、

お見舞いに持ってきたカヌレを二人で食べました。

かをりの大好きなカヌレを食べながら、

公生はかをりに告白しました。

「今度、”東日本ピアノコンクール”に

出ることにしたんだ。

君のおかげで前に進むことができたんだ、

ありがとう。

君が元気になったらまた二人で演奏したいんだ!」

そして

「・・・君が好きです。

君が渡を好きでもぼくは君のことが好きです。」

公生の言葉を聞いたかをりは

「まだ死にたくない、

わたしをひとりにしないで・・・」と、

公生にすがりついて泣き出しました。

2016-09-12_013741

やがて”東日本ピアノコンクール”の日が

やってきました。

実はこの日はかをりの手術の日でもありました。

とても難しい手術で成功率も低いのですが、

生きるために受けたいとかをりは

決心したのです。

公生はかをりや、母親への気持ちをピアノに

思い切りぶつけて最高の演奏をしていました。

あのバイオリンコンクールの日、

生き生きと自由にバイオリンを弾いていた

かをりを思い浮かべながら・・・

すると突然、白いドレス姿のかをりが現れて

一緒に演奏を始めました。

二人の渾身の合奏です!

やがて曲が終わるといつの間にか

かをりは消えてしまいました。

2016-09-12_013704

かをりの手紙

公生は桜の花びらが舞い込む学校の音楽室で

かをりからの手紙を読んでいました。

2016-09-12_013819

『ひとつだけウソをつきました。

君のことが好きです』

長い長い手紙は、かをりの公生への気持ちを

綴った遺書でした。

椿の気持ちを知っていたから渡が好きなフリを

していたけれど、本当は公生が好きだったと。

『届くかな・・届くといいな』

感想

【四月は君の嘘】実に切ない映画でした。

山崎賢人さんも石井杏奈さんも

中川大志さんもスゴクよかったです~。

ただ、広瀬すずさんだけが浮いている感じが

するのは、病気を隠して元気を装うかをりを

演じるための演技だったから

ワザと浮いているようにしたのでしょうか・・。

だとしたらすごいで演技力すね!

ところでこの映画は

「広瀬すずさんのための映画みたいだ」

という声も聞かれていますが、

そんな気がしないでもないですね。

まあヒロインですからね。

全体的に原作に忠実なストーリーでしたが、

公生のピアノのライバルの二人も

登場させてくれたらもっと

おもしろかったのに残念です。

でもそうすると

、前後編にしなくちゃならないくらい

長くなってしまうから無理かも~ですね。

スポンサードリンク

キャストは?

有馬公生 / 山崎賢人さん

宮園かをり / 広瀬すずさん

澤部椿 / 石井杏奈さん

渡亮太 / 中川大志さん

瀬戸紘子 / 板谷由夏さん

有馬早希 / 檀れいさん

監督 / 新城毅彦監督

原作 / 新川直司氏

見どころは?

見どころはやっぱり演奏シーンだと思います。

2時間あまりの映画の中で4回もあった

コンクールやガラコンシーンは、

その演奏の度に公生のピアノが生気を

取り戻していく様子が描かれています。

二人の奏でる音楽が生き生きとからみ合って

キラキラと、まさにセリフにある通り

カラフルになっていくのが見えるようです。

評価は?

私の個人的な評価です。

「女の子が教えてくれるよ」という

セリフがとても良かったです。

演奏シーンがすごく綺麗でもう一回見たいと

思ってしまったので(☆3.4)

差し上げたいと思います。

まとめ

今回の記事は、

・映画【四月は君の嘘】あらすじと感想

・キャストは?

・見所は?

・評価は?

以上の紹介でした。

人気コミックからアニメ、そして実写映画という

素晴らしい発展をみせた作品でした。

コミックスをもう一度

読み返したくなってしまいました。

ではでは(^0^)/

書籍情報

    f392be6e756b5d0af64d848c4db18412本カメバナー
 

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930