【悪夢の住む家ゴーストハント】3巻完結編ネタバレの内容と感想・憑依

     

2016-10-10_000234

お元気ですか?うめきちです(^0^)

漫画 いなだ詩穂先生・

原作 小野不由美先生の最新刊ホラー

【悪夢の住む家ゴーストハント】

3巻完結編が講談社ARIAコミックスより

発売されました。

2巻が14年4月だったから、

3巻が2016年10月7日・・・

2年半ぶりの御目見えですね!

物語はいよいよクライマックスです!

この家で今も続いている恐怖、

はたして本当は何があったのか!?

今回の記事は、

・【悪夢の住む家ゴーストハント】

3巻完結編あらすじと感想

・まとめ

以上の紹介をしていきたいと思います。

(※なお、ネタバレのため、

結末を知りたくない方はご注意くださいね!)

スポンサードリンク

【悪夢の住む家ゴーストハント】3巻完結編あらすじと感想

11話】幻覚

広田はパソコンに送られてきた

オリヴァー・デイヴィスの調査資料を

わざわざ公園まで行っで見ていました。

彼の驚くべきプロフィールはこれまでの

心霊現象研究家とは少々毛色が違い、

いくつも考えさせられるところがありました。

広田は中井に電話し、

次はあの家で過去に起こった事件が

なかったかさらに調査を頼みました。

家に戻ると隣の住人がカーテンの陰から

覗いていました。

玄関に入るとなぜか家の中がしんと

静まり返っています。

まるで誰もいないかのように・・・。

一瞬ドキリとしながら家に上がると

どこからか水が漏れているような音が

聞こえてきました。

ふと見ると、階段から何かの液体が

流れ落ちています。

それはまるで血のようでした。

廊下の端に老人が立っていて、

家から出て行きなさいと言っています。

2016-10-13_222628

そして突然、悲鳴や大きな物音と共に

床からつきあげられるように家が揺れ、

玄関の電灯が破裂したのです。

呆然と座りこんでいる広田に

翠が声をかけると、

周りの惨状は掻き消すように

消えてしまいました。

12話】20年前の事件

自分の手のこうにある、

破裂した電球によって付いたケガは

確かに本物です。

ではさっきの出来事は?

