【フラウ・ファウスト】3巻ネタバレの内容と感想・4巻発売日予想

     

2016-07-07_231344

引用元amazon.co.jp

お元気ですか?うめきちです(^0^)

ヤマザキコレ先生の

最新作【フラウ・ファウスト】3巻が

2016年7月7日に発売されました。

悪魔メフィストフェレスと

ぱっと見は少女のヨハンナの

ダークなダークなファンタジーです。

ヨハンナ・ファウストは

100年前に悪魔と契約して甦り、

契約により、悪魔メフィストフェレスの

バラバラにされて封じらえた体を

探していました。

メフィストフェレスの右足があるという

情報を得てやって来たある街の教会では

密かに恐ろしいことが行われていました。

はたして、ヨハンナたちは・・・。

と言うことで、今回の記事は

・【フラウ・ファウスト】3巻のあらすじと感想

・4巻の発売日予想

・まとめ

以上の紹介をしたいと思います。

(※なお、ネタバレのため、結末を知りたくない方はご注意くださいね!)

スポンサードリンク

【フラウ・ファウスト】3巻のあらすじと感想

喜劇

教会の主教の妻・アナスタシアは何度も流産し、

心の安定を失っていた時に

教会の前に捨てられていた赤ん坊を

自分の子と思いこみ育てました。

しかし、レアと名付けられたその子供は

成長するにつれて、

自分たち夫婦に似てないと

感じるようになり、ついには

「この子はレアではないわ!

本物のレアはここにはいない!」

アナスタシアは、

レアと自分の命を絶ってしまいました。

ショックのあまり

呆然となった主教の心の隙に

悪魔は契約を持ちかけました。

レアを生き返らせることができると!

そうして甦ったレアは

もう人ではありませんでした。

2016-07-09_235124

悪魔モードになったレアは

悪魔化一歩手前で

ヨハンナと

異端審問官のロレンツの手によって

本来あるべき姿に戻されて

神の世界へと旅立つことに・・。

契約は解消ですね。

その一方でヨハンナたちは

ロレンツオがレアと戦っていたスキに

メフィストフェレスの右足を

まんまと取り戻していました。

まるで火事場泥棒のように

一目散でその場から逃げ去りながら

「逃げるが勝ちだ。

余計な力を使ってたまるか!」

と言うのでした。

彼らの岐路

ロレンツオとヴィートは長い付き合いでした。

それこそ子供の頃からの知り合いです。

子供の頃のロレンツオが子猫の

お墓を作っているところに

偶然通りかかったのです。

その頃のロレンツオは今とは大違いで、

反応は遅いけれど素直な子供でした。

その思い出の場所に呼び出されたヴィートは

そこから見える高い塔に

ロレンツオの妹が捕まっていると

聞かされました。

塔の中にいる妹のアナスタシアは

兄のロレンツオが手を振るだけの

月に一度の合図を見て喜んでいました。

そこへやって来たのは

”オルガおばさま”です。

アナスタシアに何かの仕事を

もってきたようです。

オルガは、異端審問局長で、かつては自らも

異端審問官として現場に立っていた

怖い人なんです。

ヨハンナたちはホムンクルス・二コの

壊れてしまった体を直すために

《学問の都》へ向かっていました。

ニコは元々そこで生まれたのです。

あのころの友

真夜中、《学問の都》と呼ばれる

【交易自由都市アテナ】の門の前で

一行を呼び留めたのは

懐かしい友達のサラでした。

彼女はヨハンナと、

この《学問の都》で共に学び、暮らした

ルームメイトでもあった人形師です。

二コの身体はサラの作品でした。

2016-07-09_235155

サラもまた

100年前から生きていましたが、

その理由は秘密です。

彼女は契約者ではなく、

普通の人間でした。

しかし悪魔のアスに惚れられて

契約を迫られてもいました。

腕のいい人形師だったけれど、

普通の人間だったはずのサラは

いつの間にか

首から下は自ら制作した人形に変わり、

今も昔の姿で生きていました。

それはヨハンナが

一人ではさみしいだろうから

同じだけは生きていてあげよう

という思いからでした。

2016-07-09_235242

忘れられない日々

サラはマリウスに

昔の懐かしい思い出を語りました。

2016-07-09_235302

ヨハンナは大学に入るために自分を男と偽り、

ファウスト博士と名乗っていました。

サラもまた深い事情を抱えていました。

悪魔に魅入られた者同士ルームシェアをし、

うまく暮らしていました。

ファウストとダニエルが5年かかって

研究を重ねてきた実験が成功し、

一つの命が生まれました。

ファウストはこのホムンクルスに

二コと名付けました。

そしてニコが1人でも動けるようにと

サラに人形の身体の制作を依頼しました。

2016-07-09_235330

二コはフラスコの中で

すくすくと育っていきました。

このことは超重大機密でしたが、

どんなに秘密にしても

どこからかやがては漏れていくものです。

いつしか異端審問官に知られてしまうことに!

ファウストとダニエルは

二コと彼女のための身体を抱えて

メフィストフェレスの力を狩りて

命からがら逃げました。

逃げて行く彼らを見送っていたサラは

異端審問官に殺されそうになったところを

悪魔アスに助けられ、

契約はできないけれど

自分はアスを愛しているのだと

自覚したのでした。

そんな思い出話をしていると

向こうからヨハンナが歩いてきます。

そしてまた彼女にまとわりついてきた

新たな悪魔の姿も

見え隠れするのでした。

2016-07-09_235349

以下次巻にてのお楽しみ(^◇^)

書籍情報

感想

ホムンクルスと悪魔と人形師・・

そして異端審問官。

なんだかどんどん

はまっていってしまって怖いです。

あと二つ、

メフィストフェレスの左腕と頭が

全部集まったら

何が起こるのかと思うと

それはそれでちょっと・・・です。

それとあの綺麗な二コの生い立ちが

こんな波乱にとんでいたとはビックリです。

早く直ってほしいと思うのは

私だけではないですよね?

それにしてもヨハンナの学生時代は

かなりカッコよかったですね~

スポンサードリンク

4巻の発売日予想

巻末の予告編に4巻は

2017年初夏の発売予定と書いてありました。

初夏と言っても範囲は広いですからね~

2巻の発売から8ヶ月経って

3巻が出ましたから、

4巻は2017年の5月くらいかなと

予想してみました。

また情報が入り次第更新していきますね。

4巻は6月7日に発売されました。

✒詳しくはこちらもご覧ください

「フラウファウスト」4巻特装版ネタバレ感想ヨハンナの過去・5巻発売日は?
お元気ですか?うめきちです(^0^) ヤマザキコレ先生の最新作【フラウ・ファウスト】4巻が2017年6月7日に発売され...

まとめ

今回の記事は、

・【フラウ・ファウスト】3巻のあらすじと感想

・4巻の発売日予想

以上の紹介でした。

ヨハンナたちを取り巻く冒険の旅は

今後どうなって行くのか

ハラハラドキドキですね。

ケガをするたびに

小さくなっていくヨハンナは

どこまで縮んでいくのか

考えると恐ろしいものがあります。

4巻が楽しみです!

ではでは(^0^)/

f392be6e756b5d0af64d848c4db18412本カメバナー  

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加