【ソマリと森の神様】1巻ネタバレの内容と感想・ゴーレムと人間の子供の旅

     

2016-10-31_165507

お元気ですか?うめきちです(^0^)

暮石ヤコ先生の異形ファンタジー

【ソマリと森の神様】1巻が

ゼノンコミックスより2015年12月10日に

発売されましたが、すぐに重版されてしまう

ほどの話題作となりました。

【ソマリと森の神様】1巻は、

「人間の少女ソマリ」と

「神聖な森の守り人ゴーレム」の出会いと

旅の始まりの物語です。

ある森の中で、ソマリとゴーレムは

出会いました。

この時代、世界は異形の者たちのものでした。

人間は姿を消し、異形の者たちに見つかれば

ペットにされるか食べられてしまうかです。

今回の記事は、

◆【ソマリと森の神様】1巻の

あらすじと感想

◆書籍情報

◆まとめ

以上の紹介をしていきたいと思います。

(※なお、ネタバレのため、

結末を知りたくない方はご注意くださいね!)

スポンサードリンク

【ソマリと森の神様】1巻のあらすじと感想

第1話】ネコもどきと大きな街

森の中で私は”それ”と出会った

”それ(人間)”は私(ゴーレム)を

父と呼んだ

2016-11-02_215804

ふたりは人間探しの旅を始めました。

ふたりは異形の者たちであふれる

大きな街へやって来ました。

角付きのフードをかぶって人間であることを

隠している少女ソマリと、

ソマリから『父さん』と呼ばれている

ゴーレムは食事のために一軒の飯屋に

立ち寄りました。

2016-11-02_215824

ゴーレムの旅人は珍しいので珍客見たさに

客が集まって来ます。

そこで人間について聞いてみましたが、

情報は何も得られませんでした。

ゴーレムは酸素と日光と水があれば

活動可能なので何も食べなくても平気です。

なので、ソマリが食べ終わるとさっさと

消耗品の買い出しに向かいました。

ソマリは店の入り口の外で買い物が済むのを

待っていました。

するとソマリの前を一匹の猫が通り過ぎて

行きました。

ソマリは猫だと思って後をつけて

行きました。

2016-11-02_215843

そいつは「ネコもどき」という異形の種族で

反対にソマリが食べられそうになって

しまいました。

間一髪のところで、かけつけてきた

ゴーレムに助けられたのでした。

第2話】サカナと川のほとり

2016-11-02_215905

ソマリとゴーレムは川で魚取りを

していました。

ソマリのはードに付けられている角が

取れそうだったのでゴーレムが

直してくれている間、

川のほとりで遊んでいました。

2016-11-02_215919

森の外の世界には見たことのないモノが

たくさんありました。

茂みからツノウサギが覗いています。

ゴーレムは彼らに話しかけて、

近くに街がないか聞いてみました。

ゴーレムは守り人として備わった能力の

一つに獣と意思疎通することができる力が

ありました。

どうやら近くには街も集落もないようなので、

今夜は星空の下で野宿ですね。

第3話】森の人(前編)

その日、ふたりは『終わりの森』に

迷いこんでいました。

『終わりの森』とは、

森の守り人が死ぬと植物は一瞬で枯れて

色を失い木は灰色に、葉は真っ白になる

”絶ち枯れ”という現象を

起こしている森のことです。

森の中で穴に落ちたソマリたちは

横穴を見つけてそっちへ進んで行きました。

出口を見つけて外へ出ると、

そこには獣の骸があり、周りは生きた植物に

囲まれた場所でした。

2016-11-02_215943

不思議に思って眺めていると

後ろから声がしました。

「獣の守り人だったんじゃろう」

不思議な老人が木の上にいました。

2016-11-02_220019

”ザザ”というその老人は人間で、

ソマリが人間であることも

すぐに見破られてしまいました。

老人の家に招かれ、話しをするうちに

人間と異形の者たちの歴史『始まりの話』に

ついての話題になりました。

ザザの話はこうでした。

『それは太古の時代、人間がまだ隠れずに

暮らしていた頃のことです。

人間と異形の者とはまだお互いの存在を

知りませんでした。

そんなある時、人間の旅人が

異形の者たちの村を見つけました。

最初、旅人はその異様な姿に驚きました。

異形の者たちも驚いたのは同じでした。

しかし異形の者たちは旅人に親切にし、

旅人も彼らに感謝してあちこちで

彼らの話しを広めました。

そうして二つの種族は次第に交流するように

なっていきましたが、段々と別の声も

聞こえるようになってきました。

それは、お互いの姿形の違いや気性の違いが

元で、理解し合うことのできない者たちの

声でした。

2016-11-02_220053

やがてその声は大きく広がり、

戦いへと向かっていきました。

そして人間はあっという間に

負けてしまったのです。

生き残った人間たちは

”人狩り”と称して狩られ、

やがて人間はいなくなってしまいました。』

第4話】森の人(後編)