2016-10-13_222646

翠や坊さんは何事もなかったかのように

接してきます。

「摂氏2℃、ついさっきまでの

玄関の温度です」

ナルの言う意味は理解できますが、

まさか自分に降りかかるとは

思っていなかった広田は混乱してしまって

収拾がつきませんでした。

2016-10-13_222709

やがて安原さんが20年前の恐ろしい事件を

捜しあててきました。

事件が起こったのは20年前、

当時のこの家には川南辺という家族が

住んでいました。

老人と息子夫婦と子供が2人の5人家族です。

隣には関口夫妻と3人の子供がいる

5人家族が住んでいました。

事件が発見されたのは10月12日、

見つけたのは親戚の家に行っていた

関口家の子供たちでした。

父親は自殺、母親は他殺で

無理心中のようにも見えました。

警察が付近の聞き込みをしていると、

隣の川南辺家でも一家斬殺の死体が

見つかりました。

捜査の結果、川南辺一家を殺したのは

関口夫妻であろうと言う見解でした。

当時、両家の間では土地の境界線のことで

かなり揉めていました。

安原さんの報告を聞くうちに、

この家で本当にそんな恐ろしい事件が

あったことに驚きを隠せない広田でした。

13話】20年前の調書

2016-10-13_222724

「・・・ちょっといいか」

広田は中井に調べてもらった検察庁保管の

事件調書を携えていました。

本来なら持ちだすことの出来ないモノでした。

なのでここにいる面々にも

中身を見せることはできないので

広田がかいつまんで説明することにしました。

事件の内容はこうでした。

・事件発生・・・19××年10月11日

午前2時頃

・原因・・・・・土地のトラブル

・川南辺家がこの土地を購入し、

新居を建てたのは事件の前年。

・その翌年夏に隣(現在は笹倉)に

越して来たのが関口家。

・関口家の家の建物は敷地ぎりぎりの

建築で、軒は完全に川南辺の

敷地内に越境している。

・このため、川南辺家は関口家に

工事をし直すように苦情を

申し立てた。

・しかし関口家側も、

家を購入したばかりでそんな余裕が

あるはずもない。

・業者に問い合わせても知らないの

いってんばり。

・10月10日・両家の最後の話し合い

(川南辺家の要求は期限・10月末日。

それまでに着工しなければ訴える)

・関口は10月9日~12日まで学校を

やすませて子供を親戚に預けている(

すでにこの時点で犯行を決意していた)

・10月10日夜中・関口夫妻は

凶器を持って川南辺家に侵入し、

一家4人(長女は修学旅行中)を殺害。

・いったん家に戻った関口は

妻と口論となり、

妻も殺害してしまう。

・10月11日未明・川南辺家に戻り、

遺体の処理中の11日の朝10時、

川南辺家の長女が旅行から

帰ってきてしまい、彼女も殺害。

・10月11日夜・関口は自宅の

鴨居に自信の首を吊った。

そして今も殺された5人の霊がこの家で

さまよっているというわけです。

また、現在の隣同士もまた同じような

問題を抱えていました。

ここでナルが気になっていた

鏡がはめ込まれた窓についての疑問を

持ちだしたのです。

「何かが覗き込むという坊さんの解釈は

悪くないと思うんだが・・・」

広田は自分と目が合った

『風呂場の換気扇から覗いていた目』

のことを考えていました。

自分が黙っていることで、

阿川家の不利益になるのだけは避けたいと

思いました。

14話】広田の告白

2016-10-13_222742

「俺は、覗いている奴を見たと思う」

広田の告白を聞き、

ナルは『誰かが覗く』ということに

符合すると考えました。

しかしこの窓の外は人間が覗くには

幅もないし、窓の位置も高いので

人間じゃないモノが

覗いていたということになります。

この家にこだわっている『何か』が

覗いている事に気づいた前の持ち主が

窓を鏡で塞いだと考えられます。

ではその『何か』というのは?

