ネタバレ感想「今夜、ロマンス劇場で」美雪姫がバルサとかぶって困った!

     

2018-02-27_213444引用元http://wwws.warnerbros.co.jp

お元気ですか?うめきちです(^o^)/

主演に綾瀬はるかさんと坂口健太郎さん、加藤剛さんの語りで綴られる切なくも甘く美しい恋愛映画「今夜、ロマンス劇場で」が2018年2月10日に公開されました。

監督は「テルマエロマエ」や「のだめカンタービレ最終楽章」で知られる武内英樹監督です。

古い映画館「ロマンス劇場」のスクリーンから突然現れた白黒のお姫様、彼女は牧野健司にとって運命の人でした。

しかし姫にはある秘密があるのです。

今回紹介したい映画はこちらです。

「今夜、ロマンス劇場で」

  • 見どころと感想
  • あらすじ
  • キャスト
  • 評価
  • まとめ

(※なお、ネタバレを含みますので、結末を知りたくない方はご注意くださいね!)

スポンサードリンク

「今夜、ロマンス劇場で」

見どころと感想

見どころは導入部の白黒映画で、美雪姫(綾瀬はるか)と動物の三獣士(狸吉(竹中直人)・虎衛門(池田鉄洋)・鳩三郎(酒井敏也))が旅をする話が、映画が娯楽の頂点だった昭和中期の香りたっぷりです。

また北村一輝さん扮する映画俳優・俊藤龍之介は歌ありダンス有りで、北村さん楽しかっただろうなぁと思わずニヤニヤしてしまいました。

そして一番の見どころは何と言っても美雪と健司のガラス越しの熱いキスシーン!

2018-02-28_143528引用元http://wwws.warnerbros.co.jp

それと実に25着という、和製オードリー・ヘップバーンを意識した綾瀬はるかさんの上品な衣装がすてきです。

ラストの加藤剛さんとのシーンは切なすぎて自然と涙がこぼれてしまいました。

それにしても目力も強くて気も強い美雪のしゃべり口調は、つい最近最終回を迎えた「精霊の守り人」のバルサの印象と重なって見えるのです。

まるでお姫様風バルサを見ているようで困ってしまいました(>_<)

✒電子書籍で読んでみたい方はこちらから検索してくださいね↓

あらすじ

映画監督になる夢を抱く青年・牧野健司(坂口健太郎)は古い映画館「ロマンス劇場」で見つけた廃棄処分の印が押された古いモノクロ映画「お転婆姫と三獣士」のお姫様・美雪(綾瀬はるか)に夢中です。

毎日、仕事が終わるとお客が帰った後の誰もいない映画館で何度も何度も繰り返し観ていました。

その日もいつものように「お転婆姫と三獣士」を観ていると突然のカミナリで停電し、再び電気がついた時に健司の目の前にはさっきまでスクリーンの中にいた美雪姫がいました。

しかも白黒のままで!

2018-02-28_143722引用元http://wwws.warnerbros.co.jp

ビックリしている健司の前に立ち、こう言い放ったのです。

「今日からお前は私の僕(しもべ)だ!」

身分が違うのだから気安く触れるなと言う高ビーな美雪ですが、実は秘密がりました。

それは現実世界に来る時の代償で人のぬくもりに触れると消えてしまうのです。

そんな代償を支払ってでも来たかったこの現実世界のカラフルさに、喜びはしゃぐ美雪に健司は一つづつ色を教えていくのでした。

健司の職場を見たいというので仕方なく連れていくと、とんでもないハプニングの連続であちこちで「すみません<(_ _)>」の言いまくりでした。

2018-02-28_143819引用元http://wwws.warnerbros.co.jp

特に俊藤龍之介(北村一輝)の背景セットに落書きした時には冷や汗ものだったし、俊藤のミュージカル映画のセットに本物のダイナマイトが混じってしまい爆発したりと散々だったのですが、なぜかず逆に気にもなるのです。

