【図書館戦争-LOVE&WAR-】5巻ネタバレの内容と感想・6巻発売日予想

     

2017-12-05_184314

おげんきですか?うめきちです(^0^)

【図書館戦争-LOVE&WAR-】別冊編5巻が花とゆめコミックスから2017年12月5日に発売されました。

4巻で堂上からプロポーズされ、即答で「OK!」した郁!

5巻では結婚式の実況中継が行われています。

原作ではサラリと語られた二人の結婚式の様子をすみずみまで笑いを誘ってくれて、どこまでもラブラブが耐えない新婚さんです!

今回の記事は、

  • 5巻の見どころ
  • 【図書館戦争-LOVE&WAR-】別冊編5巻のあらすじと感想
  • 【図書館戦争-LOVE&WAR-】別冊編6巻の発売日予想
  • まとめ

以上の紹介をしていきたいと思います。

(※なお、ネタバレのため、結末を知りたくない方はご注意くださいね!)

スポンサードリンク

5巻の見どころ

2017-12-05_184803

5巻の見どころは何と言っても郁のウエディングドレス姿ですよね!

プラス郁のお母さんの手のひら返したような目の煌めきぶり!!

もうたまりませんね~(≧▽≦)

そして二人のラブラブぶりとは対照的な、緒方副隊長の辛い恋の物語もしんみりさせられます。

どちらも早く読んでお楽しみ下さいね(^_-)-☆

【図書館戦争-LOVE&WAR-】別冊編5巻のあらすじと感想

あらすじ

INDEX.22

今日はついに郁と堂上、二人の結婚式です。

タキシードでバッチリ決めた堂上は、郁の支度ができたと聞いて様子を見にいきました。

2017-12-06_010759

花嫁の控室で待っていた郁は、堂上なくても見惚れてしまいそうな美しさで思わず固まってしまう堂上でした。

式は滞りなく終わり、披露宴の席でついにそれまでおとなしくしていたタクスフォースの面々が爆発しました。

披露宴会場に新郎新婦が入場してきた時に

「よっ!!王子様!!」

その掛け声フォローするように、司会者からコメントは二人の出会いの話へと進んで行きます。

堂上にとっては隠しておきたい黒歴史で、『絶対コロス眼光』を飛ばしまくっていますが、『王子様』については周知のことなので笑い話にしかなりません。

2017-12-06_010837

ところがこの事実を知らなかった郁のお母さんの様子が気になります。

つつがなく披露宴は終わり、疲れ切った堂上のところにやって来た笠原母がいきなり彼の手を取り、

2017-12-06_010902

「どうしてそんな素敵なことを、もっと早く教えてくれなっかの!」

ロマンチックな二人の物語に、頬を紅潮させてトキメキが止まらないお母さんは

「改めて郁のこと、よろしくお願いしますね!」

何はともあれ二人の新婚生活は始まったのです♡

INDEX.23

「もしもタイムマシンがあったら?」

というテーマで色々な著名人にインタビューしている雑誌を見て、タクスフォースのみんなもあれこれ言っています。

そして話しが緒方副隊長に振られると、遠くを見るような目で

「大学の頃・・・かな」

緒方明也は大学3年の時に忘れられない恋をしました。

相手は同じゼミの竹内加代子です。

雑談が苦手で無口な緒方は、同じく無口で目立たないタイプの加代子となら普通にしゃべることができましたが、話しやすいゼミ仲間として特に意識していませんでした。

それが好きな人として意識したのは夏のゼミ旅行の時、夜の浜辺でたわいないおしゃべりをしていた時に不意にキスしてしまったことからです。

緒方は自分の気持ちに初めて気がついたのでした。

2017-12-06_010917

INDEX.24

大学3年の彼らはそれぞれに就活し、緒方は公務員に、加代子は地銀に就職することになりました。

ところが緒方が配属されたのは、あろうことか『法務省 メディア良化委員会良化特務機関』だったのです。