川南辺家の一家はここに捕らわれています。

他にもこの家にこだわっていると

考えられるのは隣家の「関口」でした。

関口の怨念は地縛霊となり、

事件の後に何も知らずに住んだ笹倉家を

あの凄惨な事件の悪夢に閉じ込めて

再び同じことを繰り返そうとしていました。

この地縛霊となった関口を何とか出来るのは

これよりも強い力・神様や精霊の力が

必要だと考えたナルは

「巫女」の松崎綾子を呼ぶことにしました。

2016-10-13_222804

翌日、やって来た綾子は

「この家の周りには力を借りられるような

精霊が宿った樹はないから無理!」

とあっされ戦力外となりました。

取りあえず、戦力を二手に分けて、

リン・坊さん・ジョン・綾子は笹倉家を

外に誘いだす役目にしました。

残りの人はこちらで待機です。

2016-10-13_222821

その頃、隣の笹倉家では

『告訴』と言う言葉に大きく反応し、

笹倉家に取り憑いている関口の怨念に

呼応し始めていました。

やがて

「あいつらなんか殺してしまえばいいんだ」

という結論に達した笹倉家の一家3人は

阿川家に向かいました。

15話】10月10日

阿川家では家の戸締りをして

それぞれの準備をしていました。

真夜中になった頃、明かりがスウッと

消えたのです。

どうやらまたしても

停電はこの家だけのようです。

と、その時舞が

「何か、来るよ・・・コソリが来るよ」

と震え出しました。

今日が10月10日(すでに11日)に

なっていることに気づいたナルは、

痛恨のミスを悟りました。

10日は関口が川南辺家を襲撃した日で、

11日は「川南辺家の長女が修学旅行から

帰って来る日」なのです。

広田が笹倉に言った「告訴」と言う言葉、

「10月10日」 条件は揃っていました。

彼らは1階の姿見から入ってくるはずです。

16話】ユージン

真っ暗な家の中で襲撃されたら

手の打ちようがないのでいったんみんなで

外に出ることにしましたが、

なぜかドアも窓も鍵が開きません。

どうやら閉じ込められてしまったようです。

何とか戦う手段を考えながらナルは

あることを考えていました。

それは自分が使える特殊能力

「PK(念動力)」のことです。

ナルはスタンガンと呼んでいました。

自分だけではパワーが足りないから

敵・3人は倒せないけれど、

ジーンがいてくれたら・・・。

その時、気づいたのです。

鏡に映る自分の姿が実は鏡の向こうの

ユージンなのだと。

舞たちが見守る中、

懐中電灯の明かりに照らされて

鏡に映ったのはまさしくユージンでした。

2016-10-13_222844

17話】襲撃

廊下の姿見の前にバリケードを築いて

笹倉一家が侵入してくるのを

少しでも遅らせながら、

ナルは彼らを迎え撃つ準備をしていました。

鏡の中のユージンとコンタクトを取り、

チャージしたPKのパワーを

トスしてもらう計画を話し合っていました。

『やっと繋がった』鏡の中のユージンは

そっとつぶやきました。

2016-10-13_222905

そこへついにバリケードを破って侵入してき

た笹倉一家が現れました。

2016-10-13_222930

18話】笹倉一家

一方、笹倉家の誘いだしに行ったリンたちは

笹倉一家が家の中にいないことに気づき、

急いで隣の阿川家に戻って来ました。

すでに家の中では戦いが始まっていました。

ナルがPKで敵を倒しますが、

地縛霊・関口に憑依された笹倉たちは

じきに目覚めて襲ってきます。

キリがありません。

2016-10-13_223041

舞たち女性は2階に避難させられていました。

しかし舞は自分にも何かができるはずだと

言って1階へ降りていきました。

いくらユージンの助けがあっても

ナルはもうすでに限界にきていました。

19話】コソリが来る

2016-10-13_223058

笹倉家の息子・潤がナルに向かって

包丁を振り上げた時、

間一髪 駆け付けた舞が九字を切り

潤を昏倒させました。

別の部屋では広田が笹倉と

対戦していましたが、

相手は刃物を持っていてこちらは丸腰です。

防戦で精一杯な広田の横を何かが通り抜けて

笹倉を倒しました。

助けに来たのはリンでした。

「今のは・・・」

「私の式です」

「式・・・?」

広田には「?」な単語です。

坊さんが、ジョンが、リンが

それぞれの力を使って戦っていました。

ナルは再び潤と戦っています。

しかし今、飛び込んだこの部屋の窓は

鏡ではありませんでした。

2016-10-13_223119

イチかバチかただのガラスに手を押しあてて

ユージンのパワーをもらい、

何とか敵を倒しました。

『ナル 敵はそいつから離れた

コソリが来る』

ユージンのメッセージです。

笹倉一家からはなれた地縛霊は恐ろしい姿で

姿見のドアのところに立っていました。

コソリ・・・いや違う・・あれは関口だ!?

広田が見たのは関口の

コソリ化した恐ろしい姿でした。

20話】除霊

2016-10-13_223210

「臨兵闘者皆陳烈在前!!」

坊さんが凄まじい気合と共に放った

強力な念のパワーは化け物となってしまった

関口を祓い、

この世から吹き飛ばしてしまいました。

すぐ横にいて、坊さんが除霊をするところを

目の当たりにした広田は呆然とした顔を

していました。

2016-10-13_223226

関口と一緒に川南辺家の霊たちも

除霊されてしまったようです。

「消えたそうだ」

ナルは鏡に映ったユージンから聞いた情報を

みんなに伝えました。

2016-10-13_223245

やっと会えたユージンに優しく微笑むナルは、

傍から見れば鏡に映った自分に見惚れる

ナルシストそのものの

とんでもない光景でもありました。

21話】娘の帰宅

翌朝、憑依していた霊が落ち、

元に戻った笹倉一家は自分たちが

何をやったのか全く覚えていませんでした。

2016-10-13_223305

けれど、凶器を持って他人の家に

侵入してきたことですでに殺人未遂罪に

相当しそうです。

舞が運の悪い彼らをかわいそうに思って

何とかならないかと聞くと、

広田は言いました。

「彼らが罪に問われることはない。

たぶん不起訴に持ち込めると思う」と。

広田の心霊現象否定派は

肯定派に変わったようですね。

2016-10-13_223331

そんな話をしていた彼らの目の前で、

玄関のドアが開き、女の子(川南辺仁美)が

元気よく入って来ました。

「ただいまあ!おかあさん 帰ったよー!」

修学旅行から帰ってきた仁美は

家の中が静かなので誰もいないと思い、

「もう!せっかくお土産買ってきたのに!」

そう言いながら、洗面所に向かいました。

洗面所はあの事件の時に

仁美が殺害された場所です。

広田はこの信じられない光景を見ながら、

「そこへ行くな!戻れ!」

と強く、強く心に念じていました。

洗面所に入った仁美は

そのまま消えていったようです。

「これが彼女の悪夢だったんだ。

彼女は自分が死んだことよりも、

帰ってきた家で迎えてくれる者が

いなかったことの方が何倍も

忘れがたいことだったんだ・・・」

やるせない表情の広田は、

玄関に置かれていた仁美の荷物が

いつの間にか消えている玄関のたたきを

見つめていました。

エピローグ】

あの事件のあと、阿川親子はあの家から

引っ越しました。

広田は仕事帰りの電車の中で、

翠から受け取った引っ越し挨拶のハガキを

思いだしていました。

2016-10-13_223351

偶然電車で乗り合わせた舞を

バイト先の『SPR』まで送って行き、

話しをしながら歩いていました。

広田が舞に、なぜあんな所にバイトに

行くのか?と尋ねると

舞は自分が人から同情されて

「かわいそうね」と言ってもらうのが

きらいじゃない、すごく優しい気持ちだから

だと言いました。

それだから霊にも「かわいそうだったね」と

言ってあげたいと言うのです。

広田は思わず

「君はいい子だね」と

めちゃめちゃ照れながら言うのでした。

番外編1・2】

1】ナルがしばらく実家に帰省している間に

舞は事務所を自分好みのインテリアで

飾り立てていました。

けれど、もうすぐナルが帰って来ることが

わかり、大慌てで片付けることになりました。

見つかったらカミナリが落ちるのは必至です!

がんばれ!!舞!

2016-10-13_223411

2】仕事で出かけた先のお土産や、

もらい物で舞が喜びそうな物を

みんなが持ってくるのです。

『SPR』のみんなは

舞を甘やかすのが楽しいみたいですね。

書籍情報

【悪夢の住む家ゴーストハント】3巻完結編

感想

【悪夢の住む家】3巻・・・

怖かったですね~

でも同時にナルとユージンの

お互いに対する信頼と愛情が

ひしひしと伝わって来ます。

ナルシストのナルちゃんに

見えったっていいんです。

わかってる人はわかって

くれますからね(^_-)-☆

それにしても人の怨念とは

恐ろしいものですね。

もしかしたら迷宮入りとかの

事件ってこういう類のものも

あるかも!ですよ!!

スポンサードリンク

まとめ

今回の記事は、

・【悪夢の住む家ゴーストハント】

3巻完結編あらすじと感想

以上の紹介でした。

『ゴーストハントシリーズ』は

これで完結ということです。

終わってしまうのは残念です。

スピンオフとかで

もっと描いてほしいですね。

ではでは(^0^)/

    f392be6e756b5d0af64d848c4db18412本カメバナー
 

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31