「魔法使いの嫁」7巻ネタバレ感想・8巻発売日予定&TVアニメ化決定!

     

2017-03-12_223138

お元気ですか?うめきちです(^0^)

ファンタジーの名手・ヤマザキコレ先生の最新刊【魔法使いの嫁】7巻が、

BLAD ECOMICSより2017年3月10日に発売されました。

(人外×少女)『魔法使いの嫁』7巻、お待ちかねの発売です。

骨頭の魔法使い・エリアスの様子が最近おかしいのを感じていたチセは、その原因は嫉妬だと判断しました。

彼の心を落ち着かせるためにチセがとった行動とは・・・。

今回の記事は、

  • 【魔法使いの嫁】7巻のあらすじと感想
  • 【魔法使いの嫁】8巻発売日予定
  • TVアニメ化決定!放送日はいつから?
  • まとめ

以上の紹介をしていきたいと思います。

(※なお、ネタバレのため、結末を知りたくない方はご注意くださいね!)

スポンサードリンク

【魔法使いの嫁】7巻のあらすじと感想

詳しくはこちらもご覧ください

あらすじ

第31編

エリアスがどこかへ出て行くのを目撃したチセは彼の後を追って森の奥へ入っていきました。

そこで見つけたエリアスに捕らえられ、抱擁と言うにはキツすぎる腕にからめとられていました。

さすがにこれはまずいかもしれないと思っていたら、誰かの手がチセの手を握りしめ、そしてチセの杖となって現れました。

杖の握りの着いた鳥に命じて助けを呼ぶとルツがやって来てくれました。

エリアスは自分の中に芽生えた嫉妬と言う名の感情に混乱して、ますます強く締め付けてきてどんなになだめても一向に力を緩めようとはしません。

チセはルツに短剣を取ってもらい、今すぐ離してくれなければ刺すと脅しました。

さすがのエリアスにもこの脅しは効いたらしく、すぐに解放されて目の前にはエリアスが小さく丸まっていました。

「・・ごめん」

蚊の鳴くような声で謝るエリアスに

「もう怒ってないから帰りましょう」

と、手を差し出すのでした。

手をつないで帰る二人を見ながら、後からついて行くルツは思いました。

『この間まで父親と娘みたいだったのに、今度は母親と子供みたいだ』

その頃、竜の国では2頭の竜の雛が何者かに密漁され、連れ去られてしまいました。

第32編

チセはアンジェリカの工房を訪ねていました。

アリアスがずっと目を覚まさないのです。

二人で森から帰った晩にベッドの中でいろいろな話をしました。

チセは狼になった名残なのか少しも眠気は感じませんでしたが、エリアスはとても眠そうです。

チセはなぜだかとても幼い頃、お母さんに子守唄を歌ってもらったことを思いだしたエリアスにも歌ってあげたのです。

そしてそのまま目を覚まさなくなってしまいました。

アンジェリカはチセの話を聞いて、それは歌に魔力が上乗せされた魔法なんじゃないかなと教えてくれました。

そして魔法はかけた本人が解く方がいいことも。

眠り続けるエリアスを心配するあまり、すでにかなり消耗していたチセはアンジェリカの所で倒れてしまいました。

休ませてもらっている時にアンジェリカの夫から、ただの人間が長命の魔法使いと共に生きるための心得を聞かされました。

それは無理も無茶もなるべくしないで、できるかぎり長生きしようという、ただそれだけです。

家に帰ったチセは眠りを覚ます薬を調合し、アリアスの大きな骨頭の口をこじ開けて飲ませました。

薬の効き目は素早く、アッという間に目を覚ましました。

またその頃、レンフレッドはクリスマスにアリスから貰った酒を持って、アドルフを訪ねていました。

アドルフはレンフレッドに頼まれてチセの資料を偽造作成中でした。

レンフレッドは魔術師と魔法使いの横の繋がりを作らなければいけないと考えていました。

そのために学院があるのだと力説しています。

そこへレンフレッドの友人のトーリー・イニスも入って来ました。