その頃の緒方は本当の意味でメディア良化法が何を狩っているのか理解していませんでした。

やがて恋人の加代子に頼まれて口座を開き、給料の一部を結婚資金のつもりで貯金していました。

いつまでたっても好きになれない仕事は2年目に入り、緒方は検閲の時は「心のスイッチを切る」ようになっていました。

そんなある日、加代子が作家として小説を書いていることを知ったのです。

嬉しそうに「受賞作がこの号に載ることになったの」

そう言って彼女が見せた雑誌は、検閲対象で明後日の発売日に狩ることになっていました。

そして検閲があった夜、加代子から送られてきた写メに映っていたのは、検閲中の緒方の姿でした。

2017-12-06_010954

騙すつもりで隠していたわけではないことはわかっている加代子でしたが、このことは彼女にとってはどうしても許せないことでした。

INDEX.25

普段はおとなしい女性ですが、本当は真の強い加代子は自分の大切な本たちを狩る良化隊を認めることはできません。

二人は愛しあっているけれど別れることになったのでした。

良化隊の意味を理解しなかった緒方は、大切な者を失うことになって初めて理解したのです。

しばらくして緒方は良化隊を辞め、いろいろ考えた末に発足してまだ3年目の関東図書基地に就職することに決めたのでした。

給料の振り込み先は、加代子に頼まれて開いた口座に決めました。

人生を仕切り直した彼の動向を、偶然にでも気づいてくれたら嬉しいというささやかな思いからのことでした。

しかし元良化隊員という特殊な経歴は図書隊員の中でも浮きまくり、最終的に緒方を引き取ったのはライブラリータクスフォース隊長の玄田竜介だったのです。

そこは生え抜きの防衛員を集めて作られたエリート部隊でした。

INDEX.26

2017-12-06_011012

配属されたタクスフォースでも緒方の経歴から反感がないはずもなく、特にNO.1狙撃主の進藤の反発は大きかったのです。

そのせいか何かと言うと緒方と進藤は組まされました。

そんなある時、良化特務機関と図書隊の衝突が起こりました。

狙撃犯は屋上へと配置されましたが、屋上から良化特務機関の様子を見ていた緒方が

図書館側だけでなく、公共棟側にも人員を割いてくれと進言してきたのです。

理由は「特務機関の最高指揮官が見当たらない」というものです。

進藤と二人で公共棟側の屋上で特務機関の進行を見ていると、緒方の言った通り特務機関の最高指揮官が本体を連れて現れました。

それはかつて緒方の直属の上司だった男ですが、緒方は奴が大嫌いでした。

緒方の撃った弾は過たず、奴の膝を狙いうちして特務機関を撤退させました。

これをきっかけに進藤は緒方を図書隊の人間と認め、タクスフォースの仲間になったのでした。

一方、作家としてメキメキ頭角を現してきた竹内加代子は世相社のインタビューを受けていました。

テーマは「著名人の結婚」です。

インタビューで加代子が独身であることに何か信念でもあるのかと聞かれたので

「若い頃、とても大事な恋をしたから」

と答えました。

彼と別れてからどんな相手と会っても、彼よりも心が振れないのだと。

2017-12-06_011030

「彼に出会っちゃったから仕方ない・・そんな感じなんですよ」

それを聞いて思わず「分かります」と答えた雑誌記者の彼氏は、タクスフォースの玄田竜介だったのです。

「彼の消息はご存じなんですか?」

そう聞かれた加代子は、小説を書きながら今も銀行に勤めていて、緒方の口座のお金の動きを知っていました。

どう見ても家庭を持っている人の口座ではないことに気づいていたので、そのうちのに会に行ってみようかと思っていると微笑みながら答えたのでした。

INDEX.27

新婚の堂上夫妻となった郁と篤は家事の分担で日々もめていました。

共働き夫婦として家事を分担するのは当たり前だと思っている篤と、苦手意識を持ちながらも完璧な主婦としての憧れを母に抱く郁は、いつしか家事を取り合うようになっていったのです。