二人の不思議な同居生活が始まり、やがて次第に惹かれあっていきました。

そして健司は美雪との日々を映画にしたいと思うようになり、脚本を書き始めていました。

それからしばらくして「若手にチャンスを!」という社長の発案で健司たち助監督に映画監督になれるチャンスが訪れたのです。

そして健司の脚本が採用されることになり、映画監督デビューが決まった日に美雪は自分の秘密を告白しました。

好きだから触れたい、でも触ったら美雪は消えてしまう・・・。

残酷な現実に葛藤する健司でした。

そんな折に健司の勤める映画会社の社長令嬢・成瀬塔子(本田翼)が健司に恋をしていることを知った美雪は彼女に健司のことを託して姿を消してしまいました。

いなくなってしまった美雪を見つけた健司は彼女に自分の本当の気持ちを告げました。

「触れ合うことができなくても一緒にいたいんだ!」

病院の一室に入院している老人(加藤剛)が持っていた原稿の内容を聞いた彼の担当の看護師・吉川天音(石橋杏奈)は続きを聞きたいとせがんできました。

2018-02-28_143846引用元http://wwws.warnerbros.co.jp

その原稿は、結局最後まで書くことができなかった健司の脚本でした。

老人は年老いた健司、そして毎日見舞いにやって来る孫娘とは、年をとらない美雪だったのです。

天音に健司はせがまれるままに原稿の続きを書き始めました。

それからしばらく後の雪の降る寒い夜、ひとりでアルバムを見ていた美雪のもとに1本の電話がかかって来ました。

雪の中を急いで病院へ駆けつけた美雪は、酸素マスクをつけられた健司に駈け寄り、

「どうした?起きろ!」

と声をかけます。

うっすらと目を開けた健司は美雪にそっと微笑み、また目を閉じました。

「おまえに触れたい・・抱きしめたい・・」

そう思った美雪は健司の手にそっと触れ、その身体を抱きしめたのです。

「おまえの体は暖かいなあ・・・」

健司の腕も美雪の体をそっと抱きしめます。

そして美雪は消えてしまいました。

次に健司が目を覚ますと若い頃の姿になっていて、どこかのお城の大広間の正面の椅子には白黒の美雪が座っていてやさしく微笑んでいます。

彼女の前へ進みでてそっとキスすると、なんと白黒だった美雪に色が付いてオレンジ色のドレスを着ているのです。

すると次の瞬間、彼女を取り巻くまわりも色がついてカラフルな世界に変わっていくのでした。

✒合わせて読みたい記事↓

 【本能寺ホテル】ネタバレの内容と感想・信長の最後はどう変わる!?

ネタバレ感想「精霊の守り人最終章」第8話 バルサのキス・第9最終話予想

スポンサードリンク

キャスト

  • 美雪姫・・・・綾瀬はるかさん
  • 牧野健司・・・坂口健太郎さん
  • 成瀬塔子・・・本田翼さん
  • 俊藤龍之介・・北村一輝さん
  • 山中伸太郎・・中尾明慶さん
  • 吉川天音・・・石橋杏奈さん
  • 本多正・・・・柄本明さん
  • 病室の老人・・加藤剛さん

  • 監督・・・・・武内英樹監督

評価

私個人の評価です。

切ない恋愛物語なのにバルサばりの気の強さがステキな美雪姫と加藤剛さんに(☆3.8)を差し上げたいと思います。

まとめ

今回はこちらの映画の紹介でした。

「今夜、ロマンス劇場で」

  • 見どころと感想
  • あらすじ
  • キャスト
  • 評価
  • まとめ

綾瀬はるかさんの久々の映画でした。

恋愛映画ということで、短槍ではなく上品なドレス姿が女っぽくてステキでした。

ではでは(^0^)/

✒合わせて読みたい記事↓

 【本能寺ホテル】ネタバレの内容と感想・信長の最後はどう変わる!?

ネタバレ感想「精霊の守り人最終章」第8話 バルサのキス・第9最終話予想

    f392be6e756b5d0af64d848c4db18412本カメバナー
 

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930