精霊の守り人シーズンⅡ第3話ネタバレ感想 綾瀬はるかのアクションに注目!

     

おげんきですか?うめきちです(^0^)

『精霊の守り人Ⅱ悲しき破壊神』第3話「光の力」が2017年2月4日に放送されました。

2017-02-04_220149

引用元http://www.nhk.or.jp/moribito/

アスラを連れて追手から逃げるバルサ。

二人をつけ狙うのはロタ国の陰の呪術師「カシャル」

アスラに宿る神様とはいったい何なのだろう?

一方、タルシュ帝国に捕らえられ、捕虜となったチャグム皇太子の命運は!?

書籍情報

今回の記事は、

◆注目すべきは綾瀬はるかのアクション!

◆『精霊の守り人Ⅱ悲しき破壊神』第3話「光の力」のあらすじと感想

◆『精霊の守り人Ⅱ悲しき破壊神』第4話のあらすじ予想

◆まとめ

以上の紹介をしていきたいと思います。

(※なお、ネタバレを含みますから、結末を知りたくない方はご注意くださいね!)

スポンサードリンク

注目すべきは綾瀬はるかのアクション!

今回第3話「光の力」では今までにも増して綾瀬はるかさんの激しいアクションシーンが冴えわたりました。

次々と繰り出される荒業に負けることなく反撃していく綾瀬さんはまるでプロのスタントマン顔負けです。

今回のバルサと戦うカシャルたちをやるのは日本一のアクションスターを決める「ジャパンアクションアワード」で昨年のベストアクション男優を受賞したアクション俳優の”三元雅芸さん”と、アクロバッティックな動きの体術「パルクール」の使い手”田中兄弟”です。

参考元http://www.tvlife.jp/

また、2本の短剣を武器とするシハナとの戦いなど、新しい武器を持つ強敵とどう戦うかがバルサ自身の課題でしたから、シハナ役の真木さんとは撮影の合間にも何度も動きを合わせて確認したと語っていました。

参考元 精霊の守り人Ⅱ悲しき破壊神完全ドラマガイド

吊り橋の上や、馬上での戦いなどのそんじょそこらの女優さんでは真似できないアクションてんこ盛りな『精霊の守り人Ⅱ悲しき破壊神』でのバルサにドキドキです!