郁の負担を少しでも減らそうとする篤の思いを

「手際の悪いあたしの家事がそんなに不満?」

そう誤解してムキになっていた郁はある日、篤のシャツにアイロンの焦げ跡をつけるという失態をおかしてしまいました。

凹みまくる郁に篤は言いました。

「共働きなんだからもっと俺を頼ってくれ」

二人は改めて話合うと、郁のこだわりが母親にあったことがわかりました。

篤は郁に聞きました。

「お母さんは共働きだったのか?」

篤は郁が二人で暮らし始めた頃に

「家にいる時くらいゆっくりしてほしいから」

と言った言葉をそのまま返して、

「俺にとっての”理想の奥さん”は俺が決める!それはお前が変わらずのびのびと隣にいてくれること、それだけで充分なんだ!」

『彼こそきっと理想の旦那様・・・』

相変わらずの甘甘ラブラブで理想の夫婦を目指すふたりですね♡

2017-12-06_011052

おまけまんが

家事のほどよい分担で夫婦の時間が増えたことを嬉しく思った郁が何気につぶやきました。

「篤さんってば、こういう時間が減るのがイヤでムキになってたんだ。可愛いー!」

不意打ちの図星をされて赤くなる篤を見て、逆に照れて恥ずかしくなってしまう郁でした。

スポンサードリンク

感想

相変わらずの甘甘ラブラブでご馳走様なふたりでした。

郁のお母さんの180度転換ぶりの止まらないトキメキも、まるで夢見る少女のようで可愛かったですね。

でも、家事を取り合うことになるとは微笑ましくて、柴崎でなくても「のろけ?」と言ってしまいそうですね。

そして緒方副隊長の物語は辛い内容でした。

でもこの人、強くて冷静な人ですね。

現実に存在する人なら惚れてしまいそうですよ(*´▽`*)

ラストの加代子のセリフが早く実現するといいですね!

✒書籍情報↓Amazon

【図書館戦争-LOVE&WAR-】別冊編6巻の発売日予想

【図書館戦争-LOVE&WAR-】別冊編6巻の発売日予想5巻の巻末に、2018年初夏発売予定と記載されていました。

初夏というからには6月あたりだと予想してみました。

6巻では堂上篤の新人時代が語られるようです。

郁と出会う前の堂上はどんな人生を歩んでいたのでしょうか?

詳しい情報が入り次第更新していきたいと思います。

2017-12-06_011121

【図書館戦争-LOVE&WAR-】別冊編6巻の発売日2018年7月5日です。(追記:7月4日)

✒関連記事↓

➜【図書館戦争-LOVE&WAR-】4巻ネタバレの内容と感想・5巻発売日予想 

➜【図書館戦争-LOVE&WAR-】6巻ネタバレの内容と感想・7巻発売日予想

まとめ

今回の記事は、

  • 5巻の見どころ
  • 【図書館戦争-LOVE&WAR-】別冊編5巻のあらすじと感想
  • 【図書館戦争-LOVE&WAR-】別冊編6巻の発売日予想
  • まとめ

以上の紹介でした。

今回はついに結婚式を迎えた郁と篤の結婚式爆笑実況中継でした。

タイムマシンがあったら私も戻りたい瞬間はたくさんあります(笑)

マジタイムマシン欲しいですね~

ではでは(^0^)/

✒関連記事↓

➜【図書館戦争-LOVE&WAR-】4巻ネタバレの内容と感想・5巻発売日予想 

➜【図書館戦争-LOVE&WAR-】6巻ネタバレの内容と感想・7巻発売日予想

✒書籍情報↓Amazon

    f392be6e756b5d0af64d848c4db18412本カメバナー
 

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930