広瀬すず【ちはやふる】前編・ネタバレの内容と感想&キャストや評価

     

2016-03-19_231517

引用元http://chihayafuru-movie.com/

お元気ですか?うめきちです(^0^)

2016年3月19日に映画【ちはやふる】前編(上の句)が公開されました。

末次由紀先生の原作まんがで、2009年第2回マンガ大賞受賞、2010年「このマンガがすごい!オンナ編」第1位など各賞を総なめにして、コミックス発行部数1600万部突破の大人気マンガで、すでにアニメ化もされています。

今回その超人気コミックスが実写映画化となりました。

監督は【映画海街diary】や【彼女は嘘を愛しすぎてる】の小泉徳宏監督、主演・綾瀬千早役に広瀬すずさん、綿谷新役に真剣佑さん、真島太一役に野村周平さんを起用しての夢と情熱の青春ドラマです。

今回の記事は、映画【ちはやふる】前編(上の句)のあらすじと感想&気になるキャストや評価を紹介していきたいと思います。

(※なお、ネタバレのため、結末を知りたくない方はご注意くださいね!)

スポンサードリンク

映画【ちはやぶる】前編のあらすじ

高校生になった綾瀬千早は高校に入ったら競技かるたの大会で優勝して全国大会に行く、そのために部員を5人集めて「かるた部」を作ってしまいました。

そもそも、部員となった時、仲間たちの「かるた」に対する思いとはどうだったのでしょうか?

・大会で優勝して勝ち上がっていけば、いつか新に会えるから

・片思いの相手と少しでも一緒にいたいから

・純粋にかるたをやりたいから

・日本の伝統である着物を着たいから

・仲間ができたことがうれしかったから

やがて物語が進むにつれ、動機はともあれ、それぞれの気持ちは一つになっていくのでした。

5人の出会い

綾瀬千早は高校に入ったら「競技かるた部」を作ろうと燃えていました。

千早の入学した瑞沢高校では必ず部活動に入るという規則があったので、すでにもうみんなどこかの部活に所属してしまっていて部員の人員確保は至難の業でした。

新しい部を立ち上げるには5人以上の部員が必要だったのです。

やっとかき集めた部員は、幼なじみでかるた仲間の真島太一・呉服屋の娘の大江奏・かるた経験者の西田優正(肉まんくん)・成績学年2位の駒野勉(机くん)の4人です。

太一は初めはサッカー部に入ると言っていましたが、なぜか率先してかるた部に入部してしまいます。

西田優正は真島太一がかるた部にいると知って入部を決めました。

机くんは、千早に「机くんでなくちゃダメなの!」と言われて、一匹狼をあっさりと捨ててしまいます。

大江奏は入部に際してある条件を出していました。

部員が5人そろい、部活として認められると、千早はすぐに新に電話をかけてこの朗報を伝え、「必ず会おうね!」と言うのでした。

かるたの合宿

かるた部は練習を重ね、ゴールデンウイークには合宿をやることになりました。

場所は、千早と太一が小学生の時に競技かるたを習いに通っていた、競技かるた会・府中白波会の会場である神社です。

合宿中に、白波会会長で神社の神主の原田先生の指示で、西田優正と真島太一はとある大会に出場し、そこで太一は幼なじみの綿谷新に再会しました。

新は競技かるたの名人の孫で、とても強い選手でした。小学生の頃は太一と千早と3人でいつも一緒にかるたをしていたのですが、家の事情で、福井へ引っ越してしまいました。

新は太一に

「これ、おれのケータイ番号。千早にも教えてやって」

と電話番号を書いたメモを渡したのでした。

綿谷新

綿谷新は気競技かるたへの異常なまでの情熱は、それまで競技かるたというものを知らなかった千早に”夢を持つ”ということを教えます。

千早は新のことがあこがれでした。

かつて太一は、片思いしているの千早の前で かるたで負けてカッコ悪いところを見られたくないと言う身勝手な理由で、新のメガネを隠してしまいました。

幼い子供にこんな気持ちを抱かせるくらい、新のかるたは強かったのです。

しかし、新は家の事情で引っ越してしまい、それ以来会うこともなくなってしまったのでした。

2016-03-21_013640

東京予選大会

瑞沢高校かるた部は全国大会への切符を手に入れるために、東京予選大会に出場しました。

他の参加校はみんな揃いのTシャツとかをユニホームにしている中、瑞沢高校だけ着物に袴という出で立ちでした。

何を隠そう、大江奏の入部の条件というのが、これ(着物を着る)だったのでした!