3人は数十年単位で現れては姿を消す、世紀をまたいだ不老不死の魔術師の”カルタフィルス”のことを話題にしていました。

第33編

チセは夢を見ていました。

夢の中で目覚めたチセは身体が妙に軽く感じ、家の中にはだれもいませんでした。

何か物音が聞こえたので外へ出てみると、そこは街の中で大勢の人がいます。

けれどみんな身体が透けているのです。

透き通る人たちの中に1人だけ透けていない人がいました。

その人はいきなり倒れたので駆け寄ると、ケガをしていて「痛い!」と頭の中に声が響きました。

振り返ったその人の顔はカルタフィルスでした。

驚いて固まっているチセに彼は

「僕の名前、カルタフィルスっていうんだっけ・・・?」

体中が痛くて何も思いだせないと言っています。

記憶がないみたいでした。

そして彼はチセに言いました。

「ねえお姉さん、透けてるけどもしかして幽霊?」

チセも透きとおっているみたいですね。

カルタフィルスは無くした腕の代わりを探して旅をしていると話し出しました。

しゃべっているうちに記憶が甦ってきたのか、混乱しているのか、自分の名前はヨセフだと言いました。

「カルタフィルスなんて呪われた名前じゃない!ヨセフだ!」と。

そこでいきなり本当に目が覚めたチセは、エリアスを目覚めさせる薬を作ったせいで消耗して二日間寝ていたとルツに聞きました。

「眠っている時は誰かの夢や別の世界に繋がることもあるが、チセの才能はそういうものなんだろう・・・誰の所に行っていたんだ?」

そう聞かれて思いだしてみると。夢で見たカルタフィルスはもうひとり誰かと重なっているようにも見えた気がします。

居間に行くと、アリスと彼女の師匠のレンフレッド、アドルフ、トーニー・イリス(トーリー)が来ていました。

みんな学院の人たちです。

竜の国で2頭の竜の雛が密漁されたことを伝えに来ていたのです。

エリアスは竜の国の管理者リンデルの友人であり、弟子でもあるのでリンデルの所に竜のたちを返す手伝いを要請してきました。

エリアスは断りましたが、チセには見過ごすことはできません。

チセの説得でエリアスは渋々協力することを承知したのでした。

第34編

一行がやって来たのはオークションの会場でした。

ここはかつてチセがエリアスに買い取られた場所でもあります。

今日ここに竜の雛が1羽だけ出品されるという情報があったのです。

隠密行動なので、エリアスは顔が知られているから違う姿で現れました。

「学院からの出資金150」+「チセの魔力の花の売上金30」+「チセの売値の半金(チセ本人の取り分らしい)250」+「予備90」これらを資金として、竜の雛を競り落とすのです。

竜の雛はこれから自分がどうなるのか怖くてたまりませんでした。

競りが始まると、いやが上にも緊張は高まって来ます。

そいて突然何かが爆発しました。

第35編

「怖い、怖い、怖い、いやだ、こわい・・!」

竜の雛の恐怖は最高潮に達し、専用の呪縛さえも破るほどでした。

オークションに集まっていた客たちの魔力を吸い取って急成長した竜の雛は、急な成長のせいで先祖返りしてしまい火を吐くドラゴンになっていました。

そんな姿になっても中身は小さな竜の雛で、『知らないとこは怖い!みんなのとこに帰りたい』

そう言って泣いているのです。

その声はチセには聞こえました。

エリアスはチセの肩を抱き、囁きました。

「大丈夫、それは君の感情じゃない。引っ張られなくていい」

ただ帰りたくて、怖くてたまらないだけのドラゴンを、元の所に帰すやり方はエリアスなら知っています。

エリアスはチセが意志をもってドラゴンに触れれば余分な魔力を吸い取る事ができる。そしてそれをチセの身体が壊れないように素早く自分が吸い取ればいいと言いました。

チセはエリアスに抱えられ、ドラゴンの背に飛び移りました。

しかしドラゴンは建物を壊して外へ飛び出した時、ドラゴンの火を浴びてエリアスが地上へ落ちてしまったのです!

