2017「第67回大須夏まつり」見どころや開催日程・一番いいアクセス方法は?

     

2017-07-29_231828

引用元https://ja.wikipedia.org

お元気ですか?うめきちです(^o^)/

毎日暑い日が続きますね!

ところで夏と言えば、花火大会と来るのが夏の定番じゃないですか(笑)
「大須夏まつり」は今年も盛大に開催されます。
あの大掛かりなしかけや、煌びやかな光と轟音で暑さも吹っ飛ぶというものです。

家族や恋人とお気に入りの浴衣を着て、そぞろ歩きながら花火見物といきたいですね(^_-)-☆
【今回の記事】

「第67回大須夏まつり」

  • 見所
  • 開催日程
  • 開催場所
  • 駐車場
  • 一番良いアクセス方法は?
  • まとめ

以上の紹介です。

スポンサードリンク

大須夏まつり

見所

会場が大須観音境内なので、大きな会場で行われる花火大会のような打ち上げ花火やスターマインは観ることはできませんが、手筒花火や仕掛け花火を間近で見ることができるという役得はたっぷりあるのが特徴です。

「手筒花火」は愛知県豊橋市の『吉田神社』が発祥の地で、五穀豊穣や武運長久、無病息災などを願ったものなのです。

揚げ手自ら竹の切り出しから火薬込めまで自分の手で作り上げた花火を、しっかりと抱えるように持ちあげ、炎が轟音とともに吹き出す勇壮さは他の花火と一線を画するものです。

開催日程

■大須夏まつり・2017年8月5日(土)~6日(日)

  • 大太鼓、サンバ、コスプレパレード、盆踊り大会など多数の各種イベント

花火大会・8月6日(日)21:00~21:30(小雨決行・荒天時は中止)

✒花火大会は浴衣が気になりますね↓

開催場所

名古屋市中区 大須観音境内

スポンサードリンク

駐車場

駐車場は有りません。

※繁華街のため、相当な混雑が予想されますので公共交通機関のご利用をおススメします。

一番良いアクセス方法は?

それは電車です!

祭り当日は場所がらからも相当な混雑が予想されます。

周辺の一般駐車場は朝早くからすでに埋まっているはずなので、やっぱり電車が一番良いアクセス方法ではないかと思います。

帰りの時間の確認さえしっかりと押さえておけば、スムーズな帰宅ができるのは確実ですね!

【電車】

  • 名古屋市営地下鉄「大須観音駅」⇒徒歩2分
  • 名古屋市営地下鉄「上前津駅」⇒徒歩10分

✒こちらの関連記事もご覧ください↓

2017年【愛知県】花火大会の日程カレンダー&開催場所・他まとめ

まとめ

今回の記事は

「大須夏まつり」

  • 見所
  • 開催日程
  • 開催場所
  • 駐車場
  • 一番良いアクセス方法は?
  • まとめ

以上の紹介でした。

「大須夏まつり」は、昼間は祭りのイベントや喧騒をたっぷり見物して夜は大須観音境内での花火大会を堪能して、この先の一年間の無事と健康と幸福を祈願したいですね。

ではでは(^0^)/

f392be6e756b5d0af64d848c4db18412本カメバナー  

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加