書籍情報

『精霊の守り人Ⅱ悲しき破壊神』第3話「光の力」のあらすじと感想

タルの神様

2017-02-04_220023

引用元http://www.nhk.or.jp/moribito/

バルサはアスラと二人、追手から逃れて遊牧民の村に身を潜めていました。

アスラにタルの神様とは何なのか、どこで出会ったのか聞いてみました。

アスラはお母さんが招いたのだと言いました。

アスラの母親トリーシャは入ってはいけない禁断の場所にアスラを連れてきました。

そこはタルの神『タルハマヤ』のお墓だったのです。

そこでアスラは光り輝く「ヤドリギの輪」を神様から受け取り、不思議な力を宿したのでした。

アスラの胸には生まれつき、ヤドリギの形の痣がありました。

これがタルハマヤの生まれ変わりの印ということなのでしょうか。

休む暇もなく、バルサたち居場所はすぐにつきとめられてシハナの一味が襲ってきました。

恐ろしい死闘の末、追手たちから逃れて再び逃亡の旅に出た二人は国境の街「四路街」を目指すことにしました。

2017-02-04_220041

引用元http://www.nhk.or.jp/moribito/

四路街へ・・・アスラの笑顔

四路街にはバルサの古い知り合いの”マーサ”という衣装店主がいます。

マーサの店にやって来たバルサを見て昔なじみのマーサは大歓迎してくれました。

マーサの優しく暖かい気使いでささくれていたアスラの心は次第にほぐれていくようでした。

怪我のため、丸一日眠りこんでいたバルサは目が覚めた時に、アスラの明るい笑い声を聞いて『アスラもこんな顔をするんだな・・』

マーサや街の人たちに囲まれて笑うアスラの楽しそうな顔をみてホッとするのでした。

2017-02-04_220056

引用元http://www.nhk.or.jp/moribito/

その一方で、スファルとシハナに捕まっているタンダとチキサは、バルサたちの居所を問い詰められていました。

スファル親子の巧みな説得で、タンダはバルサの立ち寄りそうなところを話していまいました。

やがてバルサの所に一通の手紙が届けられました。

そこには

『建国の義の朝、ロタ祭儀場の門をくぐれ。現れねばタンダとチキサの命は消える』

と書かれていました。

シハナは父親のスファルをも裏切って独自に行動を起こしたのでした。

2017-02-04_220110

引用元http://www.nhk.or.jp/moribito/

チャグムの決心

2017-02-05_001721

タルシュ帝国に捕らえられたチャグムは兵士たちに紛れて捕虜の一人になっていました。

祖父の海軍大提督トーサをむざむざ死に追いやったのは自分がのせいだと、自分のことを責めて食事もほとんど食べてはいませんでした。

そんなチャグムを見ていた護衛のジンは諌めるように言いました。

「精霊の卵を宿し、魔物のいる水源に飛び込んだあなたはただの子供ではないと思いましたが、今のあなたはあの頃よりも子供だ。そんなあなたを見ていると皆も生きる気力を無くしましょう!」

ジンの厳しい言葉に、祖父トーサの遺言を思いだしたチャグムは

「皆、すまなかった。許してくれ。どんな目に会おうとも一緒に生き抜こう!!」

と、仲間たちに誓うのでした。

国王の心

新ヨゴ国国王はチャグム皇太子が捕虜になったという知らせを聞きましたが、

案ずるな。皇太子が討ち死にしたと聞けば、かえってタルシュ憎しと民の心は一つになろう・・これ以上の戦備えはあるまい」

そう言って、第二王子のトゥグムを皇太子にするつもりのようでした。

2017-02-05_001735

その頃、仲間たちの間で眠っているチャグムの命を狙う魔の手が襲いかかっていたのでした。

それは新ヨゴ国国王の差仕向けた「狩人」の一人です。

チャグム危うし!!

感想

今回も凄いアクションシーンの連続でしたね。

綾瀬はるかさんの戦う場面での目の動きや体の俊敏さのは驚かされました。

映像マジックもあると思いますが、まるでスタントマンみたいですね。

二人が頼って行った四路街のマーサ(渡辺えりさん)が愛情いっぱいでとてもいい人ですね~!

マーサはジグロが好きだったそうですが、

ジグロとマーサが夫婦になってたらバルサもこんな稼業をしなくてもよかったんだろうと有り得ないことを考えてしまいましたが、『ジグロ♡マーサ』はやっぱり想像できませんねぇ・・・(T_T)

それにしても新ヨゴ国国王の愛情の無さには悲しささえ感じます。

この頑なな国王役の藤原竜也さんの目が悲しそうに見えて切ないかぎりです。

自らを神の化身と信じる保守派の国王と、革新派の皇太子。

これからの展開がワクワクしますね!

『精霊の守り人Ⅱ悲しき破壊神』はまるで、TVではなく映画を観ているようなスケールの大きさで、これはもうスクリーンの大画面で見なければもったいないと思うのは私だけではないと思います。

書籍情報

『精霊の守り人Ⅱ悲しき破壊神』原作「神の守り人 上巻」

『精霊の守り人Ⅱ悲しき破壊神』原作「神の守り人 下巻」

スポンサードリンク

『精霊の守り人Ⅱ悲しき破壊神』第4話のあらすじ予想

チャグムはタルシュの虜囚小屋から脱出を図り、漁船に乗りこんで浜から離れようとしたところをサンガル兵の投げた銛が当たって大ケガしてしまいます。

意識を失ったチャグムが目を覚ましたところはなんと、海賊船の中でした。

マーサの所でひと時の平穏な時間を過ごしたバルサとアスラは捕らえられているタンダたちを救うために祭儀場へと向かいますが・・・。

バルサとチャグム、双方でそれぞれに進行していく物語ですが、いつ交差するのか、それともシーズンⅡでは出会うことはないのか今後の展開が目が離せません!

まとめ

今回の記事は

◆注目すべきは綾瀬はるかのアクション!

◆『精霊の守り人Ⅱ悲しき破壊神』第3話「光の力」のあらすじと感想

◆『精霊の守り人Ⅱ悲しき破壊神』第4話のあらすじ予想

以上の紹介でした。

ドキドキワクワクの第3話でした。

来週が楽しみ過ぎて待ちどうしいかぎりです。

ではで

    f392be6e756b5d0af64d848c4db18412本カメバナー
 

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930