一緒に来ていたルツが素早くエリアスを助けに飛び降りました。

ドラゴンの背に乗ったままのチセは、力をセーブしている腕輪を外して自分の力を解放し、ドラゴンの魔力を吸い取ろうとしました。

「一緒に帰ろう」

チセに魔力を吸い取られたドラゴンはそのまま川に落ち、助けに来たルツが水の中からチセを助け出しましたが、その顔は絶望的な表情です。

苦し気な顔でチセに「バカ!」と言いました。

みんながやっとチセとドラゴンのいるところへやってきましたが、彼らの見たチセの姿は左腕が醜く変化してしまっていました。

詳しくはこちらもご覧ください

感想

魔法使いとして修業を積んでいくチセとエリアスはしっかり家族になってもう切っても切れない固い絆で結ばれているんですね。

ルツが二人を見て的確な感想を言っているところがおもしろいです。

チセが自分を大切にして長生きしてくれるといいなあと思うのですが、彼女の自己犠牲の性格は矯正するのは難しそうですね。

花嫁になったチセが拝めるのはいつのことか!!

エリアスに買われた時のチセとはずいぶん雰囲気が変わり、自身に満ちたひとりの少女に成長してきました。

オークション会場の支配人セスは別人のように変わったチセを見て嬉しそうな顔をしていました。

きっと自分の目に狂いはなかったと思ったんでしょうね!

エリアスなら上手く育ててくれる、チセはいい魔法使いになるかもしれないって!

カルタフィルスのこともすごく気になります。

ホントはもしかしてカルタフィルスの霊がヨセフという青年に取り憑いているとか?

大きな代償を負ってしまったチセの左手ははたして治るのでしょうか!?

このままだと別のマンガの○○みたいです~。

それはそれで・・・でもやっぱり女子なので元の腕に戻ることを願っています(;O;)

巻末の予告編に

「母から掛けられた呪い、生まれの呪い、そして竜による呪い。目をそらし続けてきたもの達と向き合う時、物語は大きくうねりを見せ始める・・・」

こう書かれていましたが、8巻でチセの運命がこれ以上に大きく変わるような出来事が待っているというのでしょうか!?

スポンサードリンク

【魔法使いの嫁】8巻発売日予定

【魔法使いの嫁】8巻発売日予定は7巻の巻末に記載されていました。

《2017年9月9日です。》

TVアニメ化決定!放送日はいつから?

2017-03-14_220052

【魔法使いの嫁】TVアニメ放送は2017年10月に放送が決定しました。

羽鳥チセは15歳の少女。

帰れる場所も、生きる理由も、そのための術も、何も持ち合わせていない。

ただひとつ、生まれ持った特別なチカラを除いて。

そんなチセを弟子として、そして将来の花嫁として迎え入れたのは、

異形の魔法使い・エリアス。

自然と寄り添い、悠久の時を生きる魔法使いの暮らしの中で、

チセは大切な何かを少しずつ取り戻していく・・・。

引用元http://mahoyome.jp/

【キャスト】

羽鳥チセ・・・種崎敦美さん

エリアス・・・竹内良太さん

ルツ・・・・・内山昴輝さん

シルキー・・・遠藤綾さん

引用元http://mahoyome.jp/

まとめ

今回の記事は

  • 【魔法使いの嫁】7巻のあらすじと感想
  • 【魔法使いの嫁】8巻発売日予定
  • TVアニメ化決定!放送日はいつから?

以上の紹介でした。

ドキドキの連続の7巻でした。

8巻が早く読みたいです!

早く9月よ来い!!

ではでは(^0^)/

詳しくはこちらもご覧ください

f392be6e756b5d0af64d848c4db18412本カメバナー  

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加