最初は5人の気持ちはバラバラで、勝つための作戦でちょっとしたもめ事まで起こり、もうダメかもと思うような一幕もありましたが、試合を通してだんだんと気持ちが一つになっていくのでした。

そしてついに強豪校を下し、優勝旗を手にしたのでした。

太一は千早に新のケータイ番号を教えて電話するように言いました。

千早は自分のケータイで新に電話し、「ほら、太一も!」と言って太一にケータイをさし出します。

太一はケータイを受け取って新と「全国大会で会おう」と話しますが、新は

「おれはもう、かるたはやめたんや・・」

と、言ったのです。

一体全体どういうことなのでしょうか?

✒合わせて読みたい記事↓

【ちはやふる下の句】内容と感想ネタバレ!キャストと評価/続編・原作の考察

ネタバレ感想【ちはやふる-結び-】賀来賢人が面白すぎる!キャストと評価も

キャスト

綾瀬千早・・・広瀬すずさん

真島太一・・・野村周平さん

綿谷新・・・真剣佑さん

大江奏・・・上白石萌音さん

西田優征・・・矢本悠馬さん

駒野勉・・・森永悠希さん

かるたのクイーン若宮詩暢・・・松岡茉優さん

かるた部顧問・宮内妙子・・・マツダ美由紀さん

かるたの師匠・・・原田秀雄・・・國村隼さん

須藤暁人・・・清水尋也さん

木梨浩・・・坂口涼太郎さん

その他多くの方たち

監督・・・小泉徳宏監督

スポンサードリンク

感想と評価

かつて「ヒカルの碁」で囲碁のことを知りましたが、かるたにも競技種目があることを始めて知りました。

競技かるたの試合なんて映画で始めて見ましたが、すごい迫力ですね。

ずいぶん体力のいる競技のようです。

集中のあまり、1試合終わると気絶するように眠ってしまうという、千早の白目むいて眠る顔は、初めて見た人はみんな「し、死んでる!」とビビるほどちょっとした怖さです。

決勝戦の相手校の「ドSの須藤暁人」が驚いて尻もちをついたところは笑えました。

広瀬すずさん体当たりの顔演技でしたね。

太一の恋心や机くんの心境など、みんな青春真っ只中です!

私の個人的な評価としましては、

競技かるたの迫力満点の試合や「ドSの須藤暁人」のいじわるぶりが面白かったので、前編(上の句)は、とりあえず《☆3.5》としときますね。

次回、後編(下の句)は4月29日の公開予定です。

全国大会へと向かう彼らをどういう展開が待ち受けているのでしょうか!

✒合わせて読みたい記事↓

【ちはやふる下の句】内容と感想ネタバレ!キャストと評価/続編・原作の考察

ネタバレ感想【ちはやふる-結び-】賀来賢人が面白すぎる!キャストと評価も

まとめ

今回の記事は、映画【ちはやふる】のあらすじと感想&気になるキャストや評価を紹介してみました。

かるた部という異色の部活を立ち上げて、全国大会を目指しガンガンつき進んでいくなんて若さのパワーですね~

周囲を取り巻く登場人物もかるたを通してそれぞれの思わくや事情があって目が離せません。

後編(下の句)乞うご期待です!

ではでは(^0^)/

✒合わせて読みたい記事↓

【ちはやふる下の句】内容と感想ネタバレ!キャストと評価/続編・原作の考察

ネタバレ感想【ちはやふる-結び-】賀来賢人が面白すぎる!キャストと評価も

    f392be6e756b5d0af64d848c4db18412本カメバナー
 

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930