「八雲立つ 灼」第15話(犬神の嫁・中編)ネタバレ感想・七地ロックオン

     

コメント 2020-08-27 135254

お元気ですか?うめきちです(^o^)/

2020年8月28日発売メロディ10月号に掲載された「八雲立つ 灼」第15話「犬神の嫁(中編)」をさっそく読んでみました。

今回もけっこう怖かったです(@_@;)

  • 犬神筋の家・梅園家で犬神に襲われそうになり、仕方なく祝詞を唱えて追っ払う闇己。
  • 彼の力と裕福な実家に目をつけた梅園家の女たちがロックオンしたのは七地!
  • 一方、孤独に苛まれる市哉が呼んだのは闇の中に光る目だった。

ちなみに「八雲立つ灼」3巻も発売されています。

ということで、今回はメロディ10月号に掲載された「八雲立つ 灼」第15話「犬神の嫁(中編)」を紹介したいと思います。

「八雲立つ 灼」第15話「犬神の嫁(中編)」

  • あらすじと感想
  • この続きはいつ読める?
  • メロディ10月号に検索はこちら
  • まとめ

(※ネタバレを含みますので、結末を知りたくない方はご注意くださいね!)

スポンサードリンク

「八雲立つ 灼」第15話「犬神の嫁(中編)」

あらすじと感想

犬神筋の家

天井から聞こえるドタドタドタドドドという大きな音と、飛んできた黒い影の中から現れた赤と黒のマダラのイタチかテンのようにも見える「犬神」の姿!

初めてそれを見た七地は、その不気味さにおののき、梅園家の連中は「食われる!怖いィ」と震えるばかりです。

仕方なく闇己は祝詞を唱えて犬神たちを追っ払いました。

闇己の力に驚く梅園家。

けれどそれも一時的なものに過ぎず、憑きもの筋は闇己にとっても厄介な分野でした。

「梅園さん これを。父からです」

そう言って差し出したのは神渡剣の譲渡のために用意した金額の書いてない小切手です。

「どうぞそこに好きな金額を書いてください」

中学生の闇己の言葉を聞いて最初は驚いた梅園家ですが、それならばと一千万円と記入してきました。

その数字を見ても「なるほど」と言うだけで平然としている闇己に、もしかしたら自分を助けてくれるかもしれないと小さな希望感じるつばきですが・・・。

市哉の素の顔

その時、七地はふと隣に座っている市哉を見ると、普段の人を喰ったような態度の彼からは想像できないほどの不機嫌な表情です。

七地に気づいて市哉はすぐにいつもの顔に戻ってしまいましたが、『今のアレが本当なんじゃないのか?蘇島くんが初めて出したサインかもしれない!』と、教師としてまたもやおせっかいの芽が吹き出してくる七地でした。

市哉から闇己のことを出雲の旧家で巫女筋の大地主でそうとうな金持ちだと聞かされた梅園家はさっそく二人の娘に離婚してあの家と縁を結べと命じます。

でも今回、ロックオンされてしまったのは年齢的にも丁度いい七地の方です。

「私がいくわ」と、話に乗ったのは、次女の梓でした。

「いい加減にしてよ!!アレのために何度も結婚するなんて!!あの子の家に頼めない?」と、つばきは怒りますが、母親は「所詮一時しのぎよ」と、梅園家は何百年も何度も何度も除霊してきたけれど犬神を払うことができないのだと言います。

「犬神筋は女系をたどり、母から娘へと伝わる あんたも15になればこの筋を継ぐことになる。その代償としてどんな男でも狂わせる色香を手に入れるのよ・・・あきらめて」

まーくん

一方、東京へ帰る車の中では闇己たちも犬神筋の話をし、闇己が市哉に「おまえ、あの家に引き取られなくて幸運だったぜ」と言うと、複雑な表情を見せる市哉ですが・・・。

マンションに一人戻った市哉は、闇己の言葉に激しく怒って大声で泣き叫びました。

そして「まーくん!!なんでいないんだよ!!」と、誰かに向かって叫びました。

すると・・『いるよ ずっと いたよ  ずっといたけど君が気づけなかっただけ』と、暗闇の中に光る目がささやき、それを見つけた市哉は安心したように、

「まーくんだけは 僕を嫌いにならないで・・・!!」とつぶやくのでした。

暗闇の中からは『好きだよ 君が大事だ』というささやきが・・・。

標的は七地

同じ頃、七地のマンションでは「梅園家の女が近づいてきても無視しろよ」と七地が警告されていました。

そしてな闇己の力になんとしてもすがりたいつばきは、蘇島家に電話して市哉の番号を聞き出したのです。

学校でいつものように部活を終えた七地は職員室でお客が来ていると呼び止められ、誰かと思ったら”梅園梓”だったのです!

『きたーーーー!!!』思わず心のなかで叫んでしまう七地でした。

一方、マンションに帰る道すがら、市哉のことがどうしてこんなにもイラつくのかと考えていた闇己は、市哉の言い回しや仕草など何もかもが、真前を思い出させる事に気づいたのです。

維布谷の禁域で念とともに消えてしまった実の父親です!

と、その時、道路の向こうの歩道にはつばきが立っていました。

スポンサードリンク

うわ~~~~やっぱり出てきましたね!真前のおっさん!

絶対に市哉関係で何かあると思ってました。

市哉に生まれ変わったのかと思ってましたが、それどころじゃなかったですね。

アレはもはやボス念としか言えない闇の存在です!

この先はきっと闇己との一騎打ちがあると思うと、またあの悲劇が繰り返されないように祈るばかりです。

この続きはいつ読める?

この物語の続き「八雲立つ 灼」16話は、2020年10月28日発売の「メロディ12月号」掲載されます。

2ヶ月先か・・・わかっちゃいるけど長いですね(◎_◎;)

メロディ10月号に検索はこちら

✒書籍情報↓Amazon

✒楽天での検索はこちらから↓

まとめ

今回はメロディ10月号に掲載された「八雲立つ 灼」第15話「犬神の嫁(中編)」の紹介でした。

梅園家の女達・・・ヌラヌラヌラヌラヌラヌラ・・・色気過ぎてキボチワルイ。

ではでは\(^o^)/

✒合わせて読みたい

✒書籍情報↓Amazon

✒楽天での検索はこちらから↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

八雲立つ 灼 3 (花とゆめコミックス) [ 樹なつみ ]
価格:660円(税込、送料無料) (2019/12/5時点)


楽天で購入


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加