「セシルの女王」2巻ネタバレ感想 泣かない赤ん坊エリザベス・3巻発売日

     

スクリーンショット 2022-08-26 165021引用元https://www.amazon.co.jp/

お元気ですか?うめきちです(^o^)/

 

『あさひなぐ』で話題をさらったこざき亜衣先生の最新歴史コミック「セシルの女王」2巻がビッグコミックスより2022年7月29日に発売されました。

「ベルサイユのばら」の池田理代子先生推薦!というお墨付きの歴史ドラマの開幕です!

  • アン・ブーリンが産んだエリザベスは赤ん坊なのに泣かないし睨みつけてくるような子供だった。
  • ヘンリー8世は男児を産めとアンに強要し、エリザベスのために王妃でいるために苦しみに耐えるアン。
  • 一方、王宮を去ってケンブリッジ大学に進学したウイリアム・セシルはプロテスタントとカトリックの板挟みで苦しむ中、司祭ジョン・フィッシャーが捕らえれてロンドン塔に送らてしまう!

そこで今回は「セシルの女王」2巻のあらすじや感想、3巻の発売日の紹介したいと思います。

「セシルの女王」2巻

  • あらすじと感想
  • 「セシルの女王」3巻の発売日は!?
  • 「セシルの女王」2巻を無料で読む方法
  • まとめ

(※なお、ネタバレを含みますので、結末を知りたくない方はご注意くださいね!)

スポンサードリンク

「セシルの女王」2巻

あらすじと感想

アン・ブーリンの苦しみ

アン・ブーリンが産んだエリザベスは赤ん坊なのに泣かないし、逆に睨みつけてくるような子だと侍女たちの間では密かに恐れられていました。

出産後、次こそは男児を産めとアンに強要するヘンリー8世は、エリザベスが生まれてからタダの1度も母子を会わせず、アンもまた侍女のジェーンがヘンリー8世の子を産む前に必ず自分が男児を産むのだと弱った身体にムチ打ち苦しみに耐えていました。

別れと約束

ウイリアムの父親のリチャード・セシルは息子がアン・ブーリンに傾倒し過ぎていることを不安に感じ、スタンフォードに帰るように言いますが・・・。

どうしても言うことを聞かない息子の身を案じてアンからスタンフォードに帰るようにと言ってもらうという手を使い、会いに来たウイリアムは『エリザベスが殺されないために』絶対に男の子産むというアンの気迫に打たれ、勉強して必ず戻ってくると約束したのでした。

スタンフォードに帰る前日にクロムウェルに挨拶に行ったウイリアムは、ロンドンの街に連れて行かれてクロムウェルが何のために政治家になったのかを聞かされたのです。

「20年後、政君は治家になって何をしたい?」と聞かれたウイリアムは・・・。

ケンブリッジ大学

スタンフォードに戻ってきたウイリアムはケンブリッジで学ぶことになりますが、ウイリアムのことを心配した父親は彼の見張りとしてラルフ(敬虔なカトリック)も一緒に大学に行くようにと言いました。

晴れてケンブリッジ大学に進学したウイリアム・セシルとラルフは入学早々プロテスタントでここのフェローのジョン・チークと知り合い、またカトリックの司祭ジョン・フィッシャーからも様々なことを学んでいつしかプロテスタントとカトリックの間で自分はどうあるべきか苦しむようになっていったのです。

司祭ジョン・フィッシャー逮捕!

そんなある日、修道院に隠し財産があるのではないかという疑いをかけられ、ウイリアムたちが駆けつけている間に司祭ジョン・フィッシャーが捕らえられてロンドン塔に収監されるという事件が起きました。

本当の狙いはフィッシャー司祭だったのです。

フィッシャー司祭を助けるためにウイリアムはジョン・チークと共にクロムウェルに会いにグリニッジ宮殿に行くことにしましたが・・・。

スポンサードリンク

 第一印象は「全然可愛くない赤ん坊!」なエリザベスですが、ホントに可愛くないです子でしたね。

目つきの悪さで侍女たちを硬直させてるシーンは逆に笑えちゃいましたけどね。

(2巻の2才児エリザベス↓)

スクリーンショット 2022-08-26 211835

(1巻冒頭の戴冠式のエリザベス↓)

スクリーンショット 2022-08-26 211559
どうやったらここまで美しく成長できるのだろう?

「セシルの女王」3巻の発売日は!?

「セシルの女王」3巻は2022年12月28日に発売です。

「セシルの女王」2巻を無料で読む方法

どうなっていくのかとドキドキしますが、文章で読むより画があるほうが格段に面白いのは請け合いです!

☟詳しくはこちらをご覧くださいね☟

「セシルの女王」2巻を電子書籍で無料試し読みする方法・あらすじ・3巻発売日情報
引用元 お元気ですか?うめきちです(^0^) 『あさひなぐ』で話題をさらったこざき亜衣先生の最新歴史コミック「セ...

まとめ

今回は「セシルの女王」2巻のあらすじや感想、3巻の発売日の紹介でした。

赤ん坊なのに泣かないし睨みつけてくるようなエリザベス。
エリザベスのために男児を産まねばと苦しみに耐え続けるるアン。
プロテスタントとカトリックの板挟みで苦しむウイリアム・セシル。

いつの世のも王様は世継ぎに固執する困ったちゃんですが、ヘンリー8世は抜きん出た困ったやつです!

ではでは\(^o^)/

✒合わせて読みたい

✒書籍情報↓Amazon

✒楽天での検索はこちらから↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

セシルの女王(2) (ビッグ コミックス) [ こざき 亜衣 ]
価格:715円(税込、送料無料) (2022/8/26時点)


楽天で購入


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加