ザザがまだ若い青年だった頃は、

隠れ住んでいるとは言え人間は

まだたくさんいました。

ザザの村も豊かではなくても

平和なところでした。

ザザは母親と二人で暮らしていました。

彼女は野菜作りの名人で、

息子のザザを厳しく指導していました。

2016-11-02_220125

しかしこの静かな山間の地にも

人狩りはやって来ました。

急いで村人全員で逃げることになりました。

そんな中、ザザの母親は足が悪いので

後からゆっくり行くから

心配するなと言いました。

けれどお母さんはやって来ず、

村は人狩りに焼かれてしまったのです。

それきり二人は会うことはできませんでした。

そしてザザは旅人になりました。

人間であることを悟られないように

細心の注意をしながらの旅は

気が休まることはなく、

最後にたどり着いたのが

この”終わりの森”だったのです。

ここに近づく者はいないので、

ザザにとっては安寧の地となりました。

2016-11-02_220232

ザザは今度はゴーレムに聞きました。

「なぜ森を出た?」

守り人がいなくなれば森は死んでしまいます。

それがわかっていないはずはないのに・・・。

「ソマリの両親を捜している」

ゴーレムは自分の寿命は

1000年ちょうどで終わるが、

それはあと1年と112日後です。

それまでにソマリの親を見つけて

手渡したいと言うのが理由でした。

しかし、ゴーレムにも迷いはありました。

けれどこうしてザザと出会い、

話しをする事で異なる種族どうしでも

理解し合えるということが分かり、

安心しました。

2016-11-02_220259

二人はしばらく森に滞在したあと、

再び旅に出ました。

季節はもう春です。

第5話】くさびらと鬼の住処

旅の途中でソマリは

足をケガしてしまいましたが、

ゴーレムは手持ちの薬を切らして

困っていました。

2016-11-02_220315

そこへ突然現れたのは小鬼のシズノでした。

シズノは薬師だったのでゴーレムの体を

見せてもらうのを引きかえにケガの薬を

くれると言いました。

シズノの家に行くと、助手のヤバシラが

シズノが部屋を掃除しないと怒っていました。

2016-11-02_220334

シズノは腕のいい薬師だったので

ゴーレムは薬の作り方を教わることに

しました。

そうすれば、万が一の時でも安心です。

その代りにゴーレムの身体の一部が欲しいと

言われて腕の外皮を剥がして渡しました。

ゴーレムには痛覚もないのです。

風邪薬や、ケガの薬などを教わって

再び旅に出ました。

二人を見送るシズノにヤバシラ聞きました。

「外皮の破片は結局かえしたのか?」

「面白いゴーレムに会えた思い出の品だよ」

そう言いながら外皮の破片を

日の光にすかして見るのでした。

2016-11-02_220400

第6話】魔女の村

ゴーレムとソマリは、

旅の途中で出会った異形の者に

「あそこなら人間の手がかりくらいなら

あるかもしれないねぇ」

と言われて魔女の村に行きました。

2016-11-02_220419

魔女の村はとても風変わりなところでした。

ワインを作っている魔女たちに、

調べたいことがあるので来たのだと言うと

『魔女印図書館』に連れて行ってくれました。

2016-11-02_220500

魔女の本来の仕事は、

世界中のありとあらゆる本を集めて

保管することなのだそうです。

人間について調べたいと言うと、

司書のヘイゼルが人間のことが

書かれている本がある頃へ

案内してくれました。

しかし、目的の本は誰かが持ち出したのか

書架にはありませんでした。

ヘイゼルは心当たりがあるからと言って、

ある部屋へ向かいました。

そこにはヘイゼルの姉のプラリネがいました。

彼女は大切な本を好き勝手に持ちだして

後片付けはしないのでいつもヘイゼルに

怒られていました。

ここにゴーレムが捜している

『ハライソの伝記』という本がありました。

ソマリがたくさんの本の中から

見つけました。

2016-11-02_220542

すると本棚から別の生き物が現れてきました。

それは”オトト魚”という本を喰う虫で

魔女の天敵でした。

2016-11-02_220559

感想

ゴーレム父と人間の少女の物語・・・

すごく気になりますよね!

【ソマリと森の神様】はとても丁寧で

細かい描きこみの絵もステキだし、

ストーリーもすごくいいです!

キャラクターたちも魅力的で、

異形の者たちの描き分けもスゴイです!

ファンタジー好きを刺激してくれちゃう

うっとりな物語ですねぇ(≧▽≦)

ゴーレムに感情が芽生えて来たり、

旅の途中で出会った人たちとの

触れ合いなどすごく優しい描き方で

キュンキュンさせられてしまいます。

さっそく2巻にゴー!です(^_-)-☆

書籍情報

【ソマリと森の神様】1巻

まとめ

今回の記事は、

◆【ソマリと森の神様】1巻の

あらすじと感想

◆書籍情報

以上の紹介でした。

続きがとても気になるマンガです。

1年と112日後二人の旅は

どうなっているのでしょうか!!

ではでは(^0^)/

    f392be6e756b5d0af64d848c4db18412本カメバナー
 

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930