「先輩がうざい後輩の話1」鈍さが可愛い二人 ネタバレ感想・2巻発売日

     

2018-05-04_201202

お元気ですか?うめきちです(^o^)/

しろまんた先生の「先輩がうざい後輩の話」1巻が2018年3月28日に一迅社より発売されました。

今、Twitterやpixivで話題沸騰中の、鈍すぎる「先輩×後輩」を題材にしたカワイイ物語です。

1巻は約40ページの描き下しも付いているし、しろまんた先生のキャラが突然出てきたりとかでワクワクしちゃいます!

今回の記事はこのマンガの紹介です。

「先輩がうざい後輩の話」1巻

  • あらすじと感想
  • 2巻の発売日予想
  • まとめ

(※なお、ネタバレを含みますので、結末を知りたくない方は気を付けてくださいね!)

スポンサードリンク

「先輩がうざい後輩の話」1巻

あらすじと感想

あらすじ

とある会社のOL・五十嵐双葉は、自分の教育がかりだった先輩の武田晴海のことがうざくてたまりません。

身体もでかくてジャマだし、声もでかい上にすぐに撫でてくるし、とにかくうざい先輩ですが、双葉が飲み会で絡まれていたりするとすぐに割って入って助けてくれるし、仕事でミスすると一緒に謝ってくれるんです。

しかも双葉がグチりたい時には飲みに連れてってくれるんだけど、双葉のことは子供レベルの意識しかないようでした。

だからお酒が回ってきてうっかり不埒な発言をしても全く気にもしません。

ある日、帰りの電車で双葉が盗撮魔に遭った時なんか、ちかんを背負い投げでやっつけてしまったのですが、お礼を言うとこんな返事が返ってくるのでした。

「紅白帯がなくなるより後輩が傷つけられる方がいやだろ?ま五十嵐も特殊なタイプからは女性として見られるんだな」

こんなセリフをサラッと言ってしまうのは双葉のことを全く女性として見ていないということじゃないですか。

そして双葉の方もずっと年上で自分を中学生のように扱う武田をうざいとしか感じていませんでした。

ところがある時、双葉が風邪をひいて会社を休んだ時にお見舞いに来て看病してくれたり、その逆に武田が風邪をひいた時には、お返しに(恥ずかしいので桜井さんたちには内緒で)お見舞いに行ってご飯を作ってきたりしました。

最初の出会いが最低だったので険悪な始まり方をした二人ですが、毎日顔をつき合わせるうちに双葉の中で『うざい先輩だけどお世話になってるから感謝!』と無意識のうちに微妙な空気になっていくのでした。

巻末のエピソードではどうやら桜井さんは風間くんのことが♡みたいだけどこれも「天邪鬼とにぶい男」で、こっちの方も見逃せませんね(*´▽`*)

✒電子書籍で読みたい方はこちらから検索してくださいね↓

感想

双葉がめちゃくちゃかわいいです(≧▽≦)

武田もまるで兄か父親の気分なところがにぶくて、こんな二人をずっと見ている桜いと風間は毎日がたのしいんじゃないかとちょっとうらやましいかも・・・。

この先も二人の関係はなかなか進展しないかもしれませんが、そのじゃれ合いエピソードにこっちはニヤニヤ、キュンキュンさせられて、もうたまりません♡

時折出てくる作者キャラがさりげなくうざくていいし、

「早く続きが読みたい~!」と悶えてしまいそうですよ(笑)

スポンサードリンク

2巻の発売日予想

「先輩がうざい後輩の話」2巻の発売予定はまだ未定のようです。

詳しい情報が入り次第更新していきたいと思います。

※「先輩がうざい後輩の話」2巻は2018年9月10日に発売されました!

まとめ

今回の記事はこのマンガの紹介でした。

「先輩がうざい後輩の話」1巻

  • あらすじと感想
  • 2巻の発売日予想

カワイすぎる双葉ちゃんにメロメロです。

このふたりの今後がとっても気になりますね!

早く続きが読みたいです♡

ではでは(^0^)/

✒書籍情報↓Amazon

    f392be6e756b5d0af64d848c4db18412本カメバナー
 

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930