【図書館戦争-LOVE&WAR-】2巻ネタバレ内容と感想・3巻発売日予想

     

2016-05-04_002617

お元気ですか?うめきちです(^0^)

弓きいろ先生の最新作【図書館戦争-LOVE&WAR-】別冊編2巻が2016年5月3日に発売されましたね。

本編の方でお互いの気持ちを確かめ合った笠原郁と堂上篤は、別冊編の突入してからは恋愛モードまっしぐらのようです。

しかし、いかんせん郁の経験知の無さからともすれば空回りする微妙な二人の関係は今回はどこまで展開して行くのでしょうか。

今回の記事は、

・【図書館戦争-LOVE&WAR-】別冊編2巻あらすじと感想

・【図書館戦争-LOVE&WAR-】別冊編3巻の発売日予想はいつ?

・まとめ

以上について紹介していきたいと思います。

(※なお、ネタバレのため、結末を知りたくない方はご注意くださいね!)

スポンサードリンク

【図書館戦争-LOVE&WAR-】3巻あらすじと感想

ある日の巡回警備の途中で笠原郁は手塚光に話しかけられました。

「お前が何をやらかしたのか知らないが、堂上教官は怒ってないぞ。むしろ良く見ている」

この一言が引き金になり、手塚のスーツをハンカチ代わりに泣き出してしまった郁でした。

「おい、離れろ!」

物陰で、手塚の胸を借りて泣いている郁を見た堂上教官の声に驚いて慌てて郁を引き剥がした手塚は

「泣き出したので、自分が誘導しました。柴崎が、その・・笠原のことを気長に待ってやってくれ と言っていました!」

と、大汗で弁明するのでした。

そもそも、なんで手塚の胸にすがって泣いていたのでしょうか?

読み進めていくとその、もどかしい恋愛事情がわかってきます。

酔っぱらい

正月休みが明けて、なんな帰省先から帰ってきました。

柴崎は手塚にお土産だと言って、災難除けのお守りを渡していました。

業務が再開した早々に、図書館では軽微ではあるけれど、深刻な問題が起こっていました。

連日、開館と同時に現れるその酔っ払いのサラリーマン風の男性は、児童室の絨毯の上で高いびきをかき、注意されると移動するものの、館内のソファなどを転々としてやがてまた、児童室へ戻って来て閉館まで居座っているのです。

その日もお話会の最中に乱入して眠りこんでいる男を起こそうとした手塚に腹を立ててあろうことか、

「税金で作った図書館を利用して何が悪い!バカにしやがって!土下座しろ!!」

「土下座」その言葉に周りが騒然とする中で、悔しさを飲みこみ手塚はガバっと土下座して男に謝るのでした。

一方で、郁は

「駄目だよ おじさん・・・」

と話しかけているではないですか。

驚き慌てる堂上教官に郁は引き離されて物陰できつく注意されてしまいます。

「要注意人物と迂闊な接点を持つな!必要以上の距離を詰めることは許さん!」

そして

「無駄にハラハラさせるな どアホウ!」

と怒られてしまいました。

そしてある日、その距離の取り方の甘さを思い知らされる事件が起こったのです。

痴漢騒動

その日も例の酔っぱらいの男は児童室で寝ていました。

起こして移動させようとした郁に、男が抱き付てきたのです。

「あんたが来てくれたのか~~」

あの時に優しく話しかけてきた郁の顔を覚えていたようです。

怖くてどう反撃していいのか混乱する郁から男を剥がし、こぶしで殴りつけて堂上教官はワイセツ行為の現行犯で引っ立てようとしていました。

「待って!事務室に連行してください」

「お前が受けたのは痴漢行為だぞ」

いきりたつ堂上教官に郁は

「痴漢行為を受けたのはあたしです。だから訴えるかどうかは事情を聞いてからあたしが決めます!!」

男は川藤保久と言う名で、年末にリストラされてしまい、家族に言えないまま年が明け、会社に行くふりをして図書館に来ていたというものでした。

男の事情は隊のみんなが予想していた通りの内容でした。

「あなたは私の父と同じくらいの年です。私は自分の父が他人に土下座をさせたり、痴漢行為をするような人間だと思われたら悲しいです」

と、諭して

「きちんと家族に話して二度と図書館に迷惑をかけないか、痴漢行為で現行犯逮捕されて家庭をめちゃくちゃにするか選んでください」

男は家族に話すことを選び、深く反省して帰って行きました。

その後、収まらない胸の内を無理やり押さえつけた堂上教官に、痴漢ヤローに抱き付かれたスーツは即クリーニングに出せと命令されるのでした。

2016-05-04_002750

その夜、柴崎とたわいないおしゃべりをしていたところに、堂上教官から呼び出しのメールが入りました。

また何かお説教をくらうのかと思いながら出てきた郁を外に連れ出した堂上教官は、いきなりキスしてきたのです。

『他の奴らもやっていることを俺たちがやって何が悪い』

そう囁きながら、この日を境に夜更けのデートが始まったのでした。

夜更けのデート、殺し文句・・そして

「お前が俺の実家で酔って倒れて休んでいた時に、一番欲しいものはキスだと言っただろう」

「!!!」

「その一番はこっちも思ってないとでも思ってるのか?」

すごい殺し文句にうれし恥ずかしの郁ちゃんでした。

2016-05-04_002709

そんなある日、いつものようにデートの帰りに堂上教官の実家に行くと、教官の両親は旅行に出かけていて不在で家の中にはふたりきりでした。

いつものようにキスをして、でも、その先を知らない郁はベッドに押し倒されて少し怯えた顔をしてしまったのです。

めざとい堂上教官は、「帰るか」とさっさと帰ることに・・・。

郁の頭の中はグジャグジャになっていました。

バレンタインデー

そろそろバレンタインデーということで、彼氏持ちの隊員は隊の家庭部の協力で手作りチョコレートを作ります。

郁も参加して生まれて初めて作ったチョコレートを堂上教官に渡そうとしますが、小さな箱を渡す時に触れてしまった指先に驚いてチョコレートの箱を落としてしまったのでした。

気まずい空気のバレンタインとなってしまいました。

「・・・・サイアクだ・・・」

涙に濡れて柴崎に相談した結果、郁は子供の頃にお母さんに言われた「女の子はお嫁に行くまできれいな体で・・」という言葉に縛られていたことがわかりました。

柴崎に『26歳 純粋培養乙女茨城産 手ごわいわー』とまで言わしめてしまいました。

教官の心の痛み

郁の純情過ぎる怯えぶりにもう少し距離を置く方がいいと思った堂上教官は、この日から郁に触れることをやめました。

郁を思いやってのことでしたが、郁は自分が「やらかした」と思い、増々自分を追い込んで行くのでした。

ある日、手塚と巡回警備中に手塚に

「お前、堂上二正と何かもめてるのか?」 (←ここより本文の分

文頭と重なります)

と言われ、

「お前が何をやらかしたのか知らないが、教官はお前のこと、怒ってないぞ、むしろ逆にお前のことをよく見ているぞ」

と言われて、堂上教官との関係に悩む郁は抑えていたものが外れ、涙がとめどなく溢れて来て止まりません。

手塚の胸を借りて号泣しているところへ通りかかった堂上教官に

「おい、離れろ!」

と声を掛けられて慌てる手塚でした。

大汗で郁の涙の理由を言う手塚に堂上教官は

「俺ももうなんでそこまでそいつを追い詰めたのかわからないんだ・・・落ち着いたら仕事に戻れ」

その言葉で、堂上教官もまた苦しいのだと知った郁でした。

教官の痛みに気づいた郁が仕事に戻ろうとしたその時に、非常ベルが鳴り響きました!

これは・・まさか火事?

事件

もうもうとした煙の中、火災発生元を探し、避難誘導を呼びかける図書隊はこの目や肌に刺さる強烈な刺激のある煙の原因が催涙弾だと気づきました。

利用者を全員避難させたと思ったところへ柴崎が、もう1人小学生の児童が見つからないと知らせてきました。そしてその子が聴覚障碍者であることも!

耳が聞こえないから避難の放送も聞こえずに逃げ遅れたというのです。

本能が優先する笠原郁は怯える子供を思い、装備がそろうのが待てずに自分のカンを頼りに水で濡らしたタオルを顔に巻いただけで煙の中に飛び込みました。

あちこち思いつく限り探してやっと見つけたのはエレベーターの中でした。

エレベーターの中にはまだ煙は入っておらず、無事を確かめると筆談で助けに来たことを伝えました。

避難しようとすると、そこへ堂上教官が走ってきて無事に子供を助けることができました。

2016-05-04_002728

子供をガスから守るために水で上着を濡らしてしまった教官のために毛布を届け、話をしていて教官がついいつものように郁の頭を撫でようとして、思わず手を引っ込めてしまいました。

「止めないでください!触ってください!あたし、堂上教官に触られたいんです!!」

「・・・お前なぁ・・うっかりそんな宣言をしてこの先タダで済むと思うなよ」

と、ギュッと、でも軽く抱きしめて「今はーーここまでだ」

と、囁くのでした。

巻末おまけまんがと、いつもの4コマ

(巻末おまけまんが)

毛布を堂上教官に」届けろと大声で命じたのは小牧教官です。

二人の中を少しでも取り持ってやろうと思ってのことでしたが、

手塚相手に「世話の焼ける二人だね」というジョーダンにして笑いを取ろうとしたら

「小牧教官への信頼です!」と、マジな返えり討ちに合う小牧教官でした。

(4コマ)

【兄、ノンストップ】【ある特殊部隊員の恋】【小牧のバレンタイン】

どれも冴えてました!今回もクスッと来ちゃいましたよ~(笑)

書籍情報

今回も全編ドキドキの一冊でした。

二人の大好きなのに噛み合わないもどかしさが読んでてほほえましい限りです。

まるでひと昔前の昭和の恋愛ドラマのような感じが初々しくてかわいくてたまりませんね~

それにしても、柴崎の不器用さと手塚の鈍さにもエールを送りたい気分は私だけじゃないと思いますよ。

ぜひ、スピンオフでこの二人の物語もかいてほしいですね~(^◇^)

スポンサードリンク

【図書館戦争-LOVE&WAR-】別冊編3巻の発売日予想はいつ?

【図書館戦争-LOVE&WAR-WAR】3巻の発売日は2巻の巻末に、「2016年12月発売予定」と記載されていました。

発売日までは書かれていませんでしたが、概ね12月5日ではないかと思われます。

【ついに、ついに「初めての時」--】というあおり文句が付いていましたから、増々ラブラブモード全開のストーリーになることが予想されますね!

楽しみです~(^◇^)

「追記・・・書店の新巻発売案内でも12月5日と出ていました(11月11日)」

まとめ

今回の記事は、

・【図書館戦争-LOVE&WAR-WAR】2巻あらすじと感想

・【図書館戦争-LOVE&WAR-WAR】3巻の発売日予想はいつ?

に、ついての紹介でした。

二人の関係は、本人的には山あり谷ありのようですが、傍から見ている分には

「なんてほほえましくてじれったいの~!やだーおもしろ~い♡」

この一言につきますね。

次回の展開も期待大です。

ではでは(^0^)/

f392be6e756b5d0af64d848c4db18412本カメバナー  

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加