【はたらく細胞】4巻ネタバレ内容と感想・5巻発売日予想/赤血球の新人教育

     

2016-12-07_221706

おげんきですか?うめきちです(^0^)

清水茜先生の最新作【はたらく細胞】4巻が

2016年11月30日に発売されました。

人間の身体には60億個の細胞がありますが、

これらの細胞を擬人化して彼らの働きや関係性を

わかり易く描いたマンガです。

4巻では、ダメダメ赤血球が先輩になり、

新人教育をすることになりました。

美人だけど頭の固い新人赤血球を現場で

どうやって指導していくのか見ものです!

(4巻は「アクリルキーホルダー付き特装版

(¥1620)」も出ていますから、

欲しい方はそちらを購入されると

いいかも(^_-)-☆。)

今回の記事は、

◆【はたらく細胞】4巻のあらすじと感想

◆【はたらく細胞】5巻の発売日予想

◆まとめ

以上の紹介をしていきたいと思います。

(※なお、ネタバレのため、

結末を知りたくない方はご注意くださいね!)

スポンサードリンク

【はたらく細胞】4巻のあらすじと感想

15話】黄色ブドウ球菌

今日も今日とて、身体の中では60億個の細胞たちと、

細菌やウイルスたちとの熾烈な戦いが

繰り広げられています。

今も、不気味な細菌が

赤血球さんの運搬している酸素を狙って

襲いかかって来ています。

赤血球さん、危うし!!

あわやというところで助けに来てくれたのは、

ガスマスクを着けて全身を防護服で覆った

ものものしい出で立ちの人です。

赤血球さんは彼らに見覚えがありませんでした。

白血球さんに聞いてみると「単球さん」だと

教えてくれました。

血管担当の免疫細胞なのだそうです。

のんびり話ながら歩いていると、

今度は黄色ブドウ球菌が現れました。

彼らは鼻腔を占拠しようとしています。

赤血球さんと白血球さんは今、

鼻腔に来ているみたいですね。

白血球さんがやっつけに行くと、黄色ブドウ球菌は

何体かが合体して大型でパワーアップした

黄色ブドウ球菌に変身したのです!

白血球さんたちが苦戦していると、

また単球さんたちが助けに駆け付けてくれました。

「あらやだ、ここから血管の外なのね♡キャッ!」

単球さんたちは

いそいそと衣装替えを始めました。

現れたのはマクロファージのお姉さまたちでした。

(骨髄で作られた単球は

血管外に出るとマクロファージに変身します)

2016-12-08_225448

マクロファージのお姉さまたちはものすごく強くて、

たとえパワーアップした黄色ブドウ球菌と言えども

一撃の下にやっつけてしまいました。

赤血球さんが驚いていると、お姉さまは

「乙女にはヒミツの1つや2つあるものよ♡」

保育士であり、掃除屋でのあり、殺し屋でもある

不思議な方たちなのです

16話】デング熱

2016-12-08_225509

表皮付近で有害物質の反応を見つけた

マスト細胞さんがヒスタミンの放出をしました。

いきなり天井からヒスタミンを浴びせられて

みんなは大慌てです。

もらったばかりの食糧(栄養素)もビショビショに

なってしまいました。

「過剰反応するな!!ヒステリー細胞!!」

大迷惑だとばかりにみんなが抗議に来ると、

そのセリフに怒り狂ったマスト細胞さんは

怒りだして手が付けられません。

『ヒステリー』は彼女の地雷源です。

2016-12-08_225527

と、その時です。

プーンという妙な音がしてきたと思っていたら、

突然、天井を2本の鋸のようなもので

穴を開けられて穴から何かが放出されるとすぐに、

フラフラになった赤血球たちは天井の穴に

吸い込まれて行きました。

一緒にさらわれそうになった赤血球さんを

助けてくれたのは

樹状細胞の一種のランゲルハンス細胞さんです。

『べちっ!』という音と共にのこぎりも穴も

消えてしまいました。

どうやら蚊に刺されたみたいですね。

2016-12-08_225544

後には変な天狗のお面が残されていました。

天狗のお面を拾ったランゲルハンス細胞さんが

お面に取り憑かれて暴れ出しました!

ウイルス感染細胞となってしまったのです。

2016-12-08_225601

再び強烈な反応を感じたマスト細胞さんは

急いでヒスタミンを放出しようとして、

また迷惑だと言われるかもしれないと

躊躇してしまうのでした。

しかしモニターから見える細胞たちの様子は

尋常ではなく、助けを呼ぶ声が聞こえます。

好塩基球の言葉に背中を押され、

自分の存在理由を示すために

ヒスタミンのスイッチを押しました。

「アタシの仕事を黙って見てらっしゃい!!」

ヒスタミンに反応して拡張された血管を通って

猛スピードで走って来るのは白血球さんです。

駆け付けた免疫細胞たちによって

間一髪のところで危機は免れました。

今回の事件は蚊に吸血された際に

「デングウイルス」が体内に侵入して

引き起こされたものでした。

細胞さんたちはマスト細胞さんのおかげで

助かったことに感謝して

「ヒステリー細胞とか言ってごめん」

と謝りました。

思わずマスト細胞さんも「アタシこそ・・・」

そう言いかけて、

なぜ自分も謝らなければいけないのかと

気づいたマスト細胞さんはまた突然怒り出しました。

やっぱりヒステリーです。

17話】出血性ショック(前編)

赤血球さんはずいぶん仕事に慣れてきて

毎日がんばって働いています。

そこで、先輩は彼女に新人の教育係りを頼みました。

2016-12-08_225626

後輩ちゃんはとても落ち着いていて

しっかりした知識もあり、

まるでこの人の方が先輩みたいです。

何を教えたらいいのか困ってしまう赤血球さんでした。

取り敢えず気を取り直して、

循環しながら案内しようと

リフトに二人で乗りました。

すると白血球さんが細菌と戦っている所を

通りかかりました。

優しく手親切な友達の白血球さんを

紹介しようとするのですが、

仕事中の白血球さんは血まみれで

優しいとか親切とかからはほど遠く、

後輩ちゃんにドン引かれてしまいました。

常に絶え間なく大勢の新たな血球たちが

生まれてきては働く。

これが、血管内の日常のはずでした・・・

このときまでは。

2016-12-08_225642

突然、爆発が起こりました。

何が起こったのかわかりません。

とにかく上からの命令に従って体の中心部へと

みんな押し寄せて行きます。

緊急事態です。

『生命に関わるレベルのダメージを確認!』

『頭部付近の組織・血管が

激しく損傷しています!』

どうやらこの体は頭に大きなケガをしたようです。

うろたえる後輩ちゃんに

「行くよ!とにかく今は酸素を運ぶよ!」

いきなりキリっとなる赤血球さんでした。

傷口ができれば細菌も侵入してきます。

白血球さんは細菌と戦うために傷口の近くまで

きたのですが、

そこにいるはずの血球達が誰もいないのです。

『緊急事態ーーー出血により、血球の対外流出が

深刻化しています!!』

体内放送が叫んでいます。

18話】出血性ショック(後編)

血球たちを探していた白血球さんが

細胞さんに聞いた話では、

多くの血球たちが傷口へ向かって

吸いこまれるように飛ばされていったと

いうことです。

2016-12-08_225905

出血は今もなお続いています。

生きて行くために不可欠な酸素を体中にめぐらせる

赤血球がいないのです。

「そのうち体中が冷たくなってやがて

死んでいくはず・・この体はもう終わりなんだよ!!」

赤血球さんたちは必死で酸素を運んでいました。

でも、運搬する赤血球がが足りません。

あっちでもこっちでも、この緊急事態で大変なことに

なっています。

このままではいずれこの体はもたないかも・・・。

体温が下がって、風吹が吹き荒れる雪の中を

酸素を担いで歩いていきますが、

後輩ちゃんが挫けてしまいました。

2016-12-08_225926

全体の様子から考えれば、今、起こっているのは

「出血性ショック死」の前兆です。

「もうこの体はダメなんです!!」

絶望した後輩ちゃんに赤血球さんは言いました。

「私は最後まで酸素を運ぶよ!

それが私の仕事なんだから」

2016-12-08_225944

やがて血圧低下で赤血球さんは倒れてしまいました。

雪の中で赤血球さんが諦めかけたときに、

まぶしくて暖かい光がさしてきました。

「でえじょぶか・・・?」

眉毛の太い赤血球が覗き込んできました。

2016-12-08_230006

周りを見れば赤血球が大勢います。

うじゃうじゃいます。

そして、なんだか訛っているし、

制服もデザインが若干違っています。

どこからともなく現れたこの赤血球たちは

あっという間に体の隅々まで酸素を行き渡らせて

くれました。

おかげで出血性ショックの危機は回避されて

助かりました。

実は彼らは輸血されてきた血液だったのです。

一段落ついたところで、後輩ちゃんが怖い顔で

赤血球さんの所へやって来ました。

そして、

「仕事のほんとうの意味が分かりました。

ありがとうございます!」

と、言ってくれたのです。

19話】パイエル板

赤血球さんと白血球さんは新しく仲間になった

輸血組の赤血球たちに体の中を案内していました。

小腸までやってくると

そこはキラーT細胞が守っています。

キラーT細胞さんは白血球さんがキライです。

2016-12-08_230027

キラーT細胞がなんだかんだと文句をつけていると、

カンピロバクターが攻めてきました。

しかも腸管上皮細胞くんを人質にしています。

彼らの要求は

「カンピロバクターの住みやすい

腸内環境にすること」

2016-12-08_230042

カンピロバクターの要求を飲んだせいで

パワーを弱らせてしまった白血球さんたちは、

ついに丸太のように倒れてしまいました。

腸管上皮細胞くんは自分が助かりたいために、

守りの手薄な場所をカンピロバクターに

教えてしまいました。

もう、絶体絶命です!

大喜びでカンピロバクターが飛び込んだ所は

栄養分がたっぷりと蓄えられている

素晴らしい場所でした。

2016-12-08_230114

「いらっしゃい。なんにします?お客さん」

マスター風の細胞が歓迎してくれています。

カンピロバクターがうれしそうに手をのばすと、

ご馳走の入った入れ物の中から出てきたのは

白血球さんたちでした。

実はここはカンピロバクターなどの

細菌やウイルスを補足する「M細胞たち」が

経営するパイエル板というカフェでした。

白血球さんたちと腸管上皮細胞くんの

連係プレイによって

カンピロバクターをおびき寄せる、

巧みな罠だったのです。

感想

今日も細胞さんたちは元気に活躍しています♡

4巻も面白かったですね。

擬人化して考えるとそれぞれの働きや、

存在理由が良くわかりますね!

それにしても、細胞さんたちの仕事って

すごいですねぇ(^◇^)

感心しちゃいますよ!

筋肉バカのように描かれている

白血球さんの作戦が

面白かったですね。

丸太のように倒れていたのが、

実はM細胞への合図とは

恐れ入りました(笑)

2016-12-08_230101

ところで、輸血されてきた赤血球が

【巨人の星】の星飛馬にそっくりだと

思ったのは私だけでしょうか?(笑)

書籍情報

【はたらく細胞】4巻

スポンサードリンク

【はたらく細胞】5巻の発売日予想

【はたらく細胞】5巻の発売日予想は

2017年5月~6月ではないかと思います。

一部の情報では5月下旬辺りと言う噂もあります。

また新しい情報が入り次第更新して行きたい

と思います。

【2017年5月23日という情報がありました。(追記3月4日)】

2017年8月9日に発売されました。

→【はたらく細胞】5巻 ネタバレ感想 乳酸菌と普通の細胞・6巻発売日予想

まとめ

今回の記事は、

◆【はたらく細胞】4巻のあらすじと感想

◆【はたらく細胞】5巻の発売日予想

以上の紹介でした。

今回も大活躍でした。

てか、毎日、今も私の身体の中でも

がんばってくれているんですね~!

細胞さん、ありがとうございます!

ではでは(^0^)/

f392be6e756b5d0af64d848c4db18412本カメバナー